(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和3年3月4日発行 第177号 通巻第393号

作品名 佐賀県歯科医師会館
設計者 久野靖広(東京建築士会)
共同設計者 坂本一成(東京建築士会)
      小滝健司(東京建築士会)
勤務先 久野・坂本…(株)アトリエ・アンド・アイ
    小滝… 小滝健司建築設計
施工者 松尾建設(株)
平成31年 日本建築士会連合会賞
奨励賞
3
案内

会員作品展の募集

「第26回 会員作品展」

 今回も第25回に引き続き、用途や規模にとらわれず、過去5年以内で会員が担当した作品を自由に募集いたします。
作品は、会社の名前や管理建築士の名前だけでなく、その作品に主体的に携わった担当者のお名前を掲載してもかまいません。
 ただし、建築士会会員に限ります。若い会員の方も、どしどしPRしてください。
なお、過去の作品展の内容は、建築士会ホームページで4年間は閲覧できますので、ご参考にしてください。
  また、会員作品につきましては、随時受付けています。ご応募いただいた作品をまとめ『会員作品展』として年2回に分けて「メッセ」4月号、10月号、ホームページのトップページにスライダー等でご紹介していますので、ぜひご応募お待ちしています!
 今回は、メッセ4月号『会員作品展2021春・夏号』でご紹介いたしますので、3月31日(月)までに下記応募フォームからご入力ください。
ホームページのバナー「会員作品展作品募集中」からご応募いただけます。
広報委員会
案内

「建築と法律」(63)

 企業共同体(JV)は民法上の組合(契約の一類型)と解されています。
 そのため,例えば,AとB社がJVとしてその事業を営んでいる(例えばマンション工事)ときに,Aの従業員が通行人のCにけがを負わせた場合,AのみならずBもCに対して損害賠償する義務を負うことになります。JVを組む場合は,相手方,契約内容,民法のチェックをする必要が高いようです。

【会員のための無料法律相談のご案内】
 3月の福岡市内での無料相談を中止します。電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)
(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司
報告

オンラインセミナー「大牟田豪雨災害の検証と被災地支援活動」

近年頻発している豪雨災害を受けて、福大教授で大牟田市豪雨災害検証委員会委員長の渡辺先生によるセミナーに参加し、大牟田市での豪雨災害住宅相談会の活動報告をさせていただきました。
渡辺先生のお話では、大牟田市豪雨災害の検証結果や、近年市中で頻発している豪雨被害や内水氾濫のメカニズムなど、データを示してのお話が大変わかりやすく興味深かったです。土砂災害や河川氾濫などの水害とは違う「内水氾濫」についても理解を深めることができました。
また、それらをふまえた「流域治水」についても大変興味深く、水害対策として流出抑制の大規模貯水槽のように「集めて溜める」のではなく、「集めない・その場で溜める」と言う考え方と、その実践には個々の建物での建築士の役割が大きいとのお話に、感銘を受けました。
住宅相談会の報告では、大牟田市で約3か月間、週1回行ってきた相談会の事案を4名で発表させて頂きました。コロナ禍の緊急事態宣言を受けて相談会は現在中断していますが、復旧活動は今も継続中であり、大牟田だけでなく久留米などでも繰り返される内水氾濫には課題も大きく残っていると感じています。今後も機会があればできる範囲で活動を続けたいと思います。

参加者へのアンケート

青年・女性委員会
小川 敏枝
報告

BIOCITYへの軌跡「ドイツの水事情と雨水施策」⓼ドイツの都市計画【持続可能な発展への歩み】

ドイツでは1960年に連邦建設法により通称「Fプラン」(Flaechennutzungsplan、土地利用計画)とそこから展開される通称「Bプラン」(Bebauungsplan、地区計画)の二段階の「建設誘導計画」として法定都市計画制度が確立した。その後、部分的な変更はあったものの、制度の基本は今日まで受け継がれている。「Fプラン」は市町村全域に対して将来の目標とするマスタープランの機能を有し「Bプラン」は「Fプラン」を展開して地区ごとに詳細な策定が進められる。「Bプラン」は条例の形式をとり、その土地では計画の定められたものしか認められない。将来にわたる建設活動はこれに誘導(拘束)される。建物の高さや、外壁の色などが統一され、均整の取れた都市景観はこうした制約のもとで維持されているともいえる。しかし実際の建設活動は各行政部局の実行時期や財政など諸条件もあり、受け皿となる「Fプラン」は現実状況に配慮される。そのため状況に応じて変更となる事態も少なからず生じるという。
前回ご紹介のフリートベルク市では2016年に行政で計画されたこの都市計画(Fプラン)にもとづき、拘束力のある開発として今後人口増加やライフスタイルの変化等に伴い想定できる様々な問題や課題に『持続可能な発展』として検討がなされ細かな地区計画(Bプラン)が発表された。示されたルールはそれぞれ具体的で詳細な手法が示されている。

フリートベルク市土地利用開発計画NO,89  市土地利用開発計画no.89号法的拘束力にもとづき作成   2016年12月24日より発効
(開発区分概要)
大まかに全体像を説明する。開発エリア内はWA1からWA4(各敷地面積520㎡)WA5(任意面積)というように5タイプに区画割りされ、建物の屋根の形状や色、車庫の配置などが敷地条件によって決められている。一つのエリアブロックは(自治区会のようなものか。100戸程度)同一居住地として、環境や安全性、利便性が完結するように考えられたランドスケープが成り立っている。道路境界線からの壁面距離、車庫の配置、パブリックパーク、特別目的(非常時)の公共駐車スペース、変電ステーションなどは、街区計画と共に事前に配置されていて生活のインフラ設備(電気、ガス、水道、通信回線など)はエリア内を取り巻くように同一ラインの配備で完結している。隣のエリアとはバッファーゾーンも兼ねた緑地帯で囲まれている。中でも興味深いのは、在来の生態系に着目して計画され、良質な自然環境の育成と景観の保全を義務付けている点にある。児童公園や遊歩道を備えた緑地公園は建築と同時に良質な緑空間を育てる計画がなされ、ここには生物多様性や持続可能性を重視し、グリーンインフラを促進する試みが託されている。さらには気候変動への対応として雨水流出抑制や土壌浸透などの課題に取り組む工夫が具体的数値で示されているのも注視すべきである。計画ルールをまとめたものを添付します。
ちなみに今回テーマのグリーンインフラ展開は、定められた16項目のうち以下の4項目が該当する。

●地域緑化と自然環境の保全と管理
●地域の緑化
●雨水とリサイクル
●消火用水の確保と雨水リサイクル利用

計画細部にまで数値的に詳細な提示があり、景観や自然の保全、住民の相互の居住性にまで気を遣い、新しい居住区として継続して住み続けられることを基本としている。別添の表は資料を基に簡易版を作成したものです。原本に興味のある方はお知らせください。

表はシュタインクロス地区の土地利用開発計画No89(2016年)をもとに簡易版を筆者が作成したもの。

今回で連載は8編になりました。10編で終了したいと思っています。残り2編は21世紀の課題と挑戦と題して未来のエコ都市と仮想水について考えます。
まちづくり委員会景観部会 木村洋子
報告・案内

建築士会の会員推移の現状について

 昨年の「メッセ12月号」に建築士会の会員推移の現状について書かせていただき、また、その際に平成24年から30年までの会員推移表のグラフも掲載いたしました。
平成21年度(各支部の時代)で2,490名の会員数が、令和元年度(10月末現在)で2,082名と約10年で約400名の会員が減少しました。さらに3月1日現在では、会員数が2,026名になりました。会員の年齢分布を調べると70歳以上で361名→438名、60代で721名→629名、50代で490名→459名、40代歳で391→379名、39歳以下で120名→121名となっています。
 当面は、減少幅を押える為に60歳以上の会員の退会抑制に努め、さらには新規会員の勧誘の促進に努めなければならないと思います。令和2年3月から建築士法が一部改正され、建築士試験合格者=建築士登録者でなくなり、すぐの会員というわけにはいかなくなりましたが、連合会また、当会地域会活動と委員会活動をうまく連携しながら地域会をさらに活発化し、また、青年・女性委員会、まちづくり委員会が行っている公益事業等をうまく活用し、一人一人が新規会員の勧誘に努力することでこれからの建築士会の方向性が決まっていくものと思われます。今月10日に開催される定時理事会では、令和3年度も「新入会キャンペーン」を継続いただけるよう提案しています。
 ぜひ、会員の皆様にはできるところで会員の勧誘・退会者の抑制に努めていただくことをお願いいたします。
会員年代別・性別表(3/1現在)は こちら をご覧ください!
会員委員長 内野 英雄
案内

2/12福岡地域会幹事会(書面会議)

今年度最後となる地域会幹事会を令和3年2月12日に書面会議にて行いました。
当初、会議室での通常開催を予定しておりましたが、1月半ばに発令された緊急事態宣言により急遽変更しての開催でした。
会議では、県本部情報・県各委員会からの報告・案内、福岡地域会情報としての報告、今後の予定についての議題が挙がりました。
このコロナ禍の中で地域会としてどのように活動していくべきかを、執行部にて慎重に判断しながら予算配分/事業計画を作成したものに対しての審議事項も含まれ、幹事・相談役から貴重なご意見をいただきました。

福岡地域会 会務運営委員長 吉田 伸二
お知らせ

福岡地域会賛助会員名簿冊子4月号同封のお知らせ

メッセ10月号にてお知らせしておりました福岡地域会 「冊子版」賛助会名簿について、当初のお知らせより遅くなってしまいましたが、来月4月号の月刊誌「建築士」へ同封することが決まりました。

各賛助会の特色や強みなどを業種別に見やすく分類し、写真なども多数掲載した名簿が出来上がっております。
是非、中身をご覧いただきまして皆様の業務や活動につなげていただければと存じます。

福岡地域会 代表 大嶌 栄三
賛助会 会長 佐々木 直人
親睦会員委員長・賛助会幹事 岩川 勇樹
報告

福岡県建築士会宗像地域会ボーリング大会・懇親会

 令和2年12月8日17時半より宗像シティーボールにて毎年恒例のボーリング大会を開催致しました。

コロナ禍の時期ですがボーリング場も感染対策(ボールの消毒・マスク着用・ハイタッチ等無し)を徹底され例年に無く静かな大会となりました。

しかし、自粛を余儀なく業務に携わり、頑張っている会員さんの顔もストライク有り、ガーター有りで次第に笑顔になりスコアは、関係なく有意義な時間を過す事が出来ました。
表彰式もボーリング場の大会議室をお借りして、終始和やかに終わる事が出来ました。
また、その後の懇親会場は、事前にお店と幾度も打合せを行い20人の席を11名にて間隔を取り静かに会食いたしました。是非、毎年続けよう!と、盛り上がりました。

参加者:会員11名
宗像地域会 代表 真田 政明
挨拶

ウソ?ホント?(11)

    雪の結晶
 福岡では近年、中々積もらない雪だが、今年は何年ぶりかで少し積もった。この雪の結晶の形はどれも6角形で羽の形が違う5~6種類位あると思っていたが、なんともっと色々あって35種類もあるそうだ。本当だろうか?
(前回の答=ホント。2月2日は立春の日の前日で節分の日。立夏、立秋、立冬、それぞれの日の前日が節分なので、節分の日は年に4回ある。)
思い込みに注意しましょう。同等品なのか?類似品なのか?  (続く)
福岡地域会 柘植 成光

貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

[用 紙 等]
 400字程度。ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
[応募規定]
 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
[宛  先]
 福岡県建築士会事務局
 E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
 FAX : 092-481-2355
お知らせ

事務局だより
建築物省エネ法の一部改正(2年目施行)が令和3年4月1日より施行

福岡県建築指導課より、建築物省エネ法の一部改正に伴う、福岡県HPの更新についてお知らせいたします。

この度、建築物省エネ法の一部改正(2年目施行)が令和3年4月1日より施行されるため、県のホームページについても、法改正の概要等が分かるように更新いたしましたので、情報提供いたします。

建築物省エネ法の改正について

「パリ協定」(2016年11月発効)を踏まえた温室効果ガス排出量の削減目標の達成等に向け、住宅・建築物の省エネルギー対策が喫緊の課題となっています。このため、住宅・建築物市場を取り巻く環境を踏まえ、住宅・建築物の規模・用途ごとの特性に応じた実効性の高い総合的な対策を講じることが必要とされています。
これらの背景を踏まえ、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律(改正建築物省エネ法)が、令和元年5月10に国会において成立し、同年5月17日に公布されました。そのうち、令和元年11月16日に一部施行され、令和3年4月1日に全面施行されます。

(添付資料)
① 法改正概要のチラシ は、こちら から。
②建築士による説明義務のリーフレット は、こちら から。
③説明書の参考様式 は、こちら から。

(参考)
福岡県 建築物省エネ法に係る手続きのご案内(HP) は、こちら から。
国土交通省 建築物省エネ法のページ は、こちら から。
事務局
案内

連合会だより

「日本建築士会連合会 HP」トップページの下段に「連合会からのお知らせ」「新着情報」が掲載されていますのでご覧ください!(2021/2/28現在)

事務局
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

福岡県建築士会写真倶楽部

【題 名】春の気配
【氏 名】堀 謙二

 庭の梅の木のつぼみが膨らみだすと毎年、メジロがやってきます。
 春の気配を感じると共に、花粉症にはつらい時期の始まりです。
  皆さんは何で春を感じてますか?

【題 名】足元にある宇宙
【氏 名】江﨑 有

これが何かわかりますか?実は太宰府天満宮・浮殿庭園の石ころです。
ただの石ころですが、光が神秘的な風景に変えてくれました。
コロナで遠くまで撮影には行けませんが、感動する風景はあなたの足元にも潜んでいます。

報告・案内

賛助会だより

福岡市博多区にあります、業務用家具メーカーの株式会社アダルと申します。
弊社の家具はカフェ、レストラン、ホテル、病院など様々な公共空間で人々の日常を支えています。

弊社では近年ニーズが高まっているBIMに注目し、建築士の方々へ3Dの家具データをダウンロードできる仕組みを整備しました。「アーキログ」というサイトに登録頂き、アダルを検索頂きますと弊社カタログ商品の3Dデータをダウンロード頂けます。
ぜひパースを作成される際などにご活用頂ければと思います。

また、コロナウイルス対策商品の開発も行っております。
弊社独自のオシャレなパーテーションや、ウイルスに強い張地やメラミンを使用したイス、テーブルなど時代に合わせたラインナップでより良い空間づくりのお手伝いをさせて頂いております。

弊社SNSでも日々新しい情報を更新しておりますので、ぜひご覧ください!

アーキログはコチラ → https://www.arch-log.com/
コロナ対策はコチラ → https://www.adal.co.jp/anti_coronavirus_products/


ぜひアーキログでアダルを検索してみてください

飛沫防止とデザイン性を兼ね備えたパーテーション

丸い形が可愛い木ベースのパーテーション

TEL:092-504-4141
FAX:092-504-3699
MOBILE:080-9069-4384
E-mail: y-nakamura@adal.co.jp
WEB:https://www.adal.co.jp/
EC:https://adal-online.shop/
facebook:https://facebook.com/adal.co.jp/
instagram:https://www.instagram.com/adal_contractfurniture/
Twitter:https://twitter.com/AdalContract
株式会社アダル(福岡地域会賛助会)
担当:中村 優斗