内野宿 うちのしゅく

場所福岡県飯塚市内野 »Google MAP
用途宿場町
設計
施工者
完成江戸前期
構造
階数2階建
面積

長崎街道・筑前六宿の1つ内野宿は、その建設については、福岡藩記録に「慶長17(1612)年毛利但馬被命内野被建」とある。毛利但馬は、日本一の槍を飲みとった黒田武士で有名な母里但馬で黒田公の命で代官として内野宿建設にあたった。但馬が大隅城主となった後、内野太郎左衛門がその任にあたった。内野氏は軽輩ながらかかる大事業に起用された。現在の内野宿は国道200号線から外れており、江戸時代そのままに道が残り宿場の面影をとどめている。南構口(山家宿側)から北構口(飯塚宿場)まで600メートルあり、そのほぼ中央で道は逆T字型に本陣(本茶屋)へ向かっている。また毎週日曜日には、内野郵便局横で長崎街道内野宿ふれあい市が9時から16時まで開催されており、自家製ドレッシング、蜂蜜、きなこあめ、ハーブ製品等特産品が販売されています。