(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成28年12月1日発行 第126号 通巻第342号

平成28年度「専攻建築士」申請受付と第七期更新手続きについて

 専攻建築士の新規並びに更新申請の受付が始まります。本年度の受付期間は全国一律で1月4日から2月末日までです。平成26年度より認定要件が一部改正され、更新時の実務審査が省略された他、更新は書類申請に加えWeb申請も可能となりました。申請料はWeb申請の方が割安です。(ただし、新規は書類申請のみです。)
 平成23年度に専攻建築士新規登録または登録更新された方は、5年毎の更新時期がまいりました。更新申請には建築士会のCPD60単位以上を年内に取得することが必要です。手続きは簡単ですので、必ず期日までに更新申請を行ってください。万一、更新手続きをしなかった場合は専攻建築士の認定が取り消されますのでご注意ください。更新対象の方には後日、事務局より手続き案内の連絡をしますので、不明な点は気軽にご相談ください。

CPD・選考建築士委員長 佐々木 郁夫

【申請者向け】建築物省エネ法の詳細説明会

 国土交通省より、【申請者向け】建築物省エネ法の詳細説明会開催のお知らせです。
 建築物のエネルギー消費性能の向上を図るため、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(建築物省エネ法)が平成27年7月8日に公布されました。建築物省エネ法では、大規模非住宅の省エネ基準適合義務(建築基準関係規定)等の規制措置を平成29年4月施行予定としています。
 本説明会では、建築物省エネ法の規制措置によって手続きが変わる建築確認及び完了検査に重点を置いた説明を行います。是非この機会に参加されることをおすすめ致します。
【対   象】 建築物の事業に携わる方
【開催期間】 平成28年11月15日~平成29年3月10日
【 参 加 費 】    無料
【申込期間】   平成28年10月11日から開催日前日まで
        ※FAXの場合は、開催日3日前まで
         (受付期間内でも定員になり次第受付終了とさせていただきます)
【申込方法】    WEB、FAX、TEL(下記受付窓口までお願いいたします)
【お問合せ】  開催日前に受付が終了している会場につきましては、下記受付窓口までお問合せください。
          【申請者向け】
           建築物省エネ法の詳細説明会 受付窓口
           受付時間 9:00~18:00(土日祝日を除く)
           TEL:0120-771-266 FAX:0120-252-936
           詳細及び都道県別開催日時については、下記HPをご覧ください。
             ↓
           ■ 【申請者向け】建築物省エネ法の詳細説明会
       

(公社)福岡県建築士会事務局

国土交通省住宅局長感謝状授与

 10月15日土曜日、神戸市ホテルクラウンパレス神戸にて、第28回住生活月間記念式典が行なわれ、住生活月間功労者表彰に参加しました。 式典には高円宮憲仁親王妃久子殿下にご臨席を賜り、国土交通省石井大臣等の出席がありました。この住生活月間功労者表彰は、2016年4月に発災した「熊本地震」に際して、『激甚な被害を受けた住宅・建築物等の応急危険度判定等の業務に尽力し、民生の安定に多大な貢献をした。』として士派遣に対する国土交通省住宅局長による感謝状授与でした。
 設計関連団体では、全国単位士会20会と士会連合会、事務所協会単位会14会と日事連、(公社)日本建築学協会、(一社)日本建築構造技術者協会が授与されました。

専務理事 田中 浩

11/16 11月定時理事会、第1回運営協議会

11月16日(水)に11月定時理事会が開催されましたので概要を報告します。
○ 日  時 : 平成28年11月16日水曜日
          14:00~15:30
○ 場  所 : 福岡建設会館 703会議室
○ 出席者  : 理事 20名、監事 2名、顧問 1名
○ 議 題
  1.審議事項
    1号議案 入会者の承認と退会者の報告
    2号議案 PR用チラシデザインと
           それに伴うホームページ整備について
    3号議案 マイナンバー制度の対応について
  2.報告事項
    1) 代表理事・業務執行理事の職務の執行の状況報告について
    2) 会費納入状況について 11/15現在
    3) 建築士会全国大会「大分大会」報告について
    4) 空き家専門家派遣事業「お試し相談会」実施について
  3.その他
    ・平成28年度後半スケジュール
※審議事項はすべて承認されました。

11月16日水曜日に第1回運営協議会が開催されましたので概要を報告します。
○ 日  時 : 平成28年11月16日水曜日
          15:45~17:30
○ 場  所 : 福岡建設会館 703会議室
○ 出席者  : 29名
○ 議  題
  1.報告事項
   (1)事務局報告
     1) 平成28年度会員数推移について
     2) 平成28年度会費納入状況報告について
     3) 10/22(土)第59回全国大会「大分大会」について
     4) 平成28年度収支予算書補正予算について(10/17臨時理事会承認)
     5) 空き家専門家派遣事業「お試し相談会」実施について
     6) 平成28年後半スケジュール
   (2)地域会報告
     ・地域会活動報告について
   (3)委員会報告
     総務・財務委員会/広報委員会/会員委員会/事業統括委員会/業務委員会/研修委員会/
     まちづくり委員会/青年・女性委員会/建築士試験・登録委員会/CPD・専攻建築士委員会
  2.その他
※運営協議会終了後、懇親会を開催しました。

専務理事 田中 浩

(一社)福岡県建築士事務所協会主催
第38回 「福岡県内高等学校生並びに専門学校生による建築設計競技」表彰式

 11月18日(金)に大牟田商工会議所において、(一社)福岡県建築士事務所協会主催の平成28年度「福岡県内高等学校生並びに専門学校生による建築設計競技」表彰式が行われました。建築士会の石本会長も出席され、表彰者に表彰状授与が行われました。

高等学校の部 稲積 隆太郎 様 専門学校の部 古川 浩由 様
高等学校の部 課題:『地域商店街に建つ店舗併用住宅』
専門学校の部 課題:『地域商店街に建つカフェがあるギャラリー』

 応募は高校36作品(昨年、50作品)、専門学校88作品(昨年、49作品)。審査は福岡県建築士事務所協会の審査委員10名による一次審査で設計・製図の基本と応募要件をチェックし、全てを二次審査対象として選出。二次審査委員は、県の建築都市部、教育委員会や北九州市・福岡市などを含む県内の建築団体の役員8名の特別審査委員を加えた22名。査員委員の推薦数の多い上位作品について、協議によって受賞作品を決定した。

【高等学校の部の講評】
 課題の店舗併用住宅という機能的からして店舗の顔と住宅の玄関をどのように整理して計画するかが、まず超えなければならないハードル。その上で商店街の中でどのようなお店を作りますか?というさらなるハードルがあるという少し難しい課題設定であったかもしれない。しかし、提出された提案は見事にそれをクリアーしたものが多く見られた。その一方一部の作品では、敷地境界の表記が無いなど、周辺環境との関係への配慮が読み取れないものも見られた。しかし、まちなみの視点で商店街の統一イメージや隣接敷地と一体的に計画するいくつかの提案もあり、広い視野を持った計画を体験するというご指導のたまものであろうと評価したい。

【専門学校の部の講評】
 課題で設定された用途が店舗とギャラリーという計画の自由度の幅が広いためか、のびのびと造形力を発揮した力作も見られて審査が難しく感じられた。明確なコンセプトによる密度高いプレゼンテーション技術は、このようなコンペには不可欠な条件ですが見事にものにした多くの作品があった。求められたシンボル性とともに上階への視線や人の誘導への配慮、さらには角地という立地を活かした提案は高く評価された。また構造計画を形態に重ね合わせたレベルの高い提案も見られて、ご指導いただいた先生方のご努力にも敬意を払いたいと思う。


→詳細はこちら

→詳細はこちら
高等学校の部
◆(公社)福岡県建築士会会長賞
(浮羽工業高等学校 3年) 稲積 隆太郎
 石畳の通りに銅板と瓦で葺いた屋根が軒を連ねる和風のまちなみに統一された商店街の景観を背景にした提案。人々が慣れ親しんだまちなみが安心して新たな人間関係を創り出す場となる、と言う思いを「温故知新」というタイトルが表している。
専門学校の部
◆(公社)福岡県建築士会会長賞
(麻生建築&デザイン専門学校 2年) 古川 浩由
 角地という立地を十分に生かした形態に加えて、水の流れを配した外構計画が見事である。またそれと連続した折れ曲がった壁面で創られた内部空間が一体となって、商店街の魅力的なオアシスとも言える雰囲気を伝える提案になっていることを高く評価する。

との鮎川透審査委員長の講評があった。
※資料提供:(一社)福岡県建築士事務所協会

専務理事 田中 浩

「建築と法律」(12)
 隣地の木の枝が境界を越えている場合、その枝を勝手に切ることはできるでしょうか。隣地の竹の根が境界を越えている場合、その根を勝手に切ることはできるでしょうか。
 民法の定めでは、木の枝はその木の所有者にその枝の切除を求めることができるとされていますので、勝手に切ることはできません。竹の根は勝手に切ることができます(民法233条)。ただし、ある裁判例では、枝の切除を求める要件として、さらに単に枝が越境しているだけではなく、例えば落葉などによる被害が生じているかそのおそれがあることが必要としています。
 最近、隣家のツタが越境してきて困っているという相談を受けました。ツタは枝?根?
福岡地域会会員・弁護士 矢野間 浩司

会員のための無料法律相談のご案内

12月16日(金)に福岡市内で無料相談を開催いたします。
電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。
電話 : 0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司

平成28年度第四期 一級/二級/木造建築士定期講習(有料)

平成28年度第四期一級/二級/木造建築士定期講習(有料)受講のご案内をいたします。
◆講習日◆
  平成29年2月15日(水)(会場コード;8A-03)
◆会  場◆
  福岡建設会館7階会議室
  (福岡市博多区博多駅東3-14-18)
◆定  員◆
  200名
◆受付場所◆
  (公社)福岡県建築士会   福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
   電話番号 092-441-1867
◆受講受付期間・時間◆
  平成28年11月21日(月)~平成29年2月3日(金)  9:30~16:30
  (ただし、土曜日、日曜日、祝祭日は除く。)
  ※講習の受付は申込受付順とし、受講申込者数が定員に達した場合、または極端に受講申込者数が
    少ない場合は、希望する講習地及び受講日で受講できない場合があります。
◆受講申込書関係書類の配布時間◆
  9:30~16:30
  (ただし、土曜日、日曜日、祝祭日は除く。)
◆配布価格◆
  無料(受講を希望する方1人に1部)
◆受講申込書配布場所◆
  (公社)福岡県建築士会 事務局 (一社)福岡県建築士事務所協会 事務局
  ※(公財)建築技術教育普及センターのHPからもダウンロードもできます。
   ↓
  http://www.jaeic.or.jp/koshuannai/teikikoshu/kteiki/kteiki-form_download.html
  

研修委員長 西村 敏幸

「防災どんたく」の準備会議始まりました

 県内の団体や行政、企業と一緒に“楽しみながら身に付ける”をコンセプトにした「防災どんたく」という防災活動を毎年3月に実施しており、来年で11回目を迎えます。
 現在は準備会議の真っ最中。11月20日(日)第3回ミーティングでは、イオンモール香椎浜で開催する「あんぜんあんしんフェア」の募集要項について打合せを行いました。
 福岡県建築士会は今回も参加します。限られた広さのブース内で今回は何しよう?耐震のこと、液状化のこと、熊本地震のこと、市民の皆様に伝えたいことはたくさんあります。
 1月~2月にまちづくり委員会防災部会ミーティングとして、この催しの企画会議を2、3回開催予定しています。まちづくり委員会の内外を問いませんので、興味・関心を持ったかた、当日のお手伝いができるよ、という方はどうぞ事務局経由で中原までお問い合わせください。皆様のご協力をよろしくお願いします。
◇第4回「あんぜん・あんしんフェア」 平成29年3月5日(日)10時~16時
◇「買い物ついでに防災体験をしませんか?」という趣旨の防災体験スタンプラリー
◇開催場所:イオンモール香椎浜
前回の「あんぜん・あんしんフェア」の様子

まちづくり委員会 防災まちづくり部会長 中原 明子

九州ブロック会青年・女性建築士協議会運営委員会

 11月12日、九州ブロック会青年・女性建築士協議会運営委員会が久留米シティプラザにて開催されました。九州ブロック会会長の福岡県建築士会会長にもご出席していただき、来年の建築士の集い福岡大会の件もお話しして頂き、九州各県の皆様にも良いPRができたかと思います。
 今回は、午前中は運営委員会、午後からは会員増強セミナーワークショップがあり、長丁場ではありましたが、来年の福岡大会についてもいろいろ協議できましたし、会員増強に関してもいろいろな意見を聞くことができ、非常に有意義な時間を過ごす事ができました。

青年・女性委員長 柴田 誠

第1回福岡県都市計画専門研修会&美まち会員交流会

 11月21日(日)、上記交流会に参加してきました。
 今回は「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群で世界遺産の登録をするために整備努力を続けている宗像市及び福津市を訪ねました。
 まずは講義会場であるメイトム宗像に於いて(1)海の道むなかた館長の西谷正氏による「世界遺産登録に関する取り組みについて」の説明、非常に明快な説明を受け、歴史を語る人の史実と空想を織り交ぜた説にロマンを感じた。(2)宗像都市計画課と福津市都市計画課による「宗像市と福津市の連携による世界遺産と海に関する景観への取り組み」の説明、関連遺産群とそれを取り巻く緩衝地帯の内容を問われることで、その為の景観整備の重要性の説明を受けた。(3)勝浦地域づくり推進協議会の小澤和幸氏による「勝浦地域、環境・景観部会の取り組みについて」の説明があった。
 一応の座学が終わり、参加者全員で昼食会場にて食事を取りながら、それぞれの活動に関する情報交換を行った。
 食事後はまたバスに乗って(1)宗像大社、(2)新原・奴山古墳、(3)津屋崎宮路浜 夕日時計をそれぞれ詳しい説明を受けながら見学、緩衝地帯の景観をどのように進めていくのか?その景観にそぐわない施設にどのように手を加えていくのか難しい対応だろうが興味津々である。
 参加者は行政の方が半数以上を占めていたが約50人程度の出席。意見交換も含め非常に有意義な一日だった。

まちづくり委員会 景観部会 荒木 正勝

健康・省エネシンポジウムinふくおか

 平成29年1月20日(金)「健康・省エネシンポジウムinふくおか」が、ガスホール (福岡市博多区千代1-17-1)にて開催されます。(主催:(一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議)
 当日は、「ピンピンコロリの法則」の著者、首都大学東京 星 旦二 名誉教授、住環境に関する講演やコラム等でご活躍中の近畿大学建築学部学部長 岩前 篤 教授による基調講演、パネルディスカッションや展示スペースを設けております。
 皆様お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

詳細・お申込み方法はこちらをご覧ください。

福岡地域会賛助会 栃原 伸一郎

平成28年度  「建築関連法規の改正等」講習会

10月26日(水)福岡建設会館7階701~702会議室において上記講習会が行われ、会員103名、非会員2名の計105名の出席をいただきました。講習は以下の内容で行われました。

(1) 建築物省エネの施工について
(2) 定期報告制度の強化について
(3) 建築申請の手引きの改正について
(4) 狭あい道路拡幅事業について
(5) 福岡市景観計画の変更について
(6) 屋外広告物規格基準等の改正について
(7) 消防行政の動向について
(8) 消防法令違反の事前予防について

 今回は、福岡市より住宅都市局建築指導部建築審査課,監察指導課、まちづくり推進部都市景観室および消防局予防部指導課、査察課から講師を迎え、最新の情報と資料により多彩な内容の講習会となりました。本講習会はCPD3単位認定の講習会で、65名の登録をいただきました。
 今後も有益な内容の講習を企画していきますので、是非ご受講ください。

福岡地域会 地域事業委員会 樋口 はる香

糸島地域会 親睦旅行

 11月6日~7日に会員14名で九州と韓国の間の対馬海峡に浮かぶ島「対馬」へ行ってきました。
 この対馬は私たちが船で出た博多港よりも韓国に近く、「国境の島」とも呼ばれています。壱岐を経由して対馬に着いた私たちは港の近くで新鮮な魚などを昼食で頂きバスへ乗り込みました。
 最初に向ったのは大船越瀬戸(おおふなこしせと)。こちらは江戸時代に南北に細長い対馬を反対側に回るのが大変なので「地面を掘って水をひき、船が通れる道を作れ。」との殿様の命令で作られた水路だそうです。続いて私たちが訪れたのは大船越瀬戸の後に出来た大きな水路、万関瀬戸(まんぜきせと)。こちらは明治33年に旧日本海軍が艦船を通すために開削した人工の水道です。そこに架かる橋万関橋を歩いて渡りました。人力で開削したとはとても思えない水路の大きさに驚かされました。そのあと烏帽子岳展望台へ登り、全部で108有る対馬の島々を眺め、1日目最後の見学地、和多都美神社へ向かいました。彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)を祭る海宮であるこの神社は古くから竜宮伝説が残されています。本殿正面の5つの鳥居のうち2つは、海中にそびえていて神秘的な雰囲気を漂わせていました。
 2日目には対馬藩主宗家墓所・万松院へ行きました。こちらでは樹齢1200年と言われる3本の万松院の大スギや本堂を見学しました。そして最後の見学地は椎根の石屋根倉庫群。石屋根の家は日本では対馬だけで、対馬でもこの椎根(しいね)や、この近辺でしか見られない珍しい建物で県の有形文化財に指定されているそうです。 火災から食糧や貴重品をまもるため母屋から離して建てられている高床式の倉庫の屋根を板状の頁岩(けつがん)で葺いたものです。これは海風の強いこの地方の生活の知恵で風に飛ばされないようにしたものなのでしょう。 厚みもある大きな石の屋根は迫力があるものでした。
 今回の参加者のほとんどが初めの対馬でしたが、日本の歴史に深く関係しているこの島の歴史はとても興味深く勉強になった今回の旅でした。

親睦委員会 委員長 保利 重勝

筑紫地域会 建築士会全国大会「大分大会」

 平成28年10月22日 第59回建築士会全国大会「大分大会」に筑紫地域会の研修旅行を兼ねて、11名で参加しました。
 九州内で行われる建築士の集いとは、違った雰囲気で全国の建築士と交流することにより、自分が住む地域と異なる地域について知ることができました。特に青森県の建築士の方とは、名産物を送り届ける仲になり有意義な時間を過ごすことができました。翌日は、吉弘神社・昭和の町・宇佐神宮を見学に行きました。宇佐神宮は、全国各地に4万余りある八幡様の総本宮で国宝に指定されている切妻の建物が前後につながった八幡造様式の本殿は見事な物でした。

筑紫地域会 青年委員 藤 嘉貴

福岡地域会 建築士会全国大会「大分大会」

 去る10月22日(土)、23日(日)大分県別府市にあります別府国際コンベンションセンター 「ビーコンプラザ」にて、第59回建築士全国大会大分大会が開催され、福岡県内からは123名が、福岡地域会(バスツアー)からは、17名(事務局4名)が参加されました。
 大会のテーマは「おんせん県おおいたで湧き上がる多様な知恵」と題して、大会式典をはじめ、全国ヘリテージマネージャー大会や各交流セッション等が執り行われ 、それぞれ皆さん興味のある所で研鑽されました。
 福岡地域会のバスツアーに参加された皆さんは、別府の湯に浸かり心身共にリラックスした翌23日(日)、朝からボランティアの御案内による別府駅前から竹瓦温泉地区を散策し、昭和の雰囲気を残した温泉街を堪能しました。夜に出歩けばまた違った味わい方もあったかもしれません。その後はバスで移動しながら、県立図書館や、アートプラザなどの建築巡りを行いました。特に今話題の坂茂氏設計の大分県立美術館(OPAM)は、集成材をふんだんに使った建物で、さらにアトリウム道路側のファサードは全面、開閉可能なガラス水平折戸となっており、天気の良いときは開放されるという。当日は小雨が降っていたため、解放されておらず大変残念だったが、それでも開放感に溢れた建物でした。
 こうした見学会を交え、無事一泊二日の全国大会バスツアーを終了しました。来年の全国大会は京都です。テーマは「山とまちと木造建築」皆様のご参加をお待ちしています。
(写真提供;福岡地域会 善 敏治、江﨑 有会員)
福岡地域会のみなさまと アートプラザ
竹瓦かいわい散策ツアー

福岡地域会 下川 弘

書道倶楽部

福岡地域会 書道倶楽部主宰 渡邉 佳代

平成29年 北九州建築六団体合同新年賀詞交歓会

 謹啓 師走に入り、ますますご多忙のことと存じます。
平素から会の運営にはご協力、お力添えを賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、早速ですが平成29年の新年を迎えるに当たり、市長をはじめ議長、建築都市局長ならびに建築都市局等幹部の皆様をお招きして、親しくご意見を賜りながら、新しい年の躍進につなげるべく、恒例の新年賀詞交歓会の開催を企画しております。
 新春早々ではございますが、下記のとおり開催致しますので、万障お繰り合わせの上ご出席下さいますようご案内申し上げます。
【日   時】 平成29年1月12日(木曜日)
        17時30分 受付
        18時00分 開会
        20時00分 閉会
【場   所】 ホテルクラウンパレス小倉 3階 ダイヤモンドホール
        小倉北区馬借1丁目2-1 TEL 093-511-4111
【会   費】 7,000円
【 事務局 】 北九州地域会(有限会社ゼムケンサービス鴛海)
        TEL/093-931-0301  FAX/093-951-1000)
        ※誠に恐縮ですが準備の都合上、ご出席の方は平成28年12月12日までに
          ご連絡をお願い致します。
新年賀詞交換会の申込書はこちらをご覧ください。

北九州地域会事務局 鴛海 奈緒子

地域会役員会報告

10月27日(水)に平成28年度の地域会役員会を西村代表の下、西小倉市民センターに於いて、11名の出席を得、下記議題にて開催しましたので概要も含め報告致します。
1.中間報告(事業・収支報告)の件
  ・各委員会の事業・収支報告を地域会事務局へ提出のこと。
2.今後の行事予定の件
  ・11月19日の関門景観ウォッチングに関してのスケジュール等確認。
  ・10月予定の研修旅行が中止となったため、
   それに変わる日帰り旅行等の計画を研修・技術委員会合同で計画。
3.平成29年度県本部定時総会の件
  ・来年6月2日(金)開催予定、会場は北九州で決定。
  ・会場・内容等に関して、検討を要す。
等々の内容に関しての意見交換を行った。
         

北九州地域会 池田 友三

第3回「車椅子で魚町銀天街2016」

 11月16日、北九州市魚町銀天街で第3回「車椅子で魚町銀天街2016」が行われました。イベント体験者数は121名で、車椅子に乗って魚町銀店街で実際にお買い物して頂き、ここがどんな街か、どんな事が必要かなど色々感じ取って頂きました。同時に『魚町の笑顔』という視点で写真を撮ってもらいコメントを記入、コラージュ作成も楽しく行いました。また、新しい試みとして高齢者体験コーナーも設け、多くの方に興味を持って頂きました。午前に開催された「ユニバーサルマナー検定」も好評でした。今後も引き続き開催し、建築士を含めもっと多くの方に参加して頂き、人に優しい街づくりを目指したいと思います。

北九州地域会 根本 かおり

第12回関門地区(下関市・北九州市)景観ウォッチング&セミナー

 福岡県建築士会北九州地域会は山口県建築士会下関支部と共同で、平成28年11月19日、「関門地区の屋外広告物を考える~魅力ある景観とは(門司編)~」をテーマ に、第12回関門地区(下関市・北九州市)景観ウォッチング&セミナーを開催しました。
 下関市や北九州市の公募市民、まちづくり団体、建築士会など約50名に参加いただき、午前中はサインデザイナーの中牟田麻弥さんの講演「魅せる屋外広告物」、景観アドバイザーの岡村和典さんと中牟田麻弥さんによる「景観と屋外広告物」をテーマとするトークセッションを行いました。屋外広告物と景観の関わりなど事例を交えて解り易く講演していただきました。
 午後からは門司港の街並みを歩き景観をウォッチング、その後ワークショップを行いました。ワークショップでは各テーブルとも活気あふれる意見交換が行われ、関門地区や門司港の景観について、沢山の意見や提案が発表されました。様々な意見を聞くことができ有意義であったという声を多くいただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
中牟田 麻弥 氏 トークセッション
ウォッチング
ワークショップ

北九州地域会研修委員長 野村 明男

田川地域会 建築士会全国大会「大分大会」

 去る10月22日(土)第59回全国大会に参じるべく会員6名(内1名21日~23日別行動)で田川→行橋→別府(平筑鉄道+JR)で久々の小旅行を満喫しました。
 別府駅西口から送迎バスで会場入りし、13:00~14:30の記念講演を聞き15:00~17:00の大会式典に参加しました。全国より三千名超の会員による盛大な催しでした。
 私ごとではありますが、連合会長表彰の栄誉を賜り身に余る光栄と感謝致して居ります。
 帰りに行橋市にて反省会を持ち、忙しくも楽しい一日でした。

(公社) 福岡県建築士会 田川地域会 代表 大島 敏秋 

11/3 県南レクレーション

 去る11月3日に県南ブロックのレクレーションを開催いたしました。当日は天候にも恵まれて総勢21名の参加者がJR大牟田駅前を出発して大牟田市、荒尾市の世界産業遺産を見学しました。
 大牟田市が毎年開催しているイベントに併せ、無料シャトルバスを利用しての移動で宮原坑・万田坑・三池港などの産業遺産を見て歩き、昼食には三井港倶楽部で名物のカレーライスをいただき、三池港では、おいしいコーヒーが振る舞われました。今回は市町村のイベントを利用することで沢山の世界遺産が一度に見学出来ました。

大牟田地域会 松尾 徹

八女地域会研修旅行「第59回建築士会全国大会 大分大会」

 八女地域会は、10月22日(土)~23日(日)の日程で、第59回建築士会全国大会 大分大会に12名で参加しました。1日目は大会会場にて講演、各フォーラム並びに各展示・出展ブースを見学しました。2日目は、磯崎新氏設計のアートプラザ、坂茂氏大分県立美術館を見学しました。大分県立美術館では、ゾーンごとに色々な仕掛けが施されており、子どもから大人まで楽しめる空間になっていました。
 また、熊本地震被害の状況を見ておきたいということで、阿蘇神社と益城町市街地を経由して帰ってきました。少しずつ復旧作業は進んではいますが、通行規制された道路、現在も震災当時のまま倒壊した状態で残っている家屋が点在していました。私たちができることは何だろうか。今回の地震の記憶を風化させることなく、防災意識の向上そして今後の設計や施工に活かしていく必要があると感じました。
アートプラザ 大分県立美術館
阿蘇神社 阿蘇神社門前町「仲町」

八女地域会 弘中 國太郎

10/19 柳川地域会例会

【日  時】 2016年10月19日 18:00受付 18:30開会
【場  所】 柳川 ニュー白柳荘
        福岡県柳川市新町16
        TEL/0944-73-1188
【 参加者 】 福岡県建築士会 柳川地域会 14名
         福岡県中小企業家同友会有明支部参加者 8名
【趣  旨】 お互いの会の目的及び交流を深め参加者にとっての今後のつながりを深める為

【例会内容】
  1) 例会前に 名刺交換を 行いました。
  2) 建築士会柳川地域会代表 挨拶
  3) 福岡県中小企業家同友会有明支部長 挨拶
  4) 交流 質問タイム
     主に 同友会より 建築士会の方へ
     ●質問内容
       耐震構造について
       熊本地震についての今後の耐震の件
       セットバックへの対応の件
       簡易民泊に関する耐震・防火問題の件
       住宅の耐震基準・省エネ性能・断熱方法・換気方法の件
     ●返答対応
       建築士会柳川地域会 古賀善孝副代表より
       同友会より 活動報告等 説明  竹下支部長より
  5) 例会終了後 懇親会へ
※[まとめ] 同友会の方々は、異業種の方々のため建築以外の事を交流会及び懇親会で聞くことができ大変よかったとおもいます。また交流することにより仕事にもつながるのであれば尚良い例会であったと思います。

柳川地域会 三沢 豊樹

柳川地域会 全国大会「大分大会」

 全国大会大分大会に柳川地域会より10名で参加してきました。別府市での開催だったので、レンタカーにて柳川より開催地へ移動しました。車中では、世間話や現場の話で盛り上がりながら別府に到着、ビーコンプラザで受け付けを済まし「大分県立美術館  OPAM」に向かい坂茂氏による設計は、木造をふんだんに使用され天井部分や壁面に木造トラスを採用され、メンバー同士で施工方法等をあれこれ討議しました。時間が少しあったので美術館で県展が開催されていたので芸術を堪能しました。
 大会式典では、日本文理大学チアリーディング部「BRAVES」によるオープニングセレモニーで開始され素晴らしい大会でした。翌日は、柳川地域会の懇親を深めるため、別府市内にて観光組とゴルフ組に分かれ、別府を満喫して柳川に帰宅しました。

柳川地域会 野口 順治

食品の保存法
(2)バナナの長持ち法

 これも、たかが100円か200円の話しだが、一房数本のバナナ、1日か2日で食べてしまえば問題はないのだが、3日も経つと斑点ができて甘味は増すが軟らかくなってしまうし食感も変わってしまう。軟らかく甘くなったのが好みの人もいるが限界もあるだろう。今年の夏は特に暑くて3日ともたない事もあった。冷蔵庫に入れても1日延びる位ですぐ軟らかくなってしまう。この「バナナ」を長持ちさせる保存法を、以前、TVでやっていたのを紹介しよう。
 買ってきたら、すぐ、1本づつに切り離して、1本づつ別々に新聞紙に包んで輪ゴムで留めて、冷蔵庫の野菜庫に入れて置く。毎日1本づつ食べて最後の1本もあまり変わりなく食べられる。お試しを。
 ~*次回は、「アボガド」を長持ちさせる方法について~
柘植 成光

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)

  [応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


[氏 名] 山藤 寛
[題 名] 男木島(男木交流館)
香川県高松市男木島のフェリー発着所にある、奇妙な建築。待合所と貸し自転車所を兼ねている。
瀬戸内国際芸術祭2016が行われているが、ジャウメ・プレンサという方のデザインということだ。
屋根に描かれている文字に引付けられた。

[氏 名] 入家 雅彦
[題 名] 晩秋の散歩道
大分県竹田市にある「荒城の月」で有名な岡城址です。
紅葉はすでにピークを過ぎた感じはありましたが、見ごたえがありました。
早いものでもう12月…「師走」となりました。2017年まで一月を切ってしまいましたね。
何かと忙しい時期となりますが、事故など十分気を付けて頑張りましょう。
シネマサロンⅡ-5

 街はクリスマスムード一色になっています。クリスマス映画といえば『ホームアローン』『グレムリン』など たくさんありますが、その中から今回は12月に観たいおすすめのクリスマス映画を二本紹介します。
 まず一本目は、『ラブ・アクチュアリー』(2003年)。舞台はロンドンの12月、年齢や職業が異なる男女9組のいろいろな物語がクリスマスに向けて同時に進んでいきます。そして、イブの夜全てのドラマがハッピーエンドに向かって動き始めます。ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、キーラ・ナイトレイ、コリン・ファース、エマ・トンプソンなど豪華キャストが出演。観終わった後で、心が温かくなる映画です。
 もう一本は、『戦場のアリア』(2005年)。100年前の第一次世界大戦時の実話をもとに作られた映画です。クリスマスイブの夜、フランス・スコットランド連合軍とドイツ軍が対峙していたフランス北部の最前線で、ドイツ兵士のクリスマス・キャロルの歌声をきっかけに両軍の兵士が一緒になってクリスマスを祝い、一夜限りのクリスマス休戦をするという話です。こちらもクリスマスにふさわしい名作です。

福岡地域会 廣田 栄作

(公社)福岡県建築士会福岡地域会(旧福岡支部)賛助会 HPはこちら
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成28年12月1日発行 第126号 通巻第342号
発行:(公社)福岡県建築士会 石本元彦 編集:広報委員会 有澤廣己
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
荒木正勝(飯塚)、有澤廣己(福岡)、池田友三(北九州)、石本元彦(福岡)、入家雅彦(大牟田)、上村公仁隆(福岡)、大嶌栄三(福岡)、末永美穂(事務局)、善敏治(福岡)、柘植成光(福岡)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。