(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和元年6月3日発行 第156号 通巻第372号

令和元年度 定時総会

6月7日(金)、公益社団法人福岡県建築士会の令和元年度定時総会を下記の要領で開催いたします。記念事業では、地域実践活動(福岡代表)の発表を行います。
 是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。
 総会開催ご通知と出欠ご回答のハガキがお手元に届いているかと思います。
 ご返信いただきましたでしょうか。
 皆様、ぜひご出席くださいますようどうぞよろしくお願いいたします。

日時:令和元年6月7日(金)
総会スケジュール
記念事業1【見学会】 受 付:13:00 ※のがみプレジデントホテル集合
見学会:13:15~15:15
嘉穂劇場~麻生大浦荘(予定)
記念事業2【地域実践活動発表】 受 付/15:00~
発 表/15:45~16:15
「『建築士会』って皆さん知っていますか?in全国削ろう会久留米大会」
九州ブロック研究集会建築士の集い「沖縄大会」福岡県代表
地域実践活動発表者:久留米地域会 古賀 匠(青年・女性委員会副委員長)
総 会16:30~17:30
  • (1)開会の辞
  • (2)会長挨拶
  • (3)決議事項
       議長選出、議事録署名人の選出
       第1号議案 平成30年度   貸借対照表及び損益計算書(正味財産増減計算書)の件
       第2号議案 名誉会員の件
  • (4)報告事項
    1. 平成30年度 事業報告の件
    2. 令和元年(平成31年)度 事業計画書及び収支予算書の件
  • (5)表彰式
  • (6)閉会の辞
懇親会18:00~19:30
総会会場:のがみプレジデントホテル 飯塚市新立岩12-37 市役所横  TEL:0948-22-3840
※のがみプレジデントホテルアクセス(HP)はこちらから

総務・財務委員長 髙村 龍実

令和元年度 5月定時理事会

5月14日(火)に5月定時理事会が開催されましたので概要を報告します。
  • 日 時 : 令和元年5月14日火曜日 14:00~16:00
  • 場 所 : 八重洲博多ビル3階会議室6
  • 出席者 : 理事18名、監事2名、顧問 2名
  • 議 題
(1)審議事項
  • 1号議案 入会者の承認と退会者の報告について
  • 2号議案 令和元年度 定時総会議案書(案)について
  • 3号議案 平成30年度事業報告について
  • 4号議案 平成30年度貸借対照表及び財産目録について
  • 5号議案 正味財産増減計算書について
  • 6号議案 平成30年度 収支報告書について
  • 7号議案 名誉会員の推薦について
  • 8号議案 会員表彰者について
  • 9号議案 平成29・30年度 会員喪失者及び平成30年度 会員権利停止者について
  • 10号議案 豊前地域会代表交代について
  • 11号議案 代表理事、業務執行理事の職務の執行状況の報告について
(2)報告事項
  1. 平成30年度 公益目的事業決算報告について
  2. 平成30年度 未収金、未払い金について
  3. 監査報告について
  4. 令和元年度第62回建築士全国大会「北海道大会」連合会長表彰について(4名推薦)
    首藤善雄(北九州)会員、大嶌栄三(福岡)会員、井本政弘(八女)会員、中野寛(浮羽)会員
  5. 6/7定時総会開催案内について
  6. 6/7定時総会懇親会のご案内~賛助会員
  7. 6/7定時総会来賓招待者リストについて
  8. 事務局職員について
  9. 6/22九州ブロック研究集会「建築士の集い」沖縄大会について 参加予定者:28名
  10. 9/21建築士全国大会「北海道大会」について 参加予定者:24名うち福岡版12名
(3)その他
  1. メールマガジン『メッセ』について
  2. 今後のスケジュールについて

(予定)次回理事会開催:令和元年11月18日(月)14:00~16:00

※審議事項はすべて出席理事全員異議なく承認可決されました。

専務理事 有澤 廣己

広報紙「メッセ」の配信及び原稿投稿要領変更について

広報紙「メッセ」(以下メッセ)は、現在、ホームページ掲載とメールマガジンにてメール登録者に対し、メール配信を行っています。

1.メールマガジン配信について
メッセ作成に係わる経費削減、事務処理の簡素化及び事務局の負担減を考慮し、これまでのメールマガジン上での広報紙「メッセ」は、福岡県建築士会のホームページから広報紙「メッセ」を見られるように7月1日号より変更いたします。
また、メールマガジンにてメール登録者へ最新号の発刊のお知らせをメール送信致します。
さらに、メッセのダイジェスト版を作成しメールにてメール登録者へメール送信いたします。ダイジェスト版より、記事の詳細へは、クリックするだけでホームページ上の記事に簡単に入り込めます。

2.原稿投稿要領について
・現状は、原稿投稿希望と原稿投稿依頼の二通りでメッセが構成されています。
この部分は、現状通りです。
今回、原稿投稿と原稿投稿依頼は、事務局より、「入稿フォーム」を投稿者へ「入稿用専用URL」をメール送信し、その入稿フォームの中に原稿打ち込み、写真貼り付け等をして戴くだけです。

会員の皆様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。
併せて、メール登録を知り合いの方も含め、宜しくお願いいたします。

広報委員長 池田 友三

「建築と法律」(42)
 引き渡した建物に瑕疵がある場合、原則として建設業者Aは瑕疵担保責任を負いますが、注文者Bの与えた指図によって生じた瑕疵であれば、Aは責任を負いません(民法636条)。
 しかし、Bが一般消費者である場合、Aの専門的知識や経験が重視され、「指図」であるとはなかなか認定されず、単なる「希望」とされることが多いようです。 Aとしては、違法な指図に従わないのは当然ですが、不適切な指図に対しては、Bが内容を理解できるように説明し翻意させるようにするしかありません。

福岡地域会 会員・弁護士 矢野間 浩司

会員のための無料法律相談のご案内

6月7日(金)に福岡市内で無料相談を開催いたします。
電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。
電話 : 0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司


令和元年度 福岡まちづくり・地域貢献活動(学生)事業助成

(公益社団法人)福岡県建築士会・福岡まちづくり活動支援センターでは、昨年度に学生4団体に対して地域貢献活動事業助成を行いました。本助成が、各団体のまちづくり活動に大きく貢献できたことと思っております。
 将来、建築系の学生さんが建築士として社会で活躍し、地域のまちづくりにおいても建築士としての職能を発揮され、地域活動が業務の拡大に繋がっていくことを期待するものです。
 本助成金は、まちづくりや地域貢献活動を行う建築士と住民等で組織された活動団体及び学生の活動団体への支援を行うものです。
 今年度も、学生団体のみの支援となります。多くの学生団体の応募をお待ちしております。募集等の要領は下記のとおりですが、詳細については事務局までご連絡下さい。

■内容詳細についてはこちらをご覧ください!
  • 募集期間:令和元年6月1日~6月末
  • 助成限度額:学生団体 10万円
  • 助成期間:継続事業は、同一テーマ及び同一対象地域の場合は、3年間とする。
  • 件数:原則3件まで
  • 助成金額の決定・通知:令和元年7月末の予定
  • 応募先:公益社団法人 福岡県建築士会

福岡・まちづくり支援センター事務局
TEL 092ー441ー1867 / FAX 092ー481ー2355

E-mail shikaifu1@arion.ocn.ne.jp
HP http://www.f-shikai.org/

まちづくり委員会 副委員長
(まちなか・地域貢献部会長)
山田 龍雄

平成30年度の地域貢献活動助成~学生4団体の取組み~

福岡・まちづくり活動支援センターによる地域貢献活動助成は、地域住民と共に実践するまちづくり活動を支援し、地域環境及び建築文化の向上に貢献することを目的に、平成14年に福岡県建築士会内に設立され、これまで16年間にわたって多くの団体活動を支援してきました。
 平成26年度からは将来の建築士会会員予備軍である建築系の学生団体のみを対象としました。昨年度は、下記の4件の学生団体に助成し、本年度4月に報告を受けましたので、その活動内容を報告させていただきます。各団体とも学生さんの創意工夫が感じられ、今後の継続した活動を期待するものです。

平成30年度学生団体の活動概要

■各団体の活動報告は下記団体名をクリックするとご覧いただけます。
活動団体名 活動目的 主な活動内容
西日本工業大学
岡田研究室
  • 北九州・京築地区の「豊前岩戸神楽」の若い担い手が神楽をきっかけとして地域に係わりをもち、地域活動の担い手ともなっている。
  • 当研究室が2002年からこのよううな調査を始め、16年を経過した現在での地域の状況、変化等の整理し、地域活動の継続に祭が果たす意義、役割について分析すること。
  • 豊前市山内地区の春の神幸(祭)の観察調査
  • 横代神楽の聞き取り調査
  • 秋の神幸(祭)の観察調査と住民、神楽講への聞き取り調査
九州産業大学都市
デザインゼミナール
  • 岡垣町波津海岸では北斗七星の柄杓が海の水をくむ様な現象が観測できる。
  • この世界的にも珍しい現象を活かして波津海岸への集客増を図るため、観光ステーション「北斗七星」の計画を行い、岡垣町波津地域におけるにぎわい創出と地域振興を新たな視点で提案すること。
  • 観光ステーションのコンセプト提案と木を使用した設計
  • 模型によるモデル空間の提案
麻生建築&デザイン
専門学校建築サークル
  • 本研究の目的は、ヒートアイランド現象の抑制など環境保全や人間の心理的・生理的にも快適な空間を形成する木質空間が、福岡の博多、天神周辺地区にどのような影響を及ぼしているのかを分析することにある。
  • 今回は天神・中洲地域周辺における木の空間の実態調査を行い、WOODMAPを作成すること。
  • 天神・中洲地区での木質空間の発掘
  • 博多地区との相違点の分析
  • 天神・中洲地区のWOODMAPの作成
九州産業大学
松野尾研究室
  • 古民家が多数残っている新宮町立花口地区を対象に、古民家の空家等を活用した地域活性化の案を提案することを目指している。
  • このため、これら歴史的地域資源を活かしたまちづくり活動についての調査研究を行い、まちづくりの方向性を示すこと。
  • 地域のNPO法人へのヒアリング調査
  • 豊田市足助地区への事例調査
  • 立花口の古民家調査
  • 地域イベント(七夕、竹灯籠、そうめん流し等)のサポート 等

まちづくり委員会副委員長(まちなか・地域貢献部会会長) 山田 龍雄

見学会 油屋(CPDプログラム2単位(申請中))

 油屋は薩摩街道の宿場町である小郡市松崎に建てられた江戸時代の旅籠(旅館)です。大きく「主屋」と「角座敷」からなり、「主屋」(油屋)には一般の旅人客を、 「角座敷」(中油屋)には武士などの身分の高い賓客を泊めたと考えられています。西郷隆盛が宿泊したという言い伝えも残っている旅籠です。
 主屋は、平成27年から始まった復原工事が平成31年3月23日に落成式を迎え一般公開されたばかりです。案内役に復原工事監理者として携わった士会会員の古賀友貴氏を迎えます。
 また昼食は、国の登録有形文化財である「懐石料理・そば とびうめ」(元酒造・松岡家住宅)にて、蕎麦をいただく予定です。

■開催日時 2019年6月13日(木)
10:45~ 旧松崎旅籠油屋 見学(福岡県小郡市松崎786番地1)
12:30~ とびうめ(昼食会場予定)(福岡県小郡市干潟字中屋敷中屋敷645ー2)
昼食後とびうめ見学。
14:30 解散
■集合場所 旧松崎旅籠油屋前
 ※専用駐車場をご利用ください。
 ※油屋までは公共交通機関(甘木鉄道 松崎駅)でも来られますが、油屋~とびうめ間は車移動となります。
■集合時間 10:45
■昼食代 2,000円(予定)

★申込みはこちらをご覧ください!
【締 切】 6月5日(水)まで
【申込先】 (公社)福岡県建築士会
FAX:092ー481ー2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
旧松崎 旅籠油屋(HPより引用) とびうめ(HPより引用)

青年・女性副委員長 近藤 富美

防災どんたく2019「第6回あんぜん・あんしんフェア」

平成31年3月2日(土曜)10:00~16:00
場所:福岡市東区 イオンモール香椎浜

当日は、防災ボランティア団体、企業、行政(福岡県、東警察署、東区役所、東消防署、自衛隊)、など12団体で11ブース、スタッフ延べ102名でイベントを実施、 5カ所を巡る防災体験スタンプラリーには、なんと439名のお客様が参加されました。建築士会ブースでは、紙の建物構造模型「紙ぶるる」を116名が体験、耐震相談コーナーには22名が訪れてくれました。
紙ぶるる先生から、筋交いの大切さを学んだ体験者の声を一部ご紹介します。
・家のことがわかって、さいがいのたいさくができそう。[小1~3] ・もっとじしんにつよい家のことをおしえてほしい[小4~6] ・実際にゆらしてみてすごく分かりやすかった。 学校に筋交いがある理由がわかった。[中学生] ・簡単な実験ですが、とってもよく分かりました。ナルホド!!と思いました。校舎の外に最近付いたバッテン(すじかい)は大事だと知りました。 [大人] 皆さん、本当に楽しみながら学んでくださいました。建物を知ることは楽しい!のだ。この活動を通じて私達も改めて気付かされました。
防災どんたくの活動は今年で終了となりますが、また違った形で防災の活動を地道に続けていきたいと思います。これまで協力をしてくださった、士会内外の多くの方々に心から感謝申し上げます。

まちづくり委員会防災まちづくり部会長 中原 明子

【セミナー】“人の心を動かす共感スピーチ力”

5月11日(土)に建設会館にてスキルアップセミナー『人の心を動かす共感スピーチ力』を開催し、21名(男性:10名・女性11名)のご参加がありました。
グループワークの様子 [参加者アンケート]

青年・女性委員会 女性部会長 樋口 はる香

スキルアップセミナー『人の心を動かす共感スピーチ力』を受講して

 仕事上、人前で話す機会が多いにも関わらず、極度の緊張や相手にちゃんと伝わっているかの不安など会話に対する悩みを抱えていた所に今回のセミナーの案内があり 『これは、私に打って付けの企画だ!』ということで受講申込をしました。
 セミナーは4人1組でのグループワーク形式。基本的なスピーチの手法に添って、自己紹介、プレゼンテーションの実践を行いました。
建築士会に入会して1年目で、最初はグループの方とお会いするのも初めてでしたので、大変緊張しましたが実践を進めていく中で、次第に皆さんの人となりも見え、 和やかな雰囲気でお話しすることができ、コミュニケーションの大切さとすばらしさを実感できたセミナーとなりました。また、改めて『人の心を動かす、思いを伝えるスピーチ』の難しさを痛感させられました。
 今回のセミナーで学んだことは、1日で習得できるものではありませんが、日々のトレーニングで身に付けることで、仕事や人生を豊かにしていきたいです。

福岡地域会 小島 佳子

JAS構造材利用拡大事業、外構部の木質化対策支援事業
(林野庁補助事業)の説明会の開催

 令和元年に木のまちづくりに役立つJAS構造材利用拡大事業、外構部の木質化(木塀、木柵等)対策支援事業の説明会を開催します。
日  時: 令和元年7月4日(木) 14:00~16:00
場  所: アークホテルロイヤル福岡天神
(福岡市中央区天神3丁目13-20)
主  催: (一社)福岡県木材組合連合会
定  員: 70名(先着順)
応募締切: 令和元年6月20日(木)
申込方法: こちらをご覧ください!
FAXにてお申込みください。
事 務 局: 福岡市中央区天神三丁目10-27
天神チクモクビル3階
(一社)福岡県木材組合連合会 土師
TEL:092ー714ー2061
FAX:092ー714ー2062
E-mail:fvbm0720@mb.infoweb.ne.jp

(一社)福岡県木材組合連合会 土師

 

7/6  第5回「学生と建築を語る会」

 北九州地域会では昨年度に引き続き、第5回「学生と建築を語る会」を開催します。
 この会では、建築士会会員が仕事の内容や業界について話し、また様々な質問に答えることで建築を学ぶ学生の皆さんに建築の実務や、求められる技能などを知っていただき、 それを通じて学生と建築士の交流をはかることを目的としています。
ご興味のある方は是非ご参加ください。
  • 日時: 令和元年7月6日(土)
    受付 12:30 (士会会員)
    受付 13:00 (一般の方)
    開始 13:30~
    終了 16:00
    解散 17:00
  • 会場:ウェルとばた(2階 多目的ホール)
    北九州市戸畑区汐井町1番6号
    TEL 093ー871ー7200
    ※会場には無料駐車場はありませんので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。
  • 参加費 : 無料(交通費支給あり:定額)
  • 申し込み期限:令和元年6月17日(月)
  • 参加申込先・問い合わせ先
    北九州地域会担当:㈱BM設計 佐々木 雄一
    TEL:093ー614ー3211
    FAX:093ー614ー3212
    E-mail:bmssk@mocha.ocn.ne.jp
  • 申し込み方法
    ファックス又はEメールには、「学生と建築を語る会」と記載し、(1)参加者 氏名、(2)フリガナ、(3)性別、(4)年齢、(5)住所、(6)連絡先(電話番号)、(7)CPD番号(必要な方のみ)を明記してください。

北九州地域会技術委員長 岡松 孝則

令和元年度 北九州地域会役員会報告

5月8日(水)に令和元年度北九州地域会役員会を首藤・浅田両副代表の下、西小倉市民センターに於いて12名の出席を得て、下記議題にて開催致しましたので概要報告致します。
  1. 開会
  2. 議事
    1. 1)各委員会からの報告
      • 総務財務委員報告
        H30年度収支決算報告
      • 広報委員報告
        メールマガジンフォーマットについて
    2. 2)各委員会から次年度の計画発表
      • 新建材(CLT)仕様 建築現場見学会
      • 研修旅行(建築士会・学生合同)
      • 関門景観ウォッチング
    3. 3)その他
      • 全員集会(懇親会共)次第確認
  3. 閉会
以上の内容に関して意見交換を行った。

北九州地域会広報 冨田 慎一郎

令和元年度 福岡県建築士会福岡地域会 会員集会

下記により令和元年度会員集会を開催いたしますので、万障お繰り合わせのうえ、ご出席いただきますようご案内いたします。
1 日時 令和元年6月14日(金)
受付開始 14:45~
 【会場】 TKPガーデンシティ博多
(福岡市博多区博多駅前3丁目4番8号 サットンホテル博多シティ内5階)
2 会員集会 15:15~16:15
 【報告】 報告事項1 平成30年度事業報告
報告事項2 平成30年度収入支出決算報告
報告事項3 平成31年度役員について
報告事項4 平成31年度事業計画について
報告事項5 平成31年度収入支出予算について
 ・福岡地域建築士の会 平成30年度年度末報告
 ・大学生の卒業研究発表会優秀作品賞の紹介&作品展示
 (※会員集会は、福岡地域会員外の方は参加できません。)
 ・賛助会 展示物紹介
3 講演会 16:30~18:00
 (講師)田村 晟一朗 氏(株式会社タムタムデザイン)
 『リノベーションまちづくり~建築士に求められる新たな職能~』

 ※講演会は会員外の方もご参加いただけます。
  希望者は事務局までお問合せ下さい。 詳しくはこちらから
4 懇親会 18:15~20:00  同会場にて

福岡地域会代表 大嶌 栄三

公益目的事業「大学生の卒業研究発表会」助成 Part2

※5月号の受賞者紹介記事に添付していただいたお写真をきっかけに、受賞作品に係わる活動内容について、もう少し詳しくご紹介して頂くことになりましたので、ご紹介いたします。

福岡地域会 大嶌 栄三

受賞者たより
この度は、福岡県建築士会賞を賜り誠にありがとうございます。
私は6年前に起業し、4年間の休学期間の中で3.11被災地での絵本カフェを地域の皆様と二人三脚で運営してきました。
その中で感じた、子育てをしている母親の休息がないことが少子化に繋がっているという課題は、空き家を託児所・母親の休息スペース・シェアハウスの機能を有する複合的な空間にコンバージョンすることで解決できると考えています。 改修費用の調達も終わり、6月から施工、12月から運営が始まります。
本プロジェクトは、6月14日の建築士会福岡地域会「会員集会」にて詳しく報告させて頂きます。
建築を学ぶ中で、これからの建築家には設計以外の新たなスキルが必要だと感じました。
日本を代表する建築家になれるよう尽力して参りたいと思いますので今後ともご応援の程宜しくお願い申し上げます。
【執筆に係る参考資料】
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1432
https://mainichi.jp/articles/20181219/k00/00m/040/029000c
(↑有料記事の為、途中までしか読めません)
(運営スタッフ。絵本カフェでは子どもと一緒に出勤して働ける。) (日頃の絵本カフェの様子)
(住民による設計WSの様子) (改修イメージのスケッチ)
(建築士会賞 授賞)

九州大学 大学院人間環境学府 都市共生デザイン専攻

田中 惇敏

連合会だより

日本建築士連合会からのお知らせです。
連合会HPトップページの下段に「連合会からのお知らせ」「新着情報」が掲載されていますのでご覧ください!

連合会HPはこちらから

2019/5/28 現在

ヨーロッパの思い出(9) 税金40%!に驚く

コペンハーゲン

 コペンハーゲンはデンマークの首都、人口64万人。1950年には77万人だったそうで減少傾向だが、大都市圏では増加傾向にあり、2000年には250万人と予測して新しい開発プランが検討されていた。 デンマークは童話の国、人魚姫の像が視察の途中にあるというので立ち寄った。道路から数m先の水際の黒っぽい岩の上に楚々とした感じで座っている姿は、小さいくすんだブロンズ像なので案内者がここと教えてくれないと 案内板も囲いも無いので見過ごしてしまう所にあった。1964年に首を切られて盗まれたそうだ。(後年にはペンキをかけられてイタズラされている) 実物を見ていると可哀相な気がした。

福祉の国でもあるが、税金が高く、初任給は約25万円と高いが、40%(現在は70%らしい?が教育費ほか無料が多い)が税金で引かれて実収入は15万円程度でアパートの家賃が4万円位だそうだ。 結婚して子供が生まれたら住宅入居への優先権が与えられる。現在、日本でも総合すれば税金は40%位になるそうだが無料の施策はそうないように思う。男女の関係は結婚前は自由だが結婚後は道徳が厳しい。 しかも22歳~23歳位で1/3位が離婚するとか、理由は①忠誠心がない、②子供ができない、③性的不満、だそうだ。(100円=2.08クローネ、1クローネ(100オーレ)=48円)

ストックホルム

 ストックホルムはスエーデンの首都で人口73万人。周辺を含めると138万人である。増加限度を200万人として計画されていた。

バスで移動中、幼い子供逹が、広場の凍った水溜まりでアイススケートをしていたり道路脇で遊んでいたりしていたが、皆青い目でキューピーちゃんのような顔で可愛いかった。
(100円=1.3クローネ、1クローネ(100オーレ)=77円)
(続く)
  
スウェーデンのシティホール スウェーデンの王宮
デンマークのシティホール デンマークの人魚姫
福岡地域会  柘植 成光

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)

  [応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦



[氏 名] 堀 謙二
[題 名] 原城跡より談合島を望む
初めて島原方面を訪れました。

世界文化遺産、武家屋敷、雲仙岳の火砕流による被災家屋保存公園、雲仙のミヤマキリシマ(見ごろを過ぎていて残念!)

沢山の見所と歴史ある街並みが大好きになりました!
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和元年6月3日発行 第156号 通巻第372号
発行:(公社)福岡県建築士会 鮎川透 編集:広報委員会 池田友三
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
鮎川透(福岡)、池田友三(北九州)、上村公仁隆(福岡)、大嶌栄三(福岡)、善敏治(福岡)、柘植成光(福岡)、末永美穂(事務局)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。