旧門司税関 きゅうもじぜいかん

場所北九州市門司区東港町1-24 »Google MAP
用途事務所
設計妻木頼黄、咲寺栄一
施工者清水組
完成明治45年(1912)
構造煉瓦造
階数2階建
面積

以前の荒廃した建設物を知る人なら、よくぞここまで!というまで再生した好事例。門司港の歴史的建築物のコンバージョンの好例でもある。BELCA賞(長年にわたって維持管理が的確に実施されている建築物、または、改修によって活性化が図られた建築物の表彰)受賞。吹き抜けの空間、2階ギャラリーが展示空間として人気が高く、展示内容を吟味してレトロ地区内の質の高い文化拠点を目指している。
復元を基本に、新しい用途に合せ現在制をうまく吟味したデザインがなされている。望楼を持ち、海に対して毅然と建つ姿がよみがえった。