(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成29年4月3日発行 第130号 通巻第346号

平成29年度 定時総会

 6月9日(金)、(公社)福岡県建築士会の平成29年定時総会を下記要領で開催いたします。
今回の総会は、北九州市内での開催です。記念事業は見学会と4月1日(土)「地域実践活動 福岡県予選会」で選ばれた福岡代表の方から、6月24日(土)久留米で開催される九州ブロック研究集会「建築士の集い」福岡大会で地域実践活動発表をしていただく方の事前発表を予定しています。
 なお、見学会の時間等詳細につきましては、来月号メールマガジン「メッセ」5月号でもご案内いたします。是非、皆様ご参加いただきますようご案内申し上げます。
定時総会開催日 平成29年6月9日(金)
総会スケジュール 時間未定  記念事業1見学会(ミクニワールドスタジアム北九州)
  14:45~ 受 付
  15:15~15:45 記念事業2 地域実践活動発表
  16:00~17:30 総 会
  18:00~20:00 懇親会
総会会場 松柏園ホテル  

〒802-0022北九州市小倉北区上富野4-1-25  TEL:093-511-2228
            

総務・財務委員長 高村 龍実

会員作品展 2017春・夏号

会員作品展2017春・夏号に3点のご応募がありました。
詳細は、建築士会ホームページから会員作品展をご覧ください。
(会員作品展 2017春・夏号)
http://www.f-shikai.org/

広報副委員長 大嶌 栄三

九州ブロック 「建築士の集い 福岡大会」

 建築士の集い福岡大会が、6月24日(土)に久留米シティプラザにて開催されます。
大会実行委員会が発足して、4月で1年が経過します。早くも開催まで残り約3カ月になりました。実行委員の皆様をはじめ、各地域会の皆様のご協力のもと、着々と準備を進めているところです。本大会を開催するにあたり、多くの方に関わっていただき、今後の福岡県建築士会の活性化につながっていけばと考えています。
そして、ついに福岡大会の『参加申込み』を開始いたします!!
参加したい方は、申込用紙を入手してください。申込用紙は、福岡県建築士会のホームページ、会報誌(4月号)同封、会員への一斉メール(近日中に配信)にて入手できます。
 また、福岡大会では、全体会(各県地域実践活動発表)の他に、第1分科会から第4分科会の中から、1つだけ参加できます。第2分科会以外は定員があり、ご希望の分科会に参加できない可能性もありますので、申し訳ありませんがご了承ください。
  今後も、開催まで毎月、福岡大会について情報を掲載していきますので、楽しみにしてお待ちください。
■建築士の集い「福岡大会」フライヤーはこちらをご覧ください。
■建築士の集い「福岡大会」参加申込書はこちらをご覧ください。

建築士の集い福岡大会実行委員長 柴田 誠

建築士の集い福岡大会 第2分科会講演会「災害を乗り越え未来へ」

8年に一度の大きな行事「九州ブロック建築士研修会 建築士の集い福岡大会」まで残り3ヶ月を切りました!会員向けに技術向上・社会的使命の再認識を目的としたこの大会において、唯一会員以外の一般・学生の参加可能な講演会(第2分科会)がありますのでご案内したいと思います。
 今回の講演会では、昨年の熊本地震を受け「災害を乗り越え未来へ」をテーマとし、実際に熊本地震で活動された世界的建築家 坂茂氏(講師)・熊本大学准教授 田中智之氏(パネリスト)・熊本建築士会会員である甲斐健一氏(パネリスト)をはじめ、建築と防災に関し幅広い研究をされている兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長 室崎益輝氏(講師)や福岡県西方沖地震を機に福岡県建築士会と一緒に市民向けの防災啓発イベントを10年以上続けられている吉田まりえ氏(コーディネーター)を交えて、それぞれの活動内容・課題、そしてこれから我々建築士会という団体に求められる事などをお話して頂きたいと考えております。興味のある方にお声かけよろしくお願いします。
 
【日時】 6月24日(土)14:10~受付・14:50~17:10講演会+パネルディスカッション
【会場】 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【参加について】 会員外・一般・学生参加可能
【要申込】 (公社)福岡県建築士会事務局
FAX:092-481-2355 E-mail:h-kawasaki@juno.ocn.ne.jp
※メッセ5月号にフライヤーを同封予定です。申込は、5月~受付
■第二分科会フライヤー(ドラフト版)はこちらをご覧ください。

建築士の集い「福岡大会」実行委員 樋口 はる香

「建築と法律」(16)
 豊洲新市場移転問題で,東京都が東京ガス及び関連会社から豊洲の土地を約559億円で購入する契約において瑕疵担保責任の免除特約が問題となっています(東京ガスらは土壌汚染対策費として78億円を負担しています。)。
 瑕疵とは欠陥のことで,瑕疵担保責任とは売買の目的物に瑕疵があった場合に買い主が契約解除や損害賠償請求ができることを言います(民法570条・566条)。瑕疵担保責任の免除特約も原則として有効とされています(572条参照)。
 瑕疵担保責任の免除特約,売主が土壌汚染対策費として78億円負担したこと,その他の考慮要素から,この契約の評価がこれからされていくことと思います。
弁護士 矢野間 浩司

会員のための無料法律相談のご案内

4月21日(金)に福岡市内で無料相談を開催いたします。 電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。 電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司

平成28年度 3月定時理事会報告

3月16日(木)に3月定時理事会が開催されましたので概要を報告します。
○ 日 時  : 平成29年3月16日木曜日 14:00~15:15
○ 場 所  : 福岡建設会館703会議室
○ 出席者 : 理事22名、監事2名、顧問 2名
○ 議 題  
(1)審議事項
  1号議案 入会者の承認と退会者の報告について
  2号議案 平成29年度 事業計画(案)について
  3号議案 平成29年度 収支予算書(案)について
  4号議案 資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類について
  5号議案 平成29年度 公益目的事業予算要望額について
        ・平成29年度公益目的事業要望検討結果一覧
  6号議案 名誉会員の推薦について
  7号議案 平成29年度 定時総会開催について  
日   時  : 平成29年6月9日(金)
記念事業1 : 見学会(ミクニワールドスタジアム)
記念事業2 : 地域実践活動発表 15:15~15:45
総   会  : 16:00~17:30
懇 親 会  : 18:00~20:00
場   所  : 松柏園ホテル 〒802-0022 北九州市小倉北区上富野4-1-25
                    TEL:093-511-2228
     
(2)協議事項
  1)会員権利停止予定者について
  2)会員資格喪失予定者について
  3)平成28年度 公益目的事業決算見込みについて
  4)平成28年度 決算見込みについて

(3)報告事項
  1)代表理事・業務執行理事の職務の執行の状況報告について
  2)会費納入状況について 
  3)6/24建築士の集い「福岡大会」について
  4)専攻建築士について(報告)
  5)3/11(土)新規登録者セミナー開催報告
  6)4/8(土)マナーアップセミナー開催案内 
  7)4/11(火)監理技術者講習開催案内
  8)3/17福岡市中高層建築物等に係る専門助言等業務依頼

(4)その他
  ・既存住宅状況調査技術者講習会九州ブロック事務局説明会
   日 時:平成29年4月5日(水)14:00~17:00
   場 所:福岡建築士会事務局会議室
  ・4/27(木)既存住宅状況調査技術者講習講師養成講習会

※審議事項はすべて承認されました。
理事会の様子

専務理事 田中 浩

平成28年度 第2回運営協議会報告

 3月16日木曜日に第2回運営協議会が開催されましたので概要を報告します。
○ 日 時  : 平成29年3月16日木曜日 16:10 ~ 17:30
○ 場 所  : 福岡建設会館703会議室
○ 出席者 : 32名
○ 議 題  

1.報告事項
 (1)事務局報告
   1)平成28年度会員数推移について 
   2)平成29年度 事業計画書について  
   3)平成29年度 収支予算書について  
   4)平成29年度 公益目的事業予算について 
   5)名誉会員の推薦について 
   6)平成28年度 会員停止者、会員資格喪失予定者について 
   7)平成28年度 公益目的事業予算見込みについて
   8)平成28年度 決算見込みについて 
   9)平成28年度会費納入状況報告について

 (2)地域会報告
   1)地域会活動報告について
    ・平成29年度地域会事業計画及び予算書 

 (3)委員会報告
     総務・財務委員会/広報委員会/会員委員会/事業統括委員会/業務委員会/
    研修委員会/まちづくり委員会/青年・女性委員会/建築士試験・登録委員会/
    CPD・専攻建築士委員会
※「建築士の集い」福岡大会について 

2.その他
  1)運営委員会の運営について
     ・2/22 委員長会議、地域会代表会議議事録 

※運営協議会終了後、懇親会を開催しました。
運営協議会の様子

専務理事 田中 浩

無料セミナー

 数々の地震災害、土砂災害の報道により宅地地盤を含めた防災対策が注目される昨今、新築や既存住宅の改修において地盤に関する知識の習得は欠かせない状況となっています。
本セミナーは、【熊本地震(前震・本震)による建物の年代別被害状況など】と共に今後の安全な住宅設計のための新情報や地盤の基本的な知識の習得を目的として実施します。
 また、新築時の20年地盤保証、中古住宅の10年地盤保証、既存擁壁の安全性確認など不動産売買時にも役立つ新しい情報を提供いたします。
 主催の「NPO住宅地盤診断センター」は地盤と地震の専門家が中心となって設立した団体で、セミナー開催は10年間で累計200回を超える実績があります。お忙しいところ恐縮ではございますが、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

※4月号会誌「建築士」にもセミナーご案内を同封しています。
■申込書はこちらをご覧ください。

賛助会員(県本部) NPO住宅地盤診断センター 関 秀次

第4回 「新規登録者無料セミナー」を開催しました

 3月11日(土)に、新たに建築士免許証明書を登録した建築士の方を対象にした、「新規登録者無料セミナー」を開催いたしました。4月16日(土)開催の第3回に続き今年度2回目となりましたが、今回は12名の方が参加をされました。
第一部では福岡県建築都市部建築指導課の福地主事から建築士が心得るべきこととして定期講習の受講など建築士としての義務や建築士の処分について建築士法の解説をしていただき、第二部では建築士会柴田青年・女性委員長から「建築士会の活動の魅力」と云うテーマで柴田委員長の経験談や平成29年6月24日(土)に開催される九州ブロック研究集会「建築士の集い」福岡大会への準備活動や全国の建築士の集まりである建築士会全国大会京都大会の紹介がありました。
 第三部では本会の顧問弁護士である矢野間弁護士から「建築紛争の特徴と予防策について」と題し、建築に関わる紛争事例が長期にわたる実態等、トラブルを防ぐ為にどうすれば良いか、事例を含めたお話しをいただきました。
 今回のセミナーが、参加された皆様にとって有意義なものとなり、建築士会の役割を少しでも理解して頂いていれば幸いです。
また、今後、福岡県建築士会へ入会され会員として主体的に活動いただくことを期待していきたいと思います。
石本会長による挨拶 柴田委員長による説明

会員委員長 内野 英雄

監理技術者講習(有料)のご案内

建築施工に従事する監理技術者のための建築工事の「監理技術者講習」の開催が決まりましたので、ご案内いたします。
☆建築士会が行う「監理技術者講習」の特色
・その1  建築に特化した内容の実務に役立つテキストと講義
・その2  わかりやすく利便性の高いテキスト
・その3  建築士会CPD単位6単位の付与
・その4  WEBでも建築士会CPD単位12単位の取得が可能
・その5  ネットでのかんたんな受講申込み
【講習日】 平成29年4月11日(火)
【時  間】 9:30~17:30 [受付9:00開始]
【会 場】 福岡建設会館7階702会議室(福岡市博多区博多駅東3-14-18)
【定 員】 40名
【申込方法】 1.WEB申込、 2.郵送・窓口、 3.企業様等の一括申込
【受講手数料】 (テキスト代、講習修了証代、消費税込)
1.WEB申込の場合    1名  9,500円
2.郵送・窓口申込の場合 1名 10,000円
3.一括申込の場合     WEB申込と同額

※講習の開催情報及びお申込方法[WEB・郵送]は、下記アドレスよりご確認下さい。
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2015-07-28-2.html
※申込及び受講料の振込先は(公社)日本建築士会連合会になります。

研修委員長 西村 敏幸

平成29年 一級・二級建築士試験・木造建築士試験案内

平成29年  一級・二級・木造建築士試験・日程は下記のとおり行います。

一級建築士試験 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
受験申込書の配布については、「窓口による配布」及び「郵送による配布」を行います。
受験申込書の受付については、「インターネットによる受付(平成15年以降に受験した者で、試験の申込に必要な個人情報の使用について、あらかじめ承諾をしている者に限る。)」、「郵送による受付」及び「受付場所における受付」を行います。
受験申込書の「実務経歴書」及び「実務経歴証明書」は、平成28年から勤務先ごとに記入する様式に変わりました。センターのホームページに様式を掲載しています。
受験申込書の配布以前にダウンロードのリンク、新規ウインドウで開きます。
※ダウンロードリンク先
sこちらを印刷し、受験申込書の提出に向けて準備を進めて下さい。
(印刷した様式に記入し提出する場合は、受験申込書裏面の「証明書等貼付欄」に貼りつけて下さい。)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
(1)受付期間
平成29年5月11日(木曜)~5月15日(月曜)(土曜・日曜日を含む。)
都道府県庁所在地等に設ける受付会場で上記の5日間の受付を行うほか、一部の都道府県については、その他の地域に上記期間のうち、土・日曜日を除く1日又は2日間の受付会場を設けています。
(2)受付時間 午前10時~午後5時
(3)受付場所
住所地の都道府県建築士会が指定する場所
(住所地以外の受付場所では一切受け付けません。)
なお、センター指定の払込用紙により、あらかじめ受験手数料を納付したのち、受験申込書を受付場所に持参して下さい。
(証明書類等の確認を行いますので、原則として、本人が持参して下さい。)

一級建築士試験の実施について
公益社団法人 建築技術教育普及センターHP >

二級・木造建築士試験   
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
受験申込書の配布については、「窓口による配布」及び「郵送による配布」を行います。
受験申込書の受付については、「インターネットによる受付(平成16年以降に受験した者で、試験の申込に必要な個人情報の使用について、あらかじめ承諾をしている者に限る。)」、「郵送による受付(過去の二級建築士試験又は木造建築士試験の受験票(原本)又は合否の通知書(原本)を受験申込書に貼付した者に限る。)」及び「受付場所における受付」を行います。
「初めて受験する者」又は「(過去の二級建築士試験又は木造建築士試験の受験票(原本)又は合否の通知書(原本)を受験申込書に貼付できない者を含む。)」の申込方法は、「受付場所における受付」のみとなります。誤って受験申込書を郵送された場合は返送しますのでご注意下さい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
(1)受付期間 平成29年4月20日(木曜)~4月24日(月曜)(土曜・日曜日を含む。)
都道府県庁所在地等に設ける受付会場で上記の5日間の受付を行うほか、一部の都道府県については、その他の地域に上記期間のうち、土曜・日曜日を除く1日又は2日間の受付会場を設けています。
(2)受付時間 午前10時~午後5時
(3)受付場所 住所地の都道府県建築士会が指定する場所(住所地の都道府県以外の受付場所では一切受け付けません。)
なお、センター指定の払込用紙により、あらかじめ受験手数料を納付したのち、受験申込書を受付場所に持参して下さい。(証明書類等の確認を行いますので、原則として、本人が持参して下さい。)

二級・木造建築士試験の実施について
福岡県HP 公益社団法人 建築技術教育普及センターHP

建築士試験委員長 石橋 哲理

平成28年度 専攻建築士審査

 28年度の専攻建築士は、新規申請5名、更新申請34名、経歴証申請3名、合計42名の申請を 受理しました。全てweb申請だった更新については予備審査を行わず、新規5名についてのみ行 い、3月7日の審査評議会にて、評議員全員に新規申請書を回覧し全員を適格としました。
 昨年末より、メールマガジンメッセへの3回の投稿に加え、本会の理事、地域会代表、委員会委員長、地域会幹事などの役員に対して、会員に範を垂れる意味での専攻建築士登録を文書で促した結果、更新率は73%程度になり、5名の方に新規申請して頂きました。今回は平成23年登録の方は2回目の更新でしたが、1回目の更新率が55%程度であったことから、当初(10年前)の新規登録者数を母数とすると40%程度の更新率ということになります。
  この数字は、全国的に見るとまだ良い方だと聞きますが、専攻建築士登録数の全国的な減少傾向に対しては、評議員からも懸念の声が上りました。今後は、単位会においてもホームページ等を活用して、専攻建築士であることのメリットを少しでも感じてもらえるような取り組みをやっていく必要性を感じています。
専攻建築士名簿はこちらです。
自社ホームページのリンク希望者は事務局までお知らせください。
評議会の様子

CPD・専攻建築士委員長 佐々木 郁夫

第25回 まちづくり会議に参加~「まちづくり潮流を探る」

  2月3日、4日の二日間に亘って (公財)日本建築士会連合会(以下「連合会」)まちづくり会議が開催されました。通常ならば福岡県建築士会(以下「福岡士会」)まちづくり委員長の中島委員長が参加されるのですが、ヘリテージマネージャー養成講座の関係でピンチヒッターとして、私と中村英雄氏(景観部会長)の2名が参加、全国からは総勢約60名近いまちづくり委員が参加していました。
 私は初めての参加であり、興味と不安とが交差した気分のまま、一日目の会議、シンポジウム、二日目のワークショップと濃密な時間を過ごさせていただきました。
 連合会は、「まちづくり」への取組みに対して非常に熱心であり、各県の建築士会毎に「防災まちづくり」「歴史まちづくり」「景観まちづくり」「街中(空き家)まちづくり」「福祉まちづくり」と5つのテーマごとに担当者が配され、かつ全国7ブロック(北海道、東北、関東・甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州・沖縄)にテーマ毎のブロック長が選出されました。
 二日目の最後に実施された九州・沖縄ブロック会議では①九州まちづくり塾を原則、毎年各県持ち回りで実施すること(今年度担当は沖縄県予定)、②災害時の被災歴史的建造物調査・模擬訓練も各県の持ち回りで実施(今年度は熊本調査の反省会を実施予定)とのことで採択されました。
 福岡士会まちづくり委員会においても、限られたメンバーの中で連合会の推進するまちづくりの取組みとどのように協調、連携していくのか、5部会のメンバー再編も含めて、先ずはまちづくり委員会のメンバーでまちづくりの方向性を確認しなければならないと考えます。これからの活動が建築士として社会的ニーズに対応した活動が問われていると思います。

まちづくり委員会 副委員長 山田 龍雄

防災どんたく2017「第4回あんぜん・あんしんフェア」 無事に終わりました

平成29年3月5日(日曜)10:00~16:00
場所:福岡市東区 イオンモール香椎浜
 4回目にして初めて好天に恵まれた今年の「あんぜんあんしんフェア」。イオンモール香椎浜の専門店通路、駐車場に12か所の防災体験ブースを設置。5か所体験した人に防災グッズをプレゼントするスタンプラリーには483名(前回より176UP↑)の参加。熊本地震が市民の皆さんの防災意識を高めてくれたのか?各ブース終日賑わい、スタッフは大忙しでした。
建築士会は3回目の出展です。242名が「紙ぶるる」体験をしてくれました。実は準備が200組分しかなく想定外であたふた!紙ぶるる先生たちは更に大変だったと思います。
また今回は青年女性委員会のお陰で、熊本地震の際、避難所に使われた紙管間仕切を紙ぶるる体験コーナーに再利用、ショッピングモールという賑やか故に集中しにくい場所が、紙の柱・梁で囲われるだけで落ち着いた空間となり体験者にもスタッフにも好評でした。耐震相談には11名が訪れてくれました。熊本大地震の写真、警固断層の地図、各区の「揺れやすさマップ保存版」等への関心が高かったです。

【紙ぶるる体験者の自由意見抜粋】
・ゆれのちがいはすじかいが大事ということがよくわかった。楽しかった(小4~6)
・強い家のしくみがよくわかり、そのような家にすみたいと思った(小4~6)
・小学校がひなんばしょになっている理由がわかりました(小4~6)
・屋根が重いとよくゆれることがわかった(大人)

 「防災どんたく」は11回を迎えました。防災まちづくり部会では、今後も参加者もスタッフも楽しみながら防災や耐震を学べる機会を企画していきます。興味のある方はぜひ事務局までお問い合わせ下さい。
今後とも会員の皆様のご協力をよろしくお願いします。

まちづくり委員会防災まちづくり部会長 中原 朋子

ヘリテージマネージャー第4期養成講習会を受講して

 受講のきっかけは,時間の余裕と建築士会の友人からの推薦でした。
約半年の間本当に楽しい時間を過ごさせていただきましてありがとうございました。
座学では様々な方面の専門家の興味深い内容に引き込まれ、また見学や実習は普段見ることのないものばかりでした。古建築を見る目が大きく変わったように思えます。
 懇親会等を通じ、実行委員,諸先生,受講生の多方面の皆様と知り合い交流を持てたことも受講の大きな成果でした。今後建築基準法その他の制度がこの方面で充実し、伝統建築を大切にする土壌が一般社会により浸透すればよいと思います。

福岡地域会 稲岡 登

 文化財や歴史的建造物をもっと学びたいと思い参加しました。講義は専門性が高く充実しており興味深いものばかりでした。そして毎回行わる講師の先生方を交えての懇親会は、現場のリアルな話や、様々な裏話等が聞けて非常に楽しい時間でした。ヘリテージ講習が約半年あり月に2回程皆さんと学びお酒を交わしていたのですが、今では無くなってしまい寂しく感じます。
 さて昨年は熊本地震がありました。文化財指定物件は少しずつ災害復旧工事が動き出しています。
しかし未指定物件は残されること無く解体されている現状です。その中には、優れた建造物が多数あると聞きました。実に心が痛む話でした。又、被災は免れたとしても築年数の経った建物の安全性を心配される所有者も多くおられると思います。ヘリテージで学んだことを生かし、建物の価値を見出し、その価値を損なわせることのないよう災害対策を考えることも重要だと思います。
そして先祖から受け継いだ歴史ある建物に安心して暮らしていただきたい。私はこれからヘリテージの活動に積極的に参加し、地元の歴史的建造物を守れる人材になりたいです。
 今回のヘリテージ講習を通じて沢山の方と出会える機会を与えていただき感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

久留米地域会 古賀 友貴

 木造の経験が少ない私にとって、古民家の部位名や尺貫法の表現など、難しいこともあった授業ですが、文化財とは何かに始まり、建物の調査方法、修復の現場見学、文化財と人の暮らしに思いを馳せるなど、硬軟取り混ぜた多岐に渡るものでした。
 今の日本でヘリテージマネージャーは、まだマニアックな分野に入るのかもしれません。でも、地震など災害時には損傷を正しく判断し、修復計画を立てるのに、力を発揮しています。またそれだけでなく、今後の人口減少、町の縮小化の中で、次の世代に何を残していくべきかを評価するという大きな役割もあると思います。この講座は、私にとって、そのことを真剣に考える貴重な機会となりました。

福岡地域会 近藤 富美

第2回修復概論の講義 第5回八女での実測調査
第10回福岡市見学会(赤煉瓦文学館) 第12回重文門司港駅舎見学会

全国青年委員長会議に参加して

 3月4日、5日の2日間に渡り、東京にて全国青年委員長会議に参加してきました。
全国の方々の話を聞く中で、建築士としての職能は、個人として見れば、ほんのごく一部の職能でしかありませんが、全体として見ればかなり幅広く捉えることができます。だからこそ、建築士会という組織で、個人個人の職能を生かし、さまざまな活動を行う意義があるのではないかと感じました。
 2日目の会議では、グループとチームの違いを再認識し、青年委員会も、ただの集まりのグループではなく、みんなで、目的を達成するためのチームとして成長していかなければ!と感じました。
参加者の皆様と 発表の様子

青年・女性委員長 柴田 誠

宗像地域会春の花植え

 平成29年3月25日16時よりJR東郷駅日の里口で花苗の植え替えを行いました。参加者は9人です。プランターで21個、63本の花苗で今回はカルセオラリア(キンチャクソウ)、マリーゴールドです。プランターを新しいものに取り替え、培養土、牛フン、肥料をよくかきまぜ1つのプランターに3本の花苗を植え付けました。
 尚、JR東郷駅北口は工事中のため植え替えできませんでした。    
JR東郷駅日の里口

宗像地域会代表 井上 聡

福岡地域会 BIM講習会

 平成29年3月1日(水) リファレンス駅東ビル貸会議室 に於いてBIMの講習会が23名の参加者のもと開催されました。ソフトメーカーのグラフィソフトジャパンさんよりBIMの概要、実務者のイクシリアの吉田さんから実践的なこと、操作方法等の説明をしていただきました。
参加された方からもたくさんの質疑があがり、ひとつひとつ丁寧に答えていただき、理解を深めることができました。
 その後、会場を移動して食事をしながら、さらに疑問点に答えていただき、また参加者との懇親も深まり、有意義な講習会となりました。
講習会の様子

 福岡地域会 中野 秀孝

北九州地域会 役員会


 3月21日(火)に平成28年度の地域会役員会を西村代表の下、JTB小倉ビル3階に於いて、11名の出席を得、下記議題にて開催しましたので概要も含め報告致します。

1.県理事会報告の件
  ・会員委員会の委員を各地域会より選出依頼あり。
2.地域会全員集会開催の件
  ・県総会の開催を6月9日(金)北九州で行う、併せて地域会全員集会を開催
  ・時間調整が必要。
3.県総会で今後準備する事の件
  ・タイムスケジュールの作成、役割分担
4.建築士の集いの件
  ・大会冊子の広告依頼
  ・第二分科会に学生の参加を呼び掛ける
5.各事業費決算報告の件
等々の内容に関しての意見交換を行った。

北九州地域会 池田 友三

町並みペーパークラフト教室

 3月20日、豊前地域会ではペーパークラフト教室を開催しました。
ペーパークラフトは、ハサミとのりで作る紙の模型で、子供から大人まで楽しむことができ、工作が好きな方、町の歴史に興味がある方と一緒に昔の町並みの模型を作ってみるという企画です。
ペーパークラフト教室は2005年から継続的に開催しており、私達の地域の歴史や昔懐かしい町並み景観について建築士が取り組む課題と考え、町並み景観について子供のみならず、幅広い世代を対象に企画しています。
 今回は、豊前地域会員を含む40名に参加して頂き、子供たちは「こんなの初めて!!昔はこんな町並みだったんだ!!」と大喜びでした。大人の皆さんも久々の工作を楽しんでいました。
 ペーパークラフト建築の取り組みが、今後広がりを見せ、多くの子供たちが、建築に興味を持ってくれることを祈ると共に、他の地域でも引き続き活動の継続と発展を図っていきたいと考えています。
会場 築上町文化会館コマーレ
日時 平成29年3月20日(月) 13:00~15:00
参加者 40名 
 
参加者の皆様と 作業の様子
                                                                                    

豊前地域会代表 田中 孝秀

飯塚地域会 平成28年度第6回幹事会開催

 飯塚地域会の平成28年度第6回幹事会が3月14日、立岩公民館に於いて行われ、次の議題が討議された。





(1) 平成29年度事業計画の詳細について
   (事業内容案) ・景観勉強会(近大調整のうえ日程決定、講演会+街歩きの一日予定で調整)
  ・筑豊ゼミ(内容に関しては景観勉強を含め今後検討
  ・第60回全国大会参加について
  ・建築士の集いに対する協力
 (冊子広告の協賛に関して)
(2)平成28年度会計監査、平成29年度幹事会について
   参加幹事は12名でした。

飯塚地域会広報委員  荒木 正勝

建築士会柳川地域会全員集会報告

 平成29年3月15日『福喜 本館』において全員集会を開催いたしました。
代表挨拶、事業・会計報告のあと賛助会にPRしてもらいました。23名の皆様に参加いただき大変盛り上がりました。
今年度の目標は、会員及び賛助会員の実利益になり、参加したくなるような企画運営をめざします。皆さんこれからもよろしくお願い致します。

柳川地域会 三砂 豊博

フライヤー?

 近頃、広告などの「チラシ」の事を「フライヤー」と言うらしい。新しい言葉だが業界用語だろうか?
 勿論、英語だろう。昔は「ビラ」と言っていた、「ビラ配り」とか。これも英語だろう。久しぶりに「英和辞典」を繰ってみた。Fly=動詞で(飛ぶ)、(野球のフライ)など。=名詞で(ハエ(昆虫の)。Flysheet=(ビラ、チラシ)とあった。
Flypaperは、(ハエ取り紙)となっている。これは「ハエ取り紙」と紛らわしいから使わないのかな?フライヤー・・・?あった!
Flier=名詞で、(飛ぶ物)、(紡績機のハズミ車)ほか、~最後に(チラシ、ビラ)となっていた。これですかね?「ビラ」のほうは、Bila、Billa、Bira、のスペルは無くVilla、は(別荘)、だ。ところが、Bill=名詞で、(勘定書き、請求書)、(ビラ、チラシ)~ほか、となっていた。「ビラ」は、これですかねー?
柘植 成光

池と沼?

  〇〇池とか△△沼とかいうけれど、池と沼はどう違うのか?
沼は、深さが5m未満のものを言い、深さが5m以上のものを「湖(みずうみ)」と言う、池は、人工的に造られたものを言う、という説がある。
だが、国土地理院としての定義はないそうで、古くから「沼」と言われているものは沼、と、池、湖も同じく、古くからその地域で通っている名称をそのまま記載しているとの事だ。
 因みに、日本で一番大きい湖は「琵琶湖」で、霞ヶ浦は二番目、この琵琶湖も淡水湖としての世界ランキングは128位だそうだ。
柘植 成光

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)

  [応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


[氏 名]江崎 有
[題 名]夢桜
子供の頃を思い出すと、いつも桜が咲いていたような気がする。
夢のような美しい桜が記憶の中で咲いていて、そのような写真を撮りたいと思っているが、いまだに撮れたことはない。

[氏 名] 大牟田地域会 入家 雅彦
[題 名] 春彩
この写真、昨年に起きた熊本の震災一週間前に熊本の宇城市で撮ったものです。
桜で賑わったこの地域も地震で大きな被害をもたらしました。まだまだ復興途中ではありますが、今頃こちらの地域も満開に咲き誇った桜で賑わいを見せていることと思います。頑張れ 熊本!
シネマサロンⅡ-9

 今回は往年の大スターたちが出演している映画を紹介します。
まずは『ラストベガス』(2013年)。マイケル・ダグラス、ロバート・デニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クラインたち豪華俳優が演じる幼なじみの友人たちが、唯一独身のマイケル・ダグラスの結婚式前日にラスベガスで大騒ぎをするコメディです。「ハングオーバー」のおやじ版という感じですが、こちらの面々は貫禄も違っていて楽しい映画です。
 邦画では『龍三と七人の子分たち』(2014年)。藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、小野寺昭らのベテラン俳優たちの年老いた元ヤクザたち。藤竜也演じる引退した元組長が昔の子分たちを招集して世直しに息巻くという話です。北野武監督で、じじいたちの姿がかっこいい映画です。
 余談ですが、藤竜也が若いころ主演した大島渚監督の『愛のコリーダ』(1976年)。阿部定事件を描いたこの作品を、友達と旅行していたパリで見ました。性描写がそのまま無修正で、大学生だった私には衝撃の映画でした。

福岡地域会 廣田 栄作

(公社)福岡県建築士会福岡地域会(旧福岡支部)賛助会 HPはこちら
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成29年4月3日発行 第130号 通巻第346号
発行:(公社)福岡県建築士会 石本元彦 編集:広報委員会 有澤廣己
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
荒木正勝(飯塚)、有澤廣己(福岡)、石本元彦(福岡)、池田友三(北九州)、入家雅彦(大牟田)、大嶌栄三(福岡)、末永美穂(事務局)、善敏治(福岡)、田中英樹(福岡)、柘植成光(福岡)、藤田ゆか里(福岡)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。