(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成30年10月3日発行 第148号 通巻第364号

石井金蔵元専務理事ご逝去

本会の石井金蔵元専務理事(名誉会員)におかれましては、平成30年9月24日86歳にて永眠されました。25日に天国社福岡会館にて通夜、翌26日には同会場において葬儀がしめやかに執り行われ、本会からも多くの会員が参列しお別れをしました。
石井金蔵さんは、長年にわたり福岡支部(現福岡地域会)の役員や県本部の理事、専務理事等をお努めになり、本会の発展に寄与されました。特に、平成15年から17年にかけては、当時の田村弘会長のもと専務理事として、厳しい財政状況にあった本会の財政再建や事務局の組織改革に取り組まれました。こうしたご尽力、ご功績に対し、会員の皆様とともに、深く敬意を表したいと思います。ここに、在りし日の石井金蔵さんを偲んで、謹んでご冥福をお祈り致します。

顧問 田中 英樹

重要情報 建築基準法の改正について

平成30年8月21日に開かれた福岡建築行政研究会で、1年以内に改正される建築基準法の概要が福岡市建築指導課から紹介されました。資料出典は、「平成30年改正建築基準法に関する説明会(第1弾)建築基準法の一部を改正する法律概要 国土交通省」です。
内容は、総論・単体規定と集団規定からなり、50ページに及ぶ内容です。
建築士会会員様には、ぜひ一読してほしい内容であり、ホームページやメールでもお知らせしていますが、さらにメッセメールマガジンにも再度基準法改正の内容だけに絞って掲載させていただきました。
内容的には、①建築物・市街地の安全性の確保②既存建築ストックの活用③木造建築を巡る多様なニーズへの対応という社会的背景と必要性から法律の改正を合理化という視点で1年以内に行うようです。ぜひ会員の皆様ご一読ください。
資料は当会ホームページinformationをご覧ください。

福岡地域会代表 大嶌 栄三

平成30年度 福岡・まちづくり活動支センター 授与式 (地域貢献活動助成金)
~9月20日実施、学生4団体へ助成~

 福岡・まちづくり活動支援センターによる地域貢献活動助成は、地域住民と共に実践するまちづくり活動を支援し、地域環境及び建築文化の向上に貢献することを目的に、平成14年に福岡県建築士会内に設立され、これまで16年間にわたって多くの団体活動を支援してきました。
平成26年度からは将来の建築士会会員予備軍である建築系の学生団体のみを対象としました。
今年度は4団体を採択しました。授与式では、各団体から活動計画の報告をしていただき、意見交換を行いました。参加してくれた学生たちの意欲も十分感じられ、また活動内容についても地域に密着した活動をしており、その成果が期待されるところです。
その後の交流会では鮎川会長、上田副会長、中島まちづくり委員長も参加され、学生たちと交流を深めました。学生たちには今年度の調査・活動を通じて社会人としての人間力を高めていただければと思っています。

表 平成29年度、採択された学生団体のテーマ
活動団体名 テーマ
西日本工業大学
岡田研究室
豊前神楽における神楽と地域コミュニティの継承についての研究
麻生建築&デザイン
専門学校建築サークル
天神地区周辺における木の空間の実態調査
九州産業大学都市
デザインゼミナール
岡垣町波津地域のにぎわい創出・地域振興プロジェクト
九州産業大学
松野尾研究室
立花口地区における伝統的建造物群保存地区への選定の可能性に関する調査研究
西日本工業大学 岡田研究室 麻生建築&デザイン専門学校 建築サークル
九州産業大学 都市デザインゼミナール 九州産業大学 松野尾研究室
ご出席の皆様と

まちづくり委員会 まちなか・地域貢献部会部会長 山田 龍雄

9/9 二級建築士試験「設計製図の試験」

9月9日(日)福岡女子大学にて二級建築士試験「設計製図の試験」が行われました。
【二級建築士「設計製図の試験」実施結果表】
受験予定者数 実受験者 欠席者
福岡 498 452 46
また当日、試験業務をご協力いただきました関係者の皆様、ありがとうございました。
10月14日(日)福岡女子大学にて一級・木造建築士「設計製図の試験」が行われます。
ご協力よろしくお願いいたします。

建築士試験・登録委員長 石橋 哲理


学生の感想文

 今回のこの試験監理補助員の経験をして、試験監理の体制がとてもしっかりされていると感じました。
教室の見回りはもちろんのこと、カバンの位置の徹底や、受験者の方がトイレに行く際には一緒について行ったりなど、不正行為を防止する体制がとても素晴らしいと感じました。
 私が実際に担当させてもらった教室の試験監理員の田中さんにも、沢山動き方や仕事の仕方を教えて貰い、分からない事だらけだった私のサポートをしていただき有り難いと思いました。
来年からは、私は受験者として試験会場に向かうことになると思うのですが、その際にも不正行為が無いように気をつけて受験したいと思います。
今回は貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。
九州産業大学 建築都市工学部 住居・インテリア学科2年生 西本 澪央

二級建築士試験「設計製図の試験」の補助のアルバイトをさせていただき、非常に良い経験になりました。試験補助のバイトをするのは初めてでしたが仕事をこなすことができました。
いずれ建築士の資格を取得したいと考えており、実際に設計をしている光景を目にし、とても刺激を感じました。試験を受けられていた方々は建築の先輩たちでたくさんの努力をし、真剣に製図にのぞんている姿はとてもかっこよく、また自分も何年か後に挑戦すると考えると不安やあせりも感じました。だから資格の取得や将来のことを見据えながらこれからの勉学に励もうと思いました。
また、試験は建築士会やその他大勢の方の協力や仕事分担のおかげで円滑に試験を行うことができ、とても勉強になりました。
福岡大学 工学部 建築学科 永野 隆之介

『CRAFTSMAN'S DAY』参加者募集
(11月2日(金)ビジネス向け)

日本有数の家具産地大川で、職人とワザにスポットをあてた「CRAFTSMAN’S DAY」(職人の日)を実施します。
今年度が初開催となり、11月2日(金)~4日(日)の3日間で 国内外のバイヤーを多数招待、一般来場者もあわせて延べ10,000人の 来場を見込んでいます。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

公式ホームページ
お申込みは公式ホームぺージからメニューapplication(画面右上)へアクセスしてください。

 CRAFTSMAN’S DAY イベント概要 2018.11.02~2018.11.04
1.Open Factory 家具、建具、食。職人によるオープンファクトリー
 時間 10:00~17:00 総合受付:大川産業会館 9:30~
               (住  所:福岡県大川市大字酒見221-3)
 場所 各工場
 料金 周遊バス1日1,000円(2日(金)は無料)
 参加業種内訳: 家具17社・建具4社・飲食1社・その他5社

2.Furniture Street 江戸時代の風情が残るインテリアストリート
 時間 10:00~20:00(最終日は10:00~17:00)
 場所 藩境ストリート
3.Collaboration 職人×イタリア人デザイナーのコラボレーション
 ※2.Furniture Street内での実施

4.Shrine Dining 1800年の歴史ある神社でのシュラインダイニング
 時間 18:00~20:00(レセプションは2日(金)のみ)
 場所 風浪宮 ※入場無料・先着100名

 みなさまのご参加をお待ちしております。
★イベント概要につきましてはこちらをご覧ください!
★詳しい内容は、公式ホームページをご覧ください。

問合せ先

大川市観光・インテリア情報ステーション 大川テラッツァ
〒831-0005 福岡県大川市大字向島2525-2
TEL:0944-87-0923/FAX:0944-87-0961
E-mail:okwkankou@okawa-kk.com

大川市インテリア課 鶴 恭太

「建築と法律」(34)
 最高裁判所・平成28年データです。民事第一審訴訟全体の平均審理期間が8.6ヶ月に対し,建築関係訴訟は18.8ヶ月です。上訴(高等裁判所などに再度審理を求めること)率は,民事第一審訴訟全体が28.4%に対し,建築関係訴訟は56.2%です。
 このように建築関係訴訟は審理期間が平均で1年6ヶ月以上と長く,更にその半数以上が高等裁判所などでもう1回となります。建築関係についてはトラブルにならないように日頃から心がけることが重要です。
弁護士 矢野間 浩司

会員のための無料法律相談のご案内

10月15日(月)に福岡市内で無料相談を開催いたします。
電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。
電話 : 0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司

第34回 全国削ろう会 久留米大会のご紹介

11月10日11日の2日間、全国削ろう会久留米大会が開催されます。福岡県建築士会では活動紹介展示及びワークショップのブースを設けますので、多くの皆様のご来場ご参加を心よりお待ちしております。
■日時:平成30年11月10日(土)12:00~16:30、11月11日(日)10:00~14:00
■場所:福岡県久留米総合スポーツセンター 
■ワークショップ内容:クイズに解答し、無垢の木メモスタンドをゲットしよう!!
ワークショップ体験料は無料です。体験は、先着200名様となっております。又、作業テーブルが限られておりますので、お待たせする時間帯があると思いますがご了承ください。
■“削ろう会”とは、大工をはじめ木工関係、道具の職人たちが、鉋による薄削りを競う大会です。
その厚みわずか数ミクロンという極限に達するまでには、研ぎや台の調整など数々の習練と技術と工夫を要します。ぜひ職人たちの技を見に来てください。実演・体験イベントも沢山あります!!

第34回全国削ろう会久留米大会のお知らせ・スケジュール等はこちらをご覧ください!
無垢の木メモスタンドには磨いたり、オイルを塗ったりの体験をしていただきます。
会場となる久留米スポーツアリーナの様子

青年女性委員会副委員長/久留米地域会青年・まちづくり委員長 古賀 匠 

8/22(水)一級・二級・木造建築士定期講習を受講して

  福岡県建築士会が担当する建築士定期講習を受講した。朝9:30から16:00までの4つの講義と16:30から1時間の試験を含む丸1日のハードスケジュールだ。設計業務に従事する建築士の義務になっている。最新の建築基準法、建築士法に対する解説が中心になるが、設計、工事監理に関して重要な項目も特別に組まれている。建築士会と事務所協会で交互に担当して運営されているが、この講習の特徴は他機関のDVD講習と違って、講師による対面講習であることだろう。
 今回、法令については福岡県と北九州市の建築指導部の講師が、設計工事監理に関しては長年設計実務を経験してこられたTM環境・建築研究所の常岡氏が講義された。設計者が備えるべき職業倫理や最近の重要な技術的課題、省エネ、環境配慮技術などについて自己の経験も踏まえて講義され、貴重な学びの講習となった。

顧問 加藤 武弘

第28回 全国女性建築士連絡協議会 高知大会 Vol.-2-

先月の[報告]第28回全国女性建築士連絡協議会 高知大会の引き続き掲載させて頂きます。
青年・女性委員会において、それぞれの参加した分科会などについて発表を行いました。

D 分科会「会員拡大に向けた取り組み」けんちくおごじょ大集合!~豊かな暮らしの実現に向けて~

「けんちくおごじょ大革命」と題した鹿児島県建築士会の本房さんからの報告は、多くの建築士会士会が抱える「会員の減少」や「活動会員の固定化」の問題解決の糸口を提示してくれました。
取組みの初めに、会の現状把握を行い、会を運営する役員と会員の年代構成のギャップが何かしら影響しているのではないか。活動に参加していない会員へのヒアリングの実施により、「女性部会とは何か」という根本的な問いを受け、女性部会の「存在」について掘り下げる契機とした。その結果「建築士会に所属する女性が、単なる仲間づくりにとどまらず、『豊かな暮らしの実現』のために何を発信し、どうつながり、どう生きていくのか」をテーマとして開催した様々なセミナーは、会員の掘り起こしにとどまらず「建築の世界で働く女性のための研修会」として、未来につながる大きなネットワークを構築する結果となった。という報告の後のグループ討議は大いに盛り上がりました。
青年女性委員長 藤田 ゆか里

E分科会「自治体連携とまちづくり」

山口県徳山支部による「まち塾」の活動では、「H19徳山駅周辺デザイン会議」で駅前広場の設計を大幅に見直すきっかけを作ったり、景観について様々な勉強会を行い市の職員にも声をかけたり、まちの測色を行い作り上げた提案書「まちの景観作法書」を市へ寄贈し都市景観の窓口で活用されている等、行政との関わりについて紹介がありました。
 更に、地元の祭でのウォークラリー開催や、路上でのキャンドルイベントの開催、歩行者優先道路化社会実験として通りを通行止めにしたイベント開催などに、行政や地元住民、事業者と共に、建築士会として積極的に参加・協力した事例が紹介されました。これまで「まち塾」として約10年に渡り、建築士会としてまちづくりに積極的に関わり続けた結果、行政や地元市民と信頼関係を築くことができ、そのことが更なる連携に繋がっているのだと思いました。
 意見交換の中で伺った「縦割りの行政内部でも<建築士会つながり>で横の連携が取れるように、日頃から各部署へのコミュニケーションを継続して行うようにしている」との話が大変印象的でした。
青年女性委員会・委員(福岡地域会 小川 敏枝

G分科会 「高齢社会と住まい」

G分科会「高齢社会と住まい」では、愛知建築士会の「福祉のすまい特別委員会」での取り組みを聞くことができました。
この分科会を選んだのは、自分の親がそろそろ介護される側になり、介護保険の仕組みや高齢者の住まいがより身近なものになったからです。コメンテーターは、福祉用具貸与事業所を経営し、住宅改修も行っている方で、事業を始めた頃の苦労話も聞くことができました。
分科会の内容をかいつまんで報告します。まず、建築士が地域ケア会議に参加するのはハードルがあり、声はかからないとのとこ。退院間近の利用者が、スムーズに家での生活ができるためには、手摺などのハード面だけではなく、動線を考えたレイアウト変更や、また既存の雰囲気に合わせた改修も必要と思われます。しかし、家屋調査には建築士は呼ばれません。そこで、建築士会を通じて、建築士の地域ケア会議への出席の必要性を訴え、それを実現されました。コメンテーターからのメッセージは、建築士も地域ケア会議へ出席し「コミュニティアーキテクト」になって欲しい、でした。
グループ討議では、「地域ケア会議に建築士が参加するとどんな良いことがあると思いますか?」をテーマに意見交換を行いました。建築士の知識は、利用者が「安心・安全・安楽」な生活をするためにも必要だ、と締めくくりました。
福岡地域会 渡邉 佳代

エキスカーション「武家のまち土居廓中散策」~高知で2番目の重要伝統的建造物群保存地区~

「土居廓中」は、鎌倉時代に築かれた安芸城を中心とした町割りを基本として、関ヶ原の合戦後、ここに配された土佐藩家老五藤氏が整備・発展させた地域です。江戸時代からの残る道や排水溝があり、車一台がようやく通れる狭さですが、ここに住む人たちはその不便さと共存しながら生活しています。道沿いには「土用竹」と呼ばれる竹やウバメガシで作られた生垣があり、地域の人で定期的に手入れをされているそうです。平成24年に国の重伝建地区に選定されています。高知では、台風などで雨が横から降ってくるとの事で、壁面を保護するため「水切り瓦」(小さい庇のようなもの)を壁面に設けられていたり、屋根に対して風の吹いてくる向きによって、右瓦と左瓦を巧みに使い分けて葺いているとの事で昔からの災害への備えが建築の中にも活かされていました。安芸のシンボル「野良時計」がひまわり畑に囲まれ夏の風景を彩っていました。



青年女性委員会 副委員長(福岡地域会) 樋口 はる香

10/28(日)よかとこ大溝 大木さるこいフェスタ

まちづくり委員会の景観部会+まちなか・地域貢献部会の主催で大木町で景観ウオッチングを兼ねたウォーキングを開催しますので、皆様に案内を差し上げます。
【日 時】10月28日(日)
9:30~13:00 フェスタ       13:30~ 研修・意見交換会、会食
【場 所】大木町役場集合(会場までシャトルバス利用)
【開催担当】まちづくり委員会 景観部会+まちなか・地域貢献部会
【参加者】福岡県建築士会会員 及び趣旨賛同者: 参加費個人負担
【事 業】大木さるこいフェスタ参加 景観ウオッチングと大木町景観土地利用計画の経過報告と総括
【内 容】田園の景観を体感します。5年前からの振返りと意見交換会進捗状況および途中経過の報告。午後は皆さんで会食(うなぎ店予定)
(講師)赤松悟(都市環境研究所九州事務所長)ヘリテージマネージャー講習の講師でもいらっしゃいます。
役場の前担当課長で、昨年まで5年間の大木町景観土地利用計画担当
大木さるこいフェスタ→こちらをご覧ください!
参考
※西鉄大牟田線 福岡天神発8:30特急 大善寺乗換 八丁牟田9:20着

まちづくり委員会景観部会長 山口 雅克

あさくら杉 2017 被災木 物語―1

2017年7月の九州北部豪雨 によってもたらされた樹木の運命
人々も災害にあいましたが、大事に育ててきた杉たちも災害にあいました。
上流から流されてきた流木をせき止めた役割を果たしたのち谷を片付ける際、流木と運命を共にして伐られた杉を杉岡世邦氏は「被災木」と名付けておられます。樹としての生命は終えましたが、九州大学の尾方義人准教授のデザインにより、地球の傾斜軸23.4の角度を取り入れた「四季の方舟」がうまれました。福岡市の緑のまちづくり協会の「一人一花 ハツスル事業」を活用することにより、子どもたちに四季折々の花をこの舟のプランターに載せることにより 四季が人々に彩を添えること、気象災害のことなど学ぶきっかけになることを望んでいます。新しい「被災木」の生き方のご紹介です。 可愛がってください
四季の方舟 朝倉の被災木

まちづくり会委員 角銅 久美子

10/31「建築関連法規の改正等」講習会のお知らせ

(主催)  一般社団法人 福岡県建築士事務所協会福岡地域会・公益社団法人 福岡県建築士会福岡地域会
◆講習会内容
 ●天神ビッグバンについて
 ●建築基準法の改正について(単体規定)
 ●建築基準法の改正について(集団規定)
 ●福岡市の狭あい道路の拡幅整備事業について
 ●既存ブロック塀の点検等について
 ●消防行政の動向
 ●消防法令違反の事前予防について
開催日時 会場 定員
平成30年10月31日(水)
13:30~16:35
福岡建設会館7F 701~702会議室
福岡市博多区博多駅東3-14-18 
100名
◆受講料 (1)3,000円(事務所協会会員 建築士会会員)  (2)6,000円(会員外)
■講習会の詳細内容・申込書はこちらをご覧ください。

福岡地域会 樋口 はる香

第二回 書道倶楽部作品展のご案内

書道倶楽部では、好きな言葉や故事を自分で書いて自宅や職場に飾れるよう、日頃は古典法帖の臨書を中心に、机を囲んで筆を持っています。
昨年に引き続き、今年も小作品展を開催します。今年のテーマは「生(いきる)」。日々の生活の中で、心に響いた言葉、伝えたい想い、人生の拠り所を「生きるメッセージ」として作品に仕上げました。まだまだ未熟ではありますが、どうぞご高覧ください。

テーマ:Second Stage 「生(いきる)」
場 所:自家焙煎珈琲専門店 伽楽-Karaku- 内
   福岡市南区大楠3-26-18 西鉄高宮駅を北に徒歩3分
期 間:2018年10月22日(月)~11月26日(月)
   日祝日休み 9:00~19:00

書道倶楽部主宰 渡邉佳代(福岡地域会)

9/4 第16回 福岡地域会賛助会主催CPD講習会
(建築士事務所協会賛助会共催)

9月4日(火)福岡建設会館703会議室で恒例の賛助会主催CPD講習会を開催しました。
今回も建築士会、建築士事務所協会賛助会員3社により、各社の持つ新規製品、新規技術に関する発表を行いました。
各社、従来品との違い(優位性)、環境負荷を減少させるための技術、安全性やコストメリット等丁寧な説明をしてもらいました。今回も決算前のお忙しい中、31名の参加を頂き盛会に終えることが出来ました。
出席いただいた方からは甘辛両方の貴重な意見を頂きました。頂きました提言を活かし、よりお役にたてる講習会を目標に、次回は来年2月を目途に準備を進めてまいります。今後とも多数のご参加をお願いいたします。

福岡地域会賛助会幹事 楠瀬 尚男

「第13回関門地区(下関市・北九州市)景観ウォッチング&セミナー」のご案内
関門地区の花と緑を考える~たのしむ景観とは(門司編)~

 北九州地域会では山口県建築士会下関支部と合同で、平成16年度から関門地区の景観を守り育てる活動を行っています。13回目となる今回は、花と緑(植栽等)をテーマに、ランドスケープアーキテクト城水氏、長谷川氏の講演、門司港周辺のウォッチング、緑と景観についてのワークショップを開催いたします。参加者の皆様と、和気あいあいながら語り合える意義ある機会にしたいと思いますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。
1 日時・場所 平30年11月18日(日)12:30~17:30
    門司生涯学習センター(北九州市門司区栄町3-7)
2 集合時間(受付) 12:00~ (3階 会議室)
3 募集人員 先着70名
4 参加費 無料 
5 概要 ちらしをご参照ください。
6 申込期限 平成30年11月2日(金)
7 申込先  北九州地域会担当:野村
    Tel:090-7154-7757 Fax:093-881-3096
    E-mail:rentatu@ryby.ocn.ne.jp
8 申し込み方法 北九州地域会担当:野村まで電話、ファックス又はEメールでお願いします。
※ファックス又はEメールには,「関門地区景観ウォッチング&セミナー」と記載し、①参加者
氏名、②フリガナ、③性別、④年齢、⑤住所、⑥当日の連絡先(携帯電話番号)、⑦CPD番号(必要な方のみ)を明記してください。※傷害保険加入のため、必ずフリガナ、年齢、住所をご記入下さい。
■案内チラシはこちらをご覧ください!

北九州地域会 野村 明男

北九州地域会 研修旅行2018

(公社)福岡県建築士会北九州地域会では、優れた建築物等を見学し建築に関する造詣を深めるとともに、皆様方の親睦を図るため、バスによる日帰りの研修旅行を企画いたしました。また、今回は北九州到着後、懇親会にもご参加ください。費用も割安となっておりますので、お気軽にご参加していただけることと思います。より多くのご参加をお願いいたします。

【日時】   平成30年10月28日(日)
(8:30 出発 18:30 小倉帰着予定、その後 懇親会((小倉北区 八雲亭)
【集合場所】 小倉駅北口KMMビル前  ※8時15分までに集合。
【見学地】大分県由布市 ツーリストインフォメーションセンタ-(坂 茂氏 設計)をはじめ、由布市内の建築(磯崎新氏、隈研吾氏 設計)や中津市内の建築など。
      ※見学場所は行程の都合により変更になる場合があります。
【募集人員】 30名(先着) 
【参加費】  会員 4,000円、一般(会員以外) 7,000円、学生 1,000円 ※昼食代、入館料を含む。
【申込期限】 平成30年10月20日(土)
【申込先】  たく建築設計 岡松  TEL:0949-26-7450  FAX:0949-26-7453 E-mail:mail@tac-sec.com
【申し込み方法】 電話、ファックス又はEメールでお願いします。
※ファックス又はEメールには「研修旅行2018」と記載し、「(1)参加者氏名」、「(2)フリガナ」、 「(3)性別」、「(4)年齢」、「(5)当日の連絡先(携帯電話番号)」、「(6)CPD番号」、「(7)会員種別(士会会員、一般又は学生)」を、又、懇親会参加の有無を明記してください。
※傷害保険加入のため、必ずフリガナと年齢をご記入下さい。
■ご案内チラシはこちらをご覧ください!

北九州地域会 岡松 孝則

11/10(土)県南ブロックレクレーション開催のご案内

拝啓、初秋の候、各地域会におかれましては益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。
また、日頃より県南ブロック活動に、ご協力いただき感謝申し上げます。
さて、今年度の県南ブロックレクレーションは、『第34回全国削ろう会 久留米大会』の会場にて小物製作及び久留米総合スポーツセンター久留米アリーナ建物見学会を開催いたしますので、ぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。

1.日時 平成30年11月10日(土)午前10時45分集合(雨天決行 雨具をお持ちください)
2.集合場所 久留米総合スポーツセンター 久留米アリーナ
        〒831-0004 福岡県久留米市東櫛原町170-1  TEL0942-39-7371
        ※西鉄バスをご利用の方は下記のバスをご利用ください。
        JR久留米駅よりご乗車の場合
        23系統の百年公園バス停で下車(片道240円)
        参考ご乗車時間 午前10時11分発~午前10時32分着
        西鉄久留米駅よりご乗車の場合
        23系統、5循環、5系統の百年公園バス停で下車(片道190円)
        参考ご乗車時間 午前10時23分発~午前10時32分着
             ※久留米総合スポーツセンター駐車場は、当日の混雑が予想されます。
        西鉄バス、タクシーのご利用にて混雑緩和にご協力をお願い致します。
3.参加費 おひとり様 ¥1,000円(昼食代含む) 当日徴収いたします。
4.申込方法 下記参加申込書にご記入の上、提出をお願いします。
5.申込締切日 平成30年10月16日(火)
6.申込連絡先 (公社)福岡県建築士会 久留米地域会 樋口 哲郎(樋口建築設計事務所)
        FAX 0942-47-0177 / TEL 0942-65-9616 / E-mail : higuchi-arc@cap.ocn.ne.jp
7.タイムスケジュール(予定)
        10:45 久留米総合スポーツセンター集合
        11:00~12:00 小物製作及び久留米総合スポーツセンター 久留米アリーナ見学
・小物製作 カード挿しやペン挿しの製作体験をご準備しています。
・久留米総合スポーツセンター 久留米アリーナ見学
今年の6月3日にオープンした真新しい施設となっています。
※2組に分かれて交互に行って頂く予定です。
13:30~15:00 昼食 当日、近接している百年公園にて『第44回 ふるさとくるめ農業まつり』が開催されています。
13:30~15:00 削ろう会大会見学
15:00 解散

■詳細内容・申込書はこちらをご覧ください!
■10月号会誌「建築士」にもご案内を同封しています。

県南ブロックレクレーション担当
久留米地域会代表 藤木 博文

チーム対抗ボウリング大会

さる9月1日(土)に「ユーズボウル久留米」にて、久留米地域会「チーム対抗ボウリング大会」を開催いたしました。会員並びにご家族、賛助会員、協力業者の皆さんにチームでエントリー頂き、会員拡大を兼ねて開催しました。日頃の運動不足を補うとともに懇親を深め、建築士会としての活動アピールも出来たのではないかと思います。ひとり2ゲームでチーム合計点により懇親会場である「ピッツェリーナ アメニータ」で表彰式を実施し豪華?賞品の授与等盛況のうちに幕を閉じました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。これからも腕に覚えのある方もそうでない方も、一緒に楽しみましょう。懇親会だけの参加でも結構です。多数のご参加お待ちしています。

久留米地域会代表 藤木 博文

ヨーロッパの思い出 (1)海外研修へ

指導課長になって2年目、人事部から海外研修に行ってこいという話になった。期間は1カ月程度という。丁度忙しい時期だったので1月も空けるのに躊躇したが、係長以下課員の声援を受けて行く事にした。個人でも団体でもいいとの事だったが、個人で行くのは準備や連絡が大変だし会話力が0なので団体で行く事にした。丁度その頃、再開発協会という所が、欧州の都市視察団を募集していて、期間は1カ月弱、10月中旬出発との事を知り、これに申し込んだ。協会に旅程内容を問い合わせ、研修計画を提出した。数カ月先の事なので3カ月間英会話教室に通った。果たしてその成果は?そして報告できない事とは?
次回から、帰国後の報告書に書けなかった当時の思い出を書いてみたい。
福岡地域会  柘植 成光

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)
また、『戌年』にちなんで、愛犬の写真も募集いたします。地域会名、お名前、愛犬の名前、犬種をご記入の上、下記方法でご応募ください。

  [応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


[氏 名] 堀 謙二
[題 名] あっちー
夏ももう終わりかと思う今日この頃ですが、とても暑い日でした。
蜜を吸いに来たハチさんは暑くないんでしょうか?

[氏 名] 入家雅彦  
[題 名] 揺れる秋
この写真を撮った朝、思ったより
冷え込んでいて、頬に伝う風に
より冷たさを感じたのをよく覚えています。

彼岸花が咲いているのをあちこちで
見かけるようになり、秋がいつのまにか
深まってきました。

山や田んぼは緑から黄色に変化していきますね。
私達もそろそろ着ている服も変えなければ
ならなくなりました。

平成30年10月1日の那珂川市市制施行に伴う住所変更届のお知らせ

平成30年10月1日の那珂川市市制施行により住所表示が一部変更されます。
福岡県筑紫郡那珂川町 → 福岡県那珂川市
一級・二級・木造建築士の方で該当される方は住所変更が必要になりますので住所変更の手続きをお願いします。
手続きにつきましては、下記をご覧ください。

二級・木造建築士の方はこちらから
一級建築士の方はこちらから 
(公社)福岡県建築士会事務局

事務局職員紹介

今年1月より入局いたしました楠木桂子と申します。
やっと職場の環境にも慣れてきたかな?と思う今日この頃ですが、業務の方ではまだまだ力不足でご迷惑をおかけしております。
主に、地域会、まちづくり委員会、登録業務を担当しております。みなさまの活動に少しでもお役に立てるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
事務局へお越しの際は、お気軽にお声掛け下さい!
楠木 桂子
今年2月より入局いたしました藤本恵と申します。
慣れない業務に戸惑うこともありましたが、事務局の皆さんに支えていただき8か月が過ぎました。
主に定期講習、試験業務を担当しております。体力だけが取り柄の私ですが、会員の皆様のご協力をいただきながら、少しでも建築士会のお役に立ちたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
藤本 恵

(公社)福岡県建築士会事務局
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成30年10月3日発行 第148号 通巻第364号
発行:(公社)福岡県建築士会 鮎川透 編集:広報委員会 池田友三
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
鮎川透(福岡)、池田友三(北九州)、上村公仁隆(福岡)、大嶌栄三(福岡)、角銅久美子(福岡)、善敏治(福岡)、田中英樹(福岡)、柘植成光(福岡)、冨田慎一郎(北九州)、堀謙二(福岡)、末永美穂(事務局)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。