栃木ビル とちぎびる

場所北九州市若松区本町1丁目15-10 »Google MAP
用途事務所
設計松田昌平
施工者
完成大正9年(1920)
構造鉄筋コンクリート造
階数3階建
面積

巾より高さが高い建物で、大正9年、船舶代理業を行う栃木商事の本社として建設されました。埋立地でありながら半地下室に事務所があり、完成当初から自家用浄化槽を備え、水洗便所を設備。外観は1階が石貼り、2~3階が小口タイル貼り、最上部のパラペットがモルタル塗り。装飾的な部分は三つの菱形をアレンジした壁面と円形の玄関周り、最上階の庇状(ひさしじょう)の部分に付けられたライオンの彫刻等が特徴となっています。