(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成29年9月1日発行 第135号 通巻第351号

「第19回 会員作品展」

 今回も第18回に引き続き、用途や規模にとらわれず、過去5年以内で会員が担当した作品を自由に募集いたします。
 作品は、会社の名前や管理建築士の名前だけでなく、その作品に主体的に携わった担当者のお名前を掲載してもかまいません。
 ただし、建築士会会員に限ります。若い会員の方も、どしどしPRしてください。なお、過去の作品展の内容は、建築士会ホームページで4年間は閲覧できますので、ご参考にしてください。
 
応募期間は、平成29年9月1日(金)~27日(水)です。(締切厳守)
応募要領は、建築士会ホームページから会員作品展をご覧ください。

会員作品展 ⇒ 会員作品展2017秋・冬号<作品募集要項>

広報副委員長 大嶌 栄三

平成29年度 7月臨時理事会

7月25日(火)に7月臨時理事会が開催されましたので概要を報告します。
○日 時 平成29年7月25日火曜日
14:30~15:30
○場 所 福岡建設会館6階会議室
○出席者 理事21名、監事2名、顧問 2名
○議 題

(1)審議事項
1号議案 入会者の承認と退会者の報告について
2号議案 会長候補者選考特別委員会について
3号議案 委員会細則等の見直し及び“企画会議”の内容整備について
4号議案 会員表彰・慶弔等細則の見直しについて
5号議案 平成29年度地域貢献活動助成金について
6号議案 事務局職員について
7号議案 平成29年九州北部豪雨支援活動について
      ・間仕切り支援活動について
      ・朝倉市在住会員について
      ・平成29年7月九州北部豪雨における歴史的建造物の被災調査について
8号議案 田川地域会代表について

(2)報告事項
1)会費納入状況について 
2)6/24(土)九州ブロック研究集会「建築士の集い」福岡大会について
 ・集い大会参加者数 : 546名(うち福岡士会 216名)
 ・意見交換会参加者数: 416名(うち福岡士会 161名)
3)全国女性建築士連絡協議会(東京)について
 ・7/15・16(土・日)参加者:7名(うち初参加者 3名)
4)12/8(金)建築士会全国大会「京都大会」について
 ・7/25現在 大会参加者予定:18名 うち福岡士会ツアー14名(同伴者含む)
5)建築士会全国大会「京都大会」伝統的技能者表彰候補者推薦
 ・県賛助会員 福岡県瓦商工組合 兼竹 廣伸氏(かわらぶき一級技能士等)
6)平成29年度建設事業関係功労者国土交通省大臣表彰(7/11)について 3名
 ・筑紫地域会 永田 昌人会員、久留米地域会 小林隆利会員、柳川地域会 金子和英会員
7)既存住宅状況調査講習開催について
 ・[開催終了]
  6/12(移行)福岡会場 47名、6/21(新規)福岡会場97名、
  7/11(新規)福岡会場 98名、7/18(新規)北九州会場 46名
 ・[開催予定]
  7/29(新規)久留米会場 50名、8/8(移行)福岡会場 37名
  8/24(新規)福岡会場 66名 (7/21現在)
8)8/30平成29年第二期建築士定期講習開催について 受講予定者 200名
9)福岡市中高層専門家助言制度派遣について 2件
  7/7 福岡市東区、7/21 福岡市西区

3.その他
※審議事項はすべて承認されました。

専務理事 田中 浩

平成29年度 第1回運営協議会報告

7月25日火曜日に第1回運営協議会が開催されましたので概要を報告します。
○日 時 平成29年7月25日火曜日
15:45 ~ 17:00
○場 所 福岡建設会館6階会議室
○出席者 30名
○議 題

1.報告事項
(1)事務局報告
 1)平成29年度会員数推移について
 2)平成29年度会費納入状況報告について
 3)会長候補者選考特別委員会について
 4)委員会細則等の見直し及び“企画会議”の内容整備について
 5)会員表彰・慶弔等細則の見直しについて
 6)平成29年九州北部豪雨支援活動について
   ・朝倉市在住会員について
   ・平成29年7月九州北部豪雨における歴史的建造物の被災調査について
 7)平成29年6/24(土)九州ブロック研究集会「建築士の集い」福岡大会について
 8)平成29年12/8(金)第60回全国大会「京都大会」について
 9)平成29年建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰について
 10)地域会会計担当者会議開催について
(2)地域会報告
   ・地域会活動について
(3)委員会報告
  総務・財務委員会/広報委員会/会員委員会/事業統括委員会/業務委員会/
  研修委員会/まちづくり委員会/青年・女性委員会/建築士試験・登録委員会/CPD・専攻建築士委員会

2.その他
※運営協議会終了後、懇親会を開催しました。

専務理事 田中 浩

住宅省エネルギー設計/施工技術講習会

本年度も国土交通省補助「住宅省エネルギー技術講習会」を開催する事となりました。
 ・ 設計技術講習会
 ・ 施工技術講習会
平成29年度地域型住宅グリーン化事業においては、住宅の省エネルギーに関する講習の修了者が、設計・施工または工事監理に関わるものとしています。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
① 「住宅省エネルギー 設計技術講習会」のご案内(設計者向け)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
 新築住宅省エネ基準適合率を、平成32年度までに100%とすることを目的としております。「木造住宅生産を担う大工・技術者など断熱設計に携わるすべての方を対象」に「住宅省エネルギー設計技術講習会(設計者向け)」を開催いたしますので、ぜひご受講ください。
本年度は「半日講習会」を開催いたします。
■福岡会場1
 天神チクモクビル(福岡市中央区天神3-10-27)
 ・開催日/9月13日(水)、11月15日(水)、1月17日(水)
■久留米会場
 久留米ビジネスプラザ(久留米市宮ノ陣4-29-11)
 ・開催日/10月21日(土)、11月22日(水)
■北九州会場
 小倉パークサイドビル(北九州市小倉北区堺町1-6-13)
 ・開催日/10月10日(火)、12月7日(木)
■筑豊会場
 筑豊ハイツ(飯塚市仁保8-30)
 ・開催日/10月18日(水)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
② 「福岡県住宅省エネルギー施工技術講習会」のご案内(施工技術者向け)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
 新築住宅省エネ基準適合率を、平成32年度までに100%とすることを目的としております。「木造住宅生産を担う大工・技術者など断熱施工に携わるすべての方を対象」に「住宅省エネルギー施工技術講習会(施工技術者者向け)」を開催いたしますので、ぜひご受講ください。
本年度は「半日講習会」を開催いたします。
■福岡会場
天神チクモクビル(福岡市中央区天神3-10-27)
・開催日/9月27日(水)、10月25日(水)、11月29日(水)、12月13日(水)
■久留米会場
久留米ビジネスプラザ(久留米市宮ノ陣4-29-11)
・開催日/9月16日(土)、10月28日(土)、11月18日(土)
■北九州会場
小倉パークサイドビル(北九州市小倉北区堺町1-6-13)
・開催日/9月8日(金)、11月8日(水)
■筑豊会場
筑豊ハイツ(飯塚市仁保8-30)
・開催日/10月4日(水)
□定員/各会場50名
□受講料:1,000円(別途、修了証発行を含め当日支払い)
□修了証:賞状タイプ 1,000円/カードタイプ 2,000円/両方(賞状・カード)3,000円
*講習会受講者に対し考査を行い、合格者には「住宅省エネルギー設計技術者講習会修了証」を発行します。修了証には賞状タイプ及びカードタイプを選択していただき、発行手数料をご負担していただきます。
※詳細内容、お申込みにつきましては、こちらをご覧ください。 (設計技術施工技術
※申し込みは、ホームページまたはFAXにて受付いたします。
 参加申込みは、開催日の2日前まで(定員になり次第締め切ります。)
  
ホームページ  http://www.shoene.org/

◆お問合せ先◆
 福岡県地域木造住宅生産体制強化地域協議会
 TEL 092-621-7400
 FAX 092-621-5788

福岡県地域木造住宅生産体制強化地域協議会

「建築と法律」(21)
 A氏は,B社に自宅の新築を依頼しました。A氏は,B社に請負代金の一部を支払いましたが,B社は,経営状態が悪くなり,下請C社に請負代金を支払っていません。C社は,A氏に直接代金支払い請求をしましたが,A氏は支払う義務があるでしょうか?
 AC間には契約関係はありませんから,支払う義務はありません。ところで,法的問題を検討する際には,当事者が誰かを確定する必要があります。例えば,施主はA氏ではなく,妻Dや経営するE社かもしれませんし,元請はB社ではなく,子会社F社かもしれません。
福岡地域会会員・弁護士 矢野間 浩司

会員のための無料法律相談のご案内

9月20日(水)に福岡市内で無料相談を開催いたします。
電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。
秘密は厳守いたします。
電話 : 0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司

第10回まちづくりコーディネーター養成セミナーin姪浜

 まちづくり委員会では平成23年度より地域コミュニティの中で建築士としての役割を果たす、まちづくりコーディネーターの養成を目的としたセミナーを平成23年度から取り組んでおります。 姪浜では、町並み保全・再構築と商店街の賑わいづくりを目的として平成19年に設立された「唐津街道姪浜まちづくり協議会」を中心にまちづくり活動を実施されてきました。
 今後の姪浜地区の活性化、町並み保全等のきっかけづくりになることを期待し、姪浜の関係者と一緒にまち歩きをし、どのような方策が考えられるのか、意見交換をしたいと考えております。
 
 
 
日  時 平成29年9月16日(土曜) 集合時間13:20
集合場所 宮の前公会堂 姪浜3丁目2区
※公会堂には駐車場がありませんので、
公共交通機関でお越しください。
内  容  
○受  付    13:20~13:30
○姪浜の取組み~今までとこれから~
               13:30~14:30
・唐津街道姪浜まちづくり協議会 田中 大士氏
・あこめっこ       代表 因幡 利子氏
○まち歩き    14:30~16:00
・西区よかとこ案内人
※資料代:200円/人
○意見交換    16:00~17:30
※ワークショップで実施
○交流会    18:00~20:00
※場所:御園(みその)  姪浜の海鮮料理の名店
※会費:4,000円程度

【申  込】 下記申込書にご記入の上下記事務局までFAXにてお申込みください!
【締  切】 平成29年9月12日(火)
福岡県建築士会事務局 Fax:092-481-235

※申込書はこちらをご覧ください!

まちづくり副委員長 山田 龍雄

追加開催!「既存住宅状況調査技術者講習」

 6月から改正宅地建物取引業法に対応した「既存住宅状況調査技術者講習」を実施しております。今までに、移行講習2回(福岡会場)90名、新規講習5回(福岡・北九州・久留米会場)375名受講いただきました。
 平成28年2月に宅地建物取引業法が一部改正され、平成30年4月から既存住宅の売買時に「既存住宅状況調査」の説明が義務付けられる予定です。
調査の実施は、登録機関の講習を修了した建築士のみに認められている新たな建築士業務です。今後9月北九州会場で、10月は福岡会場で追加開催いたしますので、ぜひこの機会に本講習を受講いただき、新たな建築士業務の資格を取得してください。
お申込みは(公社)日本建築士会連合会が受付窓口となっております!

★申込方法★
(公社)日本建築士会連合会HPにて申込受付を開始します。
連合会HP→http://www.kenchikushikai.or.jp/

■受講申込受付は講習実施日の7日前までとさせていただきます。

■新規講習■
受講料:WEB申込21,060円/郵送申込21,600円(税込、テキスト・登録料を含む)
北九州会場
日 時 9月26日(火)
受 付 9:30~
講習・終了考査 10:00〜17:50
会 場 AIMビル311・312会議室 AIMビル→http://convention-a.jp/aim-3f/
定 員 50名(定員に達し次第締切)
※受講者は、建築士(一級・二級・木造)が対象になります。
福岡会場
日 時 10月17日(火)
受付 9:30~
講習・終了考査 10:00〜17:50
会 場 福岡建設会館6階会議室
定 員 80名(定員に達し次第締切)
※受講者は、建築士(一級・二級・木造)が対象になります。

業務委員長 伊藤 裕一

九州北部豪雨支援活動について

 今年の7月に起きた北部豪雨災害では、多くの犠牲者と甚大な被害が発生し、福岡県にとっては被害総額が戦後最大規模と試算され、「激甚災害」に指定されました。6月末に建築士の集い福岡大会で「災害を乗り越え未来へ」と題し、講演会を行ったばかりでの大災害に、改めていつ何時災害が発生するかわからないと実感しました。講演会で展示に使用した紙管間仕切りが手元にあったので、避難所へ設置への提案で避難所を回り、数か所試験的に設置を行ってきました。また、講演会で講演頂いた室崎先生や坂茂建築事務所のスタッフの方が被災地の視察に来られたので、同行させてもらい避難所以外にも仮設住宅や流木の仮置き場、土砂災害現場を見てきました。お二人とも色々な災害地をよくご存じなので、過去の災害との比較などの専門的な視点からのお話が聞けました。土砂の入った住居の復旧や田畑の土砂の撤去など、まだまだ手付かずの所が多いとの事です。長期的な支援が必要です。
 
杷木中学校 マッサージコーナー 2セット
サンライズ杷木 救護所 2セット
朝倉知己生涯学習センター マッサージコーナー
避難者用スペース
4セット
らくゆう館 男女更衣用 2セット
山の土砂崩れ
松末小学校~東峰村はこのような土砂崩れが
各所であり、道路や河川が土砂に覆われている。
河川が土砂により崩壊
住宅側にも土砂が流れ込んでいる。
狭い箇所は、重機が入らないため、手作業となる。
小型重機が必要です。
地盤崩壊により建物の倒れ 流木の仮置き場
大量の流木が集積。ここにあるのは、ほんの一部。
泥や傷のため主に燃料用のチップに加工する予定との事ですが、他への活用アイデアが欲しい所です。
木造仮設住宅とその基礎
木造で間取りが3タイプあるなど、過去の仮設住宅に比べると改善されている

■朝倉支援活動間仕切り設置報告はこちらからご覧ください!

『すべてを失ってしまいました。』

私はなんて言ったらいいのかわからずただそこに立っているだけでした。
7 月23 日建築士会の紙管間仕切りを設置できるのではないかと杷木町へ走りました。
前日からの猛暑で正直、体調が優れないのに、熱中症で倒れてしまうのでは。怖気づいてました。豊前地域会で集めたひとはわずか2 人。1 人ではないからよかった。とにかくなにか役に立たって帰ろう!その気持ちだけでした。
町のあちこちに泥だらけの人達がいてその崇高な姿に心打たれました。その姿は神々しいのです。夢中で歩きました。すれ違うときに『ご苦労様です!』腕章をつけているのでボランティアとすぐにわかるので声をかけてくれます。
その言葉だけで私は暑いのや、体調の悪さが吹っ飛んでいきました。
避難所で設置の許可をもらい組み立てると一つの家族がダンボールのベッドが欲しいと言われ職員に尋ねると部材の一部が手配できてないとのこと、いや、どうにかならないかダンボールの中をさぐりなんとか組み立てることができました。
組み立ての間そばで見ていた女性の一言でした。
どういってあげたらいいのか?
命が助かってよかったですね。明日は我が身ですので。助けあいましょう。
浮かんだ言葉を飲み込みました。どれもここでは陳腐でしかない。
ただ、うなだれて彼女の痛みを感じるしかなかったです。
帰るとき、彼女から『ほんとにありがとうございました。』
ダンボールのベッドを組み立てただけなのに。その言葉と彼女の感情が私の全細胞を揺さぶりました。この状況であなたの役に立たせていただきました。このありがとうは一生響くものになるでしょう。
被災された方々のまえでは表向きだけの言葉なんて、傷付けるか不幸な状況を強調させるだけではないでしょうか?
だから、身体で行動して表現するしかないのです。黙々と。暑いなかボランティアの方々がちょっとはにかみながら遠慮がちの笑顔を垣間見せます。その笑顔が素晴らしくてこの笑顔の人達と一緒になにかをすることに爽やかな誇りを感じました。
いまこそ、自分か何者であるかわかるチャンスなのでないでしょうか?

2017.7.23
九州北部豪雨災害支援手記
豊前地域会 末吉 美也

福岡地域会 樋口 はる香

福岡県ヘリテージマネージャー第5期養成講習会開講

 8月12日(土)に福岡建設会館において、福岡県ヘリテージマネージャー第5期養成講習会を開講しました。今期は受講生24名で2月までの15回の講習会に臨まれています。この講習会は今期で一時休止することになっておりますので修了されてない受講生の方は今期のうちに受講していただきたいと思っております。
 初回は開講式と自己紹介、オリエンテーション、九州大学教授 藤原惠洋先生より「文化遺産保存・活用の現在」と題して文化遺産の世界的な保存の考え方や現状についての講義と今回受講生より木造の知識を深めたいとの要望があり、課外として(株)河上建築事務所所長 河上信行先生より木造の梁の架け方の演習の講義をしていただきました。
 9月に入り、第4回からは歴史的建造物の調査方法の演習が始まり、第5回では現場に出て八女の町家(歴史的建造物)の実測調査を行い、作図の演習を行います。多くの受講生の方が2月18日の終了式で受講修了証を手にされることを希望しております。
開講式 受講生の皆さん
講師 藤原先生 講師 河上先生

まちづくり委員会 委員長 中島 孝行

一級・二級・木造級建築士「学科の試験」試験管理補助員 感想文

西南学院大学人間科学部社会福祉学科4年

 試験監督補助をさせて頂くのは今回初めての経験でした。私もよく公開テストなどを受験しに行っていますが、試験の裏側にはたくさんの方々の支えや準備があってこそであると改めて実感しました。
また、休み時間には人生の先輩方からたくさんの貴重なお話を伺うことができ感謝しております。ありがとうございました。
川久保 あゆみ

第54回 観月会

 盛夏の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
毎年恒例の「観月会」を行います。昨年同様(一社)福岡県建築士事務所協会福岡支部、(公社)日本建築家協会九州支部福岡地域会、(公社)福岡県建築士会福岡地域会共催で開催いたします。主幹は建築士会福岡地域会で執り行います。
 室見川袂の「三四郎」で新入会員を交えて開催いたします。 伝統ある「観月会」にご参加頂き、皆様で「満月の夜」をしばし堪能いたしたいと思っております。
多数のご参加をお願い申し上げます。
 またこの日、新入会員のオリエンテーション(対象:平成28年10月~29年9月入会者)を行います。建築士会福岡地域会の新入会の方は観月会の会費優遇措置あり!
お気軽にご参加下さい。
■日 時: 平成29年10月4日(水)
オリエンテーション 18:10~18:40
観 月 会      19:00~21:00
■場 所: お魚会席「三四郎」(新館)
TEL(092)881-3001
福岡市西区愛宕3-1-6
(地下鉄室見駅から徒歩4分)
室見川沿いのお店です
■会 費: 6,000円 (お料理+飲み放題)
■申込〆切: 平成29年9月22日(金)
■定 員: 80名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
■当日キャンセルの方は、会費をご請求させていただきます。
お申込みはこちらをご覧ください。
■会誌9月号にもご案内・申込みを同封しております。ぜひご覧ください!

お問い合わせ・・・ (公社)福岡県建築士会事務局
TEL 092-441-1867 /FAX 092-481-2355

福岡地域会地域会代表 柴田 成文
親睦・会員委員長 石松 英雄

第11回 三味線演奏会

 10月9日(月・祝)の13時から15時迄、福岡市中央区のアクロス1階・円形ホールで、第11回三味線演奏会を開催します。長唄・小唄・民謡・踊り、など、連休の1日を邦楽でお楽しみ下さい。
 会場は見やすい階段状の椅子席です。 (入場無料・但し先着80席)

福岡地域会・杵屋 佐和成
(柘植 成光)

7/26 福岡地域会 幹事会

 平成29年7月26日(水)天神ビル 11階11号会議室に於いて福岡地域会 幹事会を執り行いました。
 議題は、県本部情報、県委員会報告、地域会委員会活動状況等の報告のあと、6月14日に開催しました会員集会、及び6月24日に開催しました「建築士の集い」福岡大会の概要報告がなされました。また7月24日には、第1回福岡地域会代表選考委員会が開催され、今後次期福岡地域会代表の選考が始める旨の報告がありました。引続き12月開催予定の「全国大会京都大会」の案内、9月の建築倶楽部ゴルフコンペ、10月の新入会オリエンテーション・観月会の案内もありました。幹事会終了後は恒例の納涼会が天神ピエトロのお洒落な空間で行なわれ、賛助会企業の皆様も交えての楽しい時間となりました。
幹事会 懇親会

福岡地域会 会務運営委員長 下川 弘

福岡建築行政研究会 第12回定例会

 建築行政に関する研鑽を図ることを目的に設立された福岡建築行政研究会の第12回の定例会が平成29年8月23日(水)に開催されました。福岡建築行政研究会の構成会員は建築士会福岡地域会、事務所協会福岡地域会、建築家協会九州支部福岡地域会、構造技術者協会九州支部、建築積算協会九州支部、建築学会九州支部福岡支所、建設業協会福岡支部、福岡市(住宅都市局建築指導部、消防局およびそのOB)であり、賛助会員として建築設備技術者協会九州支部、福岡県設備設計事務所協会が参加をされています。
 今回は、福岡市住宅都市局建築指導部より平成28年度建築動向について、既存建築物における適正な維持保全の徹底について、福岡市における空家対策について、「福岡市建築紛争の予防と調整に関する条例」に係る自動車保管場所等の設置基準の見直しについての説明がありました。その後、各団体より行政に関する意見交換が行われ、情報の共有がはかられました。
 当日の資料は建築士会HPに掲載しています。
http://www.f-shikai.org/member/chiikikai_info.html?&area=40

福岡地域会 副代表 上田 眞樹

北九州地域会 「研修旅行2017」
~山口市~萩市  秋の研修旅行~

 (社)福岡県建築士会北九州地域会では、優れた建築物等を見学し建築に関する造詣を深めるとともに、皆様方の親睦を図るため、下記の日程でバスによる一泊二日の研修旅行を企画いたしました。
 今回は山口市~萩市の建物を中心に見学し、磯崎新氏設計の秋吉台国際芸術村や隈健吾氏設計の作品などを回る予定です。さらに、近郊の建築科の大学生にも参加を呼びかけます。より多くのご参加をお願いいたします。詳しくは次号をご覧ください。
 
 日 程    
 
 日時 2017年11月25(土)~26(日)
集合場所 JR小倉駅KMMビル前 8:15(予定)
解散場所 JR小倉駅 17:30(予定)
宿泊場所 湯田温泉
参加費用 15,000~20,000円程度(予定)
参加申し込み先:北九州地域会事務局 TEL:093-922-9060  FAX:093-951-1000
申し込み期限:2017年10月31日(定員になり次第締め切りになります)

北九州地域会 岡松 孝則

学生と建築を語る会 学生の感想文

 昨年度に引き続き2回目の参加となった今回は、前回よりももっと自身の将来の方向性に焦点を合わせ、建築士の方々のお話を聞こうと思い、参加しました。建築の中でも様々な業種の方々とお話しすることができ、大学の講義内では知り得ない生の声を聞くことができました。
 特に、行政や申請に携わる方々のお話は新鮮で、知らないことが多くありました。どのお話の中にも新たな発見があり、ためになるお話を聞くことができました。今しておくべきことだけでなく、将来仕事に就いてからすべきこと、必要なスキルなども幅広く知ることができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。
 今回得たことを今後に活かして、より充実した将来を築いていきたいと思います。
北九州市立大学国際環境工学部建築デザイン学科3年麻生菜摘

今から二年前、当時学部一年生の私は、大学の先輩に誘われ第一回目の学生と建築を語る会に参加しました。建築についてほとんど何も知識が無かった私は、大人の人と建築について話すことが少し不安でした。
 しかし私の不安をよそに会はとても和やかなムードで進み、建築士会の方々は私の拙い質問に正面から答えてくれました。帰り際、次回も参加しようと思ったのを覚えています。第三回目の語る会、私は自分の後輩を誘う立場になりました。自分が今学んでいる建築や土木の仕事について話すとても有意義でとても楽しい場だと、私は自信をもって後輩に伝えました。会の終わった後、充実した後輩の顔を見て私はとても嬉しく思いました。
 また私自身もとても充実した時間を過ごすことが出来ました。貴重な時間をありがとうございました。
西日本工業大学デザイン学部建築学科3年 廣門優太

県南ブロックレクレーション

 晩夏の候、各地域会におかれましては益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。
 また、日頃より県南ブロック活動に、ご協力いただき感謝申し上げます。
さて、県南ブロックレクレーションは、『大川ウッドミュージアム見学・江戸の町並み・肥後街道散策』を開催いたしますので、ぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。
1.日時 平成29年10月14日(土) 午前9時40分集合(雨天決行 雨具をお持ちください)
2.集合場所 西鉄柳川駅前(東側)
※車で参加される方は下記の場所へ直接おいで下さい。…駐車場有り
● 大川ウッドワークミュージアム
〒831-0026 大川市大字三丸1231-2 クレアプランニング㈱テクニカルセンター内
大川ウッドワークミュージアム→http://www.okawa-kk.com/shops/detail/266
● 福喜寿司本店
〒831-0004 福岡県大川市大字榎津834-1  📞0944-86-5062
3.参加費 おひとり様 ¥1,500円(昼食代含む) 当日徴収いたします。
4.申込方法 下記参加申込書にご記入の上、提出をお願いします。
5.申込締切日 平成29年9月29日(金)
6.申込連絡先 (公社)福岡県建築士会 柳川地域会 代表 岡 秀昭(㈱岡建設)
FAX 0944-87-9274 / TEL 0944-88-1001 / E-mail okakensetu@mvg.biglobe.ne.jp
7.タイムスケジュール(予定)
9:40 西鉄柳川駅前(東側)集合
集合後 送迎バスにて大川市へ移動
10:00~10:30 大川ウッドワークミュージアム見学
10:45 福喜寿司本店着
11:00~12:30 江戸の町並み・肥後街道散策 with 観光ボランティアガイド
13:00~14:00 福喜寿司本店にて昼食
昼食後、送迎バスにて西鉄柳川駅へ移動・解散
■詳細内容・申込書はこちらをご覧ください!
■会誌9月号にもご案内・申込みを同封しております。ぜひご覧ください!

県南ブロックレクレーション担当
柳川地域会代表 岡 秀昭

飯塚地域会 7/20平成29年度第1回「筑豊の建築セミナー」報告

飯塚地域会の平成29年度第1回「筑豊の建築セミナー」が7月20日、立岩公民館に於いて行われ、次の内容で開催されました。
内容:建築物のエネルギー消費の性能向上に関する法律(建築物省エネ法)の概要
講師:①法令講習について 福岡県土整備事務所 建築指導課長  治部田 登様
   ②建築物省エネ法の概要について(その1) 福岡県土整備事務所 建築指導課
                        建築審査係長 稲田 栄作様
   ③建築物省エネ法の概要について(その2) 福岡県土整備事務所 建築指導課
                        建築審査係 主任技師 児濱 美奈子様
   質疑応答を含め2時間の非常に有意義な講習会でした。
その後、居酒屋に於いて意見交換会が催され、さらに有意義なコミュニケーションが図れました。
出席者はセミナーに於いて21名、意見交換会は16名でした。

飯塚地域会 広報委員 荒木 正勝

(6)オハギ?ぼた餅?どう違う?

 同じに見えるが、オハギと言ったり、ぼた餅と言ったり、どう違うの?粒餡と漉し餡の違いかとも思ったりするのだがそうではなく、どちらも同じもので季節により呼び名が異なるのである。米と餅米を交ぜたご飯のだんごに小豆の餡を覆ったもので、春のお彼岸では、牡丹の時期なので、「牡丹餅」→ぼた餅、と言い、秋のお彼岸では、萩の時期なので、おハギ、と言う。因みに、夏は、「夜船」(いつ着いた~搗いた=作った~か分からない)と言い、冬は、「北窓」(月知らず~搗き知らず)と言うそうだ。
柘植 成光

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)

  [応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


[氏 名] 入家 雅彦
[題 名] 秋の風景
 この写真は、昨年の9月末に撮ったものですが、阿蘇の根子岳とそよ風に揺れるススキ…。
題名の「秋の風景」の風景とは、風に揺れる景色を意図したものです。
実際写真ではシャッターを遅くしてススキをブラしたわけではないのですが、風を感じていただければ幸いです。

シネマサロンⅡ-14

 今回はフランス映画のなかで面白かった2本を紹介します。
一本目は『最強の二人』(2011年)。事故で首から下が麻痺してしまった大富豪フィリップと、介護人として雇われた黒人青年ドリスとの話です。刑務所を出たばかりで失業保険受給のために不採用の書類がほしくて面接を受けたドリスを、フィリップは介護人として採用します。病人や金持ちとしてではなく一人の人間としてフィリップと接するドリスとの心の交流を笑いを交えて描いてあります。実話を基にしてありフランスで歴代3位の観客動員数で、ここ数年に見た映画の中で一番良かった映画です。
 二本目は『エール!』(2014年)です。両親と弟が聴覚障害の酪農を営む家族のなかで、一人だけ健常者の長女。高校の音楽教師に歌の才能を認められてパリの音楽学校の入学を勧められますが、家族から大反対され進路について大いに悩みます。主人公の新人女優ルアンヌ・エメラの歌声が素敵で、また小山薫堂が「最近のフランス映画の中で一番好きな映画」と言っていた映画です。

福岡地域会 廣田 栄作

(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成29年9月1発行 第135号 通巻第351号
発行:(公社)福岡県建築士会 石本元彦 編集:広報委員会 有澤廣己
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
荒木正勝(飯塚)、有澤廣己(福岡)、石本元彦(福岡)、入家雅彦(大牟田)池田友三(北九州)、上村公仁隆(福岡)、大嶌栄三(福岡)、末永美穂(事務局)、田中英樹(福岡)、田中浩(福岡)、柘植成光(福岡)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。