ほたると石橋の館 ほたるといしばいのやかた

場所福岡県八女郡上陽町大字北川内589-2 »Google MAP
用途展示場
設計井上建設設計事務所
施工者(株)大藪組
完成平成13年(2001)
構造鉄骨造
階数2階建
面積1420.70㎡

福岡県上陽町にのこる13基の石橋群でもっとも美しいとされる「寄口眼鏡橋」の袂(たもと)に建設された「ほたると石橋の館」。星野川の清流を眼下に、樹齢300年の楠木に抱かれた自然と調和した景観づくりを特徴に木の温かみをふんだんに取り入れた造りとなっています。ここを訪れる人に自然の中でゆったり過ごす本当のくつろぎや楽しみの空間を演出しています。
石橋と楠木がかもし出す景観を生かすために造られています。鉄骨造ですが、外壁を杉板張や左官材で仕上げることによって温かみのある外観となっています。