上野海運ビル うえのかいうんびる

場所福岡県北九州市若松区本町1丁目10-17 »Google MAP
用途事務所
設計
施工者安岡勝也
完成大正2年(1913)
構造レンガ造
階数3階建
面積

もともとは三菱合資若松支店として建設されました。現在の建物は玄関部の1階の増築、最上階部の改造が行われ、当初のデザインは補修が行われていない壁や窓まわりに残っています。竣工当時の写真によれば、兜型の庇(ひさし)のついた玄関が1階中央部に位置し、左右対称の形態に正面右側の塔屋がアクセントを付けていました。現在は左右端部が同じ形状をしていますが、元は象徴性の高い塔がありました。シンプル性を基調とし、レンガ造を補強する石を効果的に配置し、その形状も直線が主であって装飾も施されていません。材料はドイツから輸入されたレンガを使用したと言われ、当時の若松の経済力の高さを示しています。