(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成28年9月1日発行 第123号 通巻第339号

第17回 会員作品展

 今回も第16回に引き続き、用途や規模にとらわれず、過去5年以内で会員が担当した作品を自由に募集いたします。 作品は、会社の名前や管理建築士の名前だけでなく、その作品に主体的に携わった担当者のお名前を掲載してもかまいません。
 ただし、建築士会会員に限ります。若い会員の方も、どしどしPRしてください。
 なお、過去の作品展の内容は、建築士会ホームページで4年間は閲覧できますので、ご参考にしてください。

応募期間は、平成28年9月1日(木)~25日(日)です。(締切厳守)
作品募集要項は、こちらからご覧ください。

広報副委員長 大嶌 栄三

第59回 建築士会全国大会「大分大会」のご案内

「ひとづくり」「ものづくり」「まちづくり」で地域の創生
おんせん県おおいたで湧き上がる多様な知恵

 大分県は、大友宗麟の栄華の後、江戸時代には、8つの藩(中津、杵築、日出、府内、臼杵、佐伯、岡、森)と天領日田、宇佐神宮所領、他藩の飛び地などに分かれました。この小藩分立の歴史的背景から、県内各地には個性的な歴史的町並みが現存し、気質の面では、郷土意識が薄く、個人主義であると言われる反面、異なる文化への共感とホスピタリティーも培われてきました。開催地の別府市は、八湯と呼ぶ泉質と雰囲気を異にする8つの温泉群があり、源泉数と湧出量日本一の温泉地です。
 多様性は、温泉にとどまりません。障がい者の自立生活を先導する「太陽の家」は開設から半世紀を過ぎました。また、人口に占める留学生の割合は全国の市区で最も高く、湯治客との交流に加え、さまざまな違いを越え、ともに暮らす多様な価値を共有する都市でもあります。人口急減・超高齢化に直面し、地域が特徴を活かして持続的な社会を創生することが求められていると言われます。地域創生には、なによりもそれぞれの地域の人々がその地域のよさを認識することが肝要です。
 当会の会員は、1980年代頃から県内各地で歴史的な町並みと建造物を保全し再生するまちづくり活動を熱心に進めてまいりました。これらの経験と全国の建築士の皆様の持つ多様な知恵を互いに交歓し、地域の魅力磨きのアイデアが沸騰する大会でありたいと考えています。大分県は、「おんせん県おおいた」の名にふさわしく県内各地に温泉地があり、自然公園面積は県土の約3割(全国6位)を占めるほど海・山の景勝地に恵まれ、その豊かな自然から授かる食材も豊富です。
 また、国宝の富貴寺、宇佐神宮をはじめ建築の宝庫でもあります。大会主会場は、大分市出身の磯崎新氏設計による別府ビーコンプラザです。サブ会場は、逓信建築の先駆者吉田鉄郎氏の手になる1928年竣工の別府市公会堂です。大会に集われる皆様が、「ひとづくり」「ものづくり」「まちづくり」に湧きあがり、おいしく、たのしく、きもちよく、多様性のおおいたをご堪能いただきたいと思っています。

※「建築士」5月号より抜粋
建築士会全国大会「大分大会」詳細につきましてはこちらをご覧ください。

第59回建築士会全国大会大分大会 主管
公益社団法人大分県建築士会 会長
井上 正文

建築実務者向け「木造住宅の耐震診断と補強方法」講習会開催のご案内

1.受講対象者
 ・(一社)福岡県建築士事務所協会、(公社)福岡県建築士会、
  (一社)日本建築構造建築技術者協会九州支部に所属する建築士、施工者等

2.日時及び場所
 平成28年9月9日(金)13:30~17:30
 福岡建設会館6階会議室(福岡市博多区博多駅東3-14-18)

3.講習会内容(予定)
 ・耐震診断(一般診断、精密診断)、現地調査方法等、質疑応答
 ・講師 (一社)熊本県建築士事務所協会から推薦
  甲斐 優氏(㈱甲斐構造設計事務所 構造設計一級建築士)
  笠間健太郎氏(㈲熊本環境建築事務所 一級建築士)
 ・事業説明 熊本市 建築政策課 建築物安全推進室

4.申込み方法及び申込み期限
 ・別添申込書に必要事項を記入のうえ、ファックス又は電子メールで(一社)福岡県建築士事務所協会へ
 ・申し込み期限:平成28年9月2日(金) 定員100人
 ※定員を超える申込みがある場合は新規受講か、診断業務実施意向、申込順等を考慮して受講者を決定します。
  受講をお断りする場合のみ9月6日までに個別にご連絡します。尚、追加での開催も検討いたします。

5.受講料・テキスト
 受講料は無料ですが、テキストとして次の図書が必要になります。
 一般財団法人 日本建築防災協会発行
 「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」(1組7,200円(税込))

 (1) お持ちの方は持参してください。
 (2) 購入希望の方は、下記にテキスト代(1組7,200円(税込))をお振込いただきますと講習当日にお渡しいたします。
 福岡銀行 博多駅東支店 普通 2100263
  一般社団法人 福岡県建築士事務所協会
※1.振込手数料は依頼人様のご負担となります。
 お振込みした受領書のコピーを申込書に貼り付けのうえお申し込みください。
※2.講習当日は販売いたしません。9月2日(金)までにお申込み、お振込ください。
■熊本市木造住宅耐震診断等補助事業の耐震診断士の登録対象の講習会です。

詳細内容につきましてはこちらをご覧ください。
申込書はこちらをご覧ください。

(一社)福岡県建築士事務所協会

平成28年度 7月臨時理事会

7月27日(水)に7月臨時理事会が開催されましたので概要を報告します。

 ○ 日  時 : 平成28年7月27日水曜日 15:00 ~ 17:00
 ○ 場  所 : 福岡建設会館 7階701会議室
 ○ 出席者 : 理事17名、監事2名、顧問2名
 ○ 議 題
  1.審議事項
    1号議案 入会者の承認と退会者の報告
    2号議案 平成28年度 補正予算について
    3号議案 平成28年度地域貢献活動助成金について
    4号議案 平成28年度公益目的事業予算について
    5号議案 会員増強用チラシ作成について
    6号議案 10/22(土)建築士全国大会「大分大会」助成金について
    7号議案 「空き家専門相談支援事業に係る専門相談員の派遣に関する協定書」事務費について
    8号議案 平成28・29年度委員会編成について
  2.報告事項
    1) 運営協議会の運営について
    2) 6/25(土)九州ブロック研究集会「建築士の集い」宮崎大会 について
    3) 7/22全国女性建築士連絡協議会について
    4) 10/22(土)建築士会全国大会「大分大会」連合会表彰候補者について
    5) 「住まいるダイヤル」業務委託契約について
    6) 平成28年度建設業関係功労者表彰について
  3.その他
    1) 今後のスケジュールについて
    2) 広報委員会より~会員作品展募集、地域会行事予定について
    3) まちづくり委員会より~福岡県ヘリテージマネージャー養成講習会(第4期)募集について
 ※審議事項はすべて承認されました。
 ※理事会終了後、懇親会を開催しました。

専務理事 田中 浩

「建築と法律」(9)
 マンションを建設しようとしたところ、北側の住民らから日照権を侵害するから階数を低くするよう求められました。設計者Aは、建築基準法などの関係法令には違反するところはないから、応じる必要はないと考えています。本当に応じる必要はないでしょうか?
 たとえ、建築基準法などの関係法令には違反するところはなくても、「受忍限度」を超えるものについては、違法な権利侵害として損害賠償や工事差止請求の対象となります。そして、受忍限度を判断するにあたっては、日照阻害の程度(何時間日影を落とすか)、地域性(用途地域など)、法令違反の有無程度、被害回避の可能性(容易に被害回避できるかなど)などを考慮します。法令に違反することがなければ、受任限度を超えることはなかなか無いというのが私の実感ですが、問題になりそうなときは念のためチェックしてみてください。
福岡地域会会員・弁護士 矢野間 浩司

会員のための無料法律相談のご案内

9月16日(金)に福岡市内で無料相談を開催いたします。
電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。
電話 : 0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司

2016 全国産業観光フォーラムin日田

森と水がはぐくむ産業 未来をつくる自然エネルギーと観光の絆

~再生可能エネルギーの産業観光化の可能性を探る~
 九州山地のほぼ中央に位置する大分県日田市は、緑豊かな森林と三隈川の豊富な清流の恵みを受けながら、様々な産業を育んできました。
 また、環境都市日本一を目指して循環型社会の実現に取組む本市には、木質バイオマス発電や水力発電、畜産・生活系バイオマス発電、小水力発電、太陽光発電、風力発電など多種多用な発電施設が存在しています。
 地域の特色を生かした再生可能エネルギーや基幹産業である林業を観光資源と結びつけることによって見えてくる様々な可能性をこのフォーラムで探ります。
平成28年10月27日(木)
● 全体会13:00~
 ○ 記念講演 14:00~
   演題 : 「つなぐ建築」
   講師 : 隈 研吾氏(建築家)
 ○ パネルディスカッション 15:30~ 「産業観光と地域の産業振興」

平成28年10月28日(金)
● エクスカーション
 ○ 4つのテーマに基づいて産業観光のモデルコースを体験・見学・交流します。
フォーラムの詳細内容・お申込みについては、こちらをご覧ください。
 ↓ (フォーラムホームページ)
http://www.forum.oidehita.com/

ひた産業観光推進協議会(日田市商工観光部観光課内) 観光課 平川 淳史

一級、二級・木造建築士試験「学科の試験」

7月3日(日)九州産業大学にて二級建築士試験「学科の試験」が、7月24日(日)、西南学院大学にて一級・木造建築士試験「学科の試験」が行われました。

  【二級建築士「学科の試験」実施結果表】
  受験予定者数 実受験者数 欠席者
福岡 922 726 196
実受験者 合格者 合格率
726 279 38.43

  【一級・木造建築士「学科の試験」実施結果表】
  受験予定者数 実受験者数 欠席者
一級(福岡) 1,296 988 308
木造(福岡)
1,297 988 308
 また当日、試験業務をご協力いただきました関係者の皆様、ありがとうございました。
 9月11日(日)福岡商工会議所と九州ビルの二会場にて二級建築士「設計製図の試験」が、10月9日(日)九州産業大学にて一級・木造建築士「設計製図の試験」が行われます。
 ご協力よろしくお願いいたします。
建築士試験委員長 石橋 哲理

一級・二級・木造建築士「学科の試験」試験監理補助員 感想文

 今回、初めての試験監督補助ということもありとても不安でしたが、同じ教室担当となった試験監督の方々が分からない箇所について細かく教えてくださり、スムーズに試験を行うことができました。
 また、建築は自分が今まで学んだことのない分野ですので、とても新鮮でしたし、たくさんの建築士会の方と接することができ、とても良い経験になりました。貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。
西南学院大学 商学部商学科 4年 西田 早希
 私は一級建築士試験監理補助員を初めて担当し受験生の年代が幅広いことに驚きました。受験生は若い方から年配の方までおられ、難関の試験であることと、何度も挑戦したい魅力ある資格(仕事)ということが理解できました。
 また、今回の経験で建築士会の方々とお会いでき建築士のイメージが変わりました。建築士というと敷居が高いイメージがありましたが、親しみやすい方が多く、気軽に建築について相談できる気持ちになりました。
西南学院大学 人間科学部社会福祉学科 4年 平川 綾子
 先日、一級建築士の学科試験の試験管理補助員をさせていただきました西南学院大学の木村由紀江です。この度は貴重な経験をさせていただきましてありがとうございました。
 私自身、大学の試験監督補佐等をこなした経験があり、試験管理補助員の仕事を少し気軽に考えていた点があったと試験が終わった今、感じております。長いものでは2時間以上に渡って試験をこなす受験生を常に見守るということは思った以上に大変な仕事でした。受験生が常に快適な状態で試験が受けることができるよう空調に気を使ったり、不正だと疑われないように引き出しにものを入れていらっしゃった受験生に注意をしたり、試験時間が長いためお手洗いに頻繁に受験生を連れていったり、中々気の休まる時間はありませんでした。そのため終わった今、自分の中で試験監理補助員の仕事を気軽に考えていたと反省致しました。しかし、責任がある分やりがいがとてもある仕事であったと考えます。一級建築士の国家試験は一年に一度しかないため、受験生の皆さんの覇気を感じることが出来ました。私自身、現在大学四年生であるので、受験生の皆さんの覇気が就職に向けてのとても良い刺激となりました。
 このような機会を与えてくださった中馬充子教授及び一級建築士学科試験に関わったすべての方にお礼申し上げます。ありがとうございました。
西南学院大学 人間科学部社会福祉学科 4年 木村 由紀江

集いに向けて

 8月20日(土)に、第4回建築士の集い福岡大会実行委員会を開催しました。これまで約20数名体制で実行委員会を各地域会持ち回りで毎月開催しています。今回の実行委員会の前には、第4分科会の見学会の場所である八女福島の視察も行いました。また第一分科会では、熊本・大分の地震後の1年間の活動内容など、防災をテーマにパネルディスカッションを行う予定です。少しずつではありますが、着実に来年の福岡大会に向けて準備を進めています。来年の6月24日(土)に久留米市の久留米シティプラザにて行われますので、福岡県建築士会全体で盛り上げていきましょう!
青年・女性委員長 柴田 誠

福岡地域会「第53回 観月会」

初秋の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 毎年恒例の「観月会」を行います。(一社)福岡県建築士事務所協会福岡地域会、(公社)日本建築家協会九州支部福岡地域会にご協力いただき、(公社)福岡県建築士会福岡地域会主催で開催いたします。
 室見川袂の「三四郎」で新入会員を交えて開催いたします。伝統ある「観月会」にご参加頂き、皆様で「満月の夜」をしばし堪能いたしたいと思っております。
 多数のご参加をお願い申し上げます。
 またこの日、新入会員のオリエンテーション(対象:平成27年10月~28年9月入会者)を行います。建築士会福岡地域会の新入会の方は観月会の会費優遇措置あり!
 お気軽にご参加下さい。
【日  時】:平成28年9月16日(金)
       オリエンテーション18:10~18:40
       観月会19:00~21:00
【場  所】:お魚会席「三四郎」(新館)
       TEL(092)881-3001
       福岡市西区愛宕3-1-6(地下鉄室見駅から徒歩4分)
       室見川沿いのお店です
【会  費】:6,000円
       (お料理+飲み放題)
【申込〆切】:平成28年9月2日(金)
【定  員】:80名
       ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
       ※当日キャンセルの方は、会費をご請求させていただきます。
昨年の観月会 昨年の観月会
 ■ 申込書はこちらをご覧ください。
福岡地域会代表 柴田 成文
親睦・会員委員長 中村 建二

新入会員オリエンテーションのお知らせ

 暑さ厳しい折、いかがお過ごしでしょうか。
このたび、平成27年9月~28年8月にご入会された新入会員の方をお招きして、新入会員オリエンテーションを開催する運びとなりました。
下記のとおりご案内させていただきますのでぜひご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
(ご紹介者がおられる方はご一緒においでください)
日 時 : 平成28年9月16日(金)
     18:10~18:40
場 所 : お魚会席「三四郎」(新館)
     TEL 092-881-3001
     福岡市西区愛宕3-1-6
     (地下鉄 室見駅から徒歩4分)
      室見川沿いのお店です

建築士会とは?会員はどんな活動をしているの?などを担当委員会からご説明をさていただきます。
今後皆様が委員会活動を通してかけがえのない経験を積まれ、さまざまな方との出会いがあることを運営スタッフ一同心より願っております。
 終了後は、同会場にて19:00より正会員・賛助会員が参加する第53回観月会(お月見の会)を開催いたします。
 新入会の方は参加費(飲食費)6,000円のところを4,000円に割引させていただきます。
 この機会にぜひお気軽にご参加ください!

お申込み・お問合せ
 (公社)福岡県建築士会事務局
 TEL : 092-441-1867 / FAX : 092-481-2355
 E-mail : f-shikai@poppy.ocn.ne.jp

詳細内容はこちらをご覧ください。
申込書はこちらをご覧ください。
福岡地域会代表 柴田 成文
親睦・会員委員長 中村 建二

「建築関連法規の改正等」について講習会

この講習会はCPD認定プログラム(CPD申請中)です。

(主催) 一般社団法人 福岡県建築士事務所協会福岡地域会、公益社団法人 福岡県建築士会 福岡地域会
平成28年度の最新内容ですので是非ご参加ください。

◆ 講習会内容
 ● 建物省エネ法の施行について
 ● 定期報告制度の強化について
 ● 確認申請の手引きの改正について
 ● 狭あい道路拡幅事業ついて
 ● 福岡市景観計画の変更について
 ● 屋外広告物規格基準等の改正について
 ● 消防法令違反の事前予防について
 ● 消防行政の動向について
開催日時 会  場 定  員
平成28年10月26日(木)
13:30~16:45
福岡建設会館7F 701~702会議室
福岡市博多区博多駅東3-14-18
TEL 092-473-5506
100名
◆受講料
 (1)3,000円(建築士会会員、事務所協会会員)
 (2)6,000円(会員外)
福岡地域会 地域事業委員長 南 陽一郎

平成28年度 第1回法令講座

炎暑の候、ますますご清栄のことお喜び申し上げます。
福岡県建築士会福岡地域会では、第1回法令講座を下記の通り開催いたします。
お忙しいとは存じますが、皆様奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。
【 テ ー マ 】 「既存建築物の増改築・用途変更の取扱い」
【 講  師 】 福岡市建築指導部建築審査課より
【 日  時 】 平成28年9月9日(金) 18:30~20:30
【 場  所 】 天神ビル11F 9号会議室 (福岡市中央区天神2丁目12番1号)
【募集人員】 80名

詳細内容、お申込みはこちらをご覧ください。
福岡地域会代表 柴田 成文

第15回賛助会主催CPD講習会

 第15回福岡県建築士会福岡地域会、福岡県建築士事務所協会福岡地域会、両賛助会共催の講習会を開催致します。
 今回は「非住宅の木造化について」「ガラスフィルムによる安全・省エネ対策とワックスフリー床材」「金属屋根の現状と最新事例」をタイトル・テーマとして、木造建築の可能性や建物内部の考え方、金属屋根の動向など、この3項目ついての現状や最新情報を皆さまへお話させていただきます。
 震災の影響など時事情報なども考慮した講習会にしたいと考えています。
 1.日  時  平成28年9月29日(木) 13:30~17:00 (13:00受付開始)
 2.場  所  福岡建設会館 7階 701号会議室
         (福岡市博多区博多駅東3丁目14-18)
 3.受講料  無 料(建築士会会員・事務所協会会員) ※非会員1,000円
 4.定  員  60名(定員になり次第締め切らせていただきます)

 第1部 「非住宅の木造化について」
       ・木が生み出すここちよい環境づくり
 第2部 「ガラスフィルムによる安全・省エネ対策とワックスフリー床材」
       ・ガラスの安全対策と省エネ、建物内部維持の考え方
 第3部 「金属屋根の現状と最新事例」
       ・瓦などの屋根材と金属屋根の特徴比較


皆さま多数のご参加をお待ちしております。
主催 :(公社)福岡県建築士会福岡地域会 賛助会
    :(一社)福岡県建築士事務所協会福岡地域会 賛助会

詳細内容・申込書はこちらをご覧ください。
福岡地域会賛助会 栃原 伸一郎

7/28 福岡地域会 幹事会

平成28年7月28日(木)天神ビル 会議室に於いて福岡地域会幹事会を行いました。議題は、県本部情報、県委員会報告、地域会委員会活動状況等でしたが、特に今回は住まいるダイヤル、建築士試験、法令講習会、建築士の集い、全国大会、例会等について協議されました。会議の後、場所を移して19:00より恒例の賛助会と合同の納涼会を開催いたしました。今年の異常な暑さにお酒も進み、会話も弾み参加者の方々の交流も深まりました。
福岡幹事会 福岡納涼会
福岡地域会 副代表 中野 秀孝

福岡建築行政研究会 第11回定例会

 建築行政に関する研鑽を図ることを目的に設立された福岡建築行政研究会の第11回の定例会が平成28年8月8日(月)に開催されました。福岡建築行政研究会の構成会員は建築士会福岡地域会、事務所協会福岡支部、建築家協会九州支部福岡地域会、構造技術者協会九州支部、建築積算協会九州支部、建築学会九州支部福岡支所、建設業協会福岡支部、福岡市(住宅都市局建築指導部、消防局およびそのOB)であり、賛助会員として建築設備技術者協会九州支部、福岡県設備設計事務所協会が参加をされています。
 今回は、福岡市住宅都市局建築指導部より定期報告制度の強化について、建築物省エネルギー法について、杭工事に関する再発防止策等について、宿泊施設の整備に着目した容積率緩和制度について、民泊についての説明がありました。その後、各団体より行政に関する意見交換が行われ、情報の共有がはかられました。
 当日の資料は建築士会HPに掲載しています。

 → http://www.f-shikai.org/member/chiikikai_info.html?&area=40
福岡地域会 副代表 上田 真樹

「研修旅行2016」のご案内
~建築士会・北九州COSMOSクラブ合同研修旅行~

 (公社)福岡県建築士会北九州地域会では、優れた建築物等を見学し建築に関する造詣を深めるとともに、皆様方の親睦を図るため、一泊二日の研修旅行を企画いたしました。参加費も割安となっておりますので、お気軽にご参加していただけることと思います。より多くのご参加をお願いいたします。
なお、この研修旅行はNPO法人北九州COSMOSクラブと合同で行うものです。
1 【日  時】   平成28年10月29日(土)~30日(日)
            10/29   9:30 博多港 集合
            10/30  18:20 博多港 解散
2 【集合場所】  博多埠頭(ベイサイドプレイス博多)
            第2ターミナル ※9時20分までに集合。
3 【見 学 地】  ■ 1日目(10/29:土)
             岳の辻展望台、原の辻遺跡公園
             安国寺、一支国博物館 (設計:黒川紀章) ほか
           ■ 2日目(10/30:日)
             猿岩・砲台跡、鬼の岩屋、月讀神社
             壱岐の蔵酒造、松永記念館 ほか
        ※見学場所は行程の都合により変更になる場合があります。
4 【宿 泊 地】  国民宿舎壱岐島荘(HP:http://ikijimasou.com/
           (長崎県壱岐市勝本町立石西触101 TEL:0920-43-0124)
5 【募集人員】  30名(先着) ※両団体それぞれ15名
6 【参 加 費】  会員          22,000円
           一般(会員以外)   28,000円
           ※食事代(4回)を含む。
7 【申込期限】 平成28年10月7日(金)
8 【申 込 先】  北九州地域会 事務局(有限会社ゼムケンサービス内)
           TEL:093-922-9060 FAX:093-951-1000
           E-mail:shikaikita@seagreen.ocn.ne.jp
9 【申込方法】 北九州地域事務局まで電話、ファックス又はEメールでお願いします。
          ※ファックス又はEメールには「研修旅行2016」と記載し、
            「(1)参加者氏名」、「(2)フリガナ」、「(3)性別」、「(4)年齢」、
            「(5)当日の連絡先(携帯電話番号)」、「(6)CPD番号」を明記してください。
          ※傷害保険加入のため、必ずフリガナと年齢をご記入下さい。
北九州地域会 研修委員長 野村 明男

第12回関門地区(下関市・北九州市)景観ウォッチング&セミナーについて

 山口県建築士会下関支部と合同で開催する景観ウォッチング&セミナーの概要が決まりましたのでお知らせします。今回は、昨年の下関編に引き続き「関門地区の屋外広告物・サインについて」、門司港地区(北九州市)を対象に実施いたします。
 景観を構成する要素の一つである屋外広告物についての基本的な考え方や、屋外広告物についての理解を深めていただくための専門家による講演、その後門司港地区をウォッチングするとともに、ワークショップで議論を深めたいと思います。まちづくり関係者及び専門家の方々、また次代を担っていく若い大学・大学院生の皆さんと、和気あいあいながら熱い思いを語り合える意義ある機会にしたいと思います。参加募集等については次号でお知らせいたします。

【テ ー マ】  関門地区の屋外広告物を考える ~魅力ある景観とは~(門司港編)
【日  時】  平成28年11月19日(土)10:00~17:00
【会  場】  門司生涯学習センター3階 第1、第2会議室 (北九州市門司区栄町3-7)
【講  演】  「景観と屋外広告物について(予定)」
         講師:中牟田 麻弥 氏((公社)日本サインデザイン協会 常任理事)
【募集人員】  70~80名程度(大学生、一般(公募)、士会会員、まちづくり団体ほか)

北九州地域会 研修委員長 野村 明男

第2回「学生と建築を語る会」 学生の感想文

 私は、学校の先生から学生と建築を語る会についての説明を受け、建築の業務内容を具体的に知ることができるのではないかと興味を持ち、今回の企画に参加させていただきました。
 参加した後の感想としては、貴重な体験ができてよかったというのが一番です。今までは、私は設計職に就きたいとだけ考えており、 施工や行政の仕事についてはほとんど理解していませんでした。しかし、今回施工や行政の方の話もきいて、設計以外の仕事にも興味を持つようになりました。
 施工職の方が自分の仕事で感じるやりがいや、行政の仕事の魅力を聞いて、 自分の将来についてもう一度改めて考えたいと思いました。
 今回の企画に参加したことで、 建築についての視野が広がりました。
九州職業能力開発大学校 専門課程建築科2年 大畑 淳平
 今回、初めてこの会に参加しました。普段、プロの方々と話す機会はあまりないので、緊張感いっぱいでスタートしました。
 私が建築の道に進むことを決めたのは1年前。今までの夢を捨て、建築に道に進むからには自分の好きなことをしたいと思い、大工さんになりたいと心の中で思っていました。大学に行ってまで・・・という思いもあり迷っていたので、今回は思い切って気持ちをぶつけました。思わぬ返答に元気づけられ、「もっと勉強しよう」「多くの経験をしよう」と前向きな気持ちになれました。どんなこともまずはやってみる!という気持ちで、失敗を恐れず挑戦していこうと思います。
 大変貴重な経験ができたので、来年も参加したいと思います。
北九州市立大学 国際環境工学部 建築デザイン学科2年 麻生 菜摘
 

飯塚地域会 平成28年度第1回セミナーと県本部研修委員会共同開催
≪九州大学伊都キャンパス見学会≫

 前記見学会が8月19日(金)に行われました。
 今回は本部研修委員会との共同開催となり、多方面より多くの方に参加いただき大型バス1台を貸し切ったかなり大掛かりな見学会となった。
 まず2014年竣工、内藤廣建築設計事務所設計の「椎木講堂」に於いて九州大学の下川氏の説明を受けた後、施設内を見学、半円形のホールの音響における工夫、3,000人収容の多目的使用に対する工夫等を見て廻った。その後、正門脇にある「ビックオレンジ」にバスで移動し、ここに於いて「九州大学のPRビデオ」を見た後、坂井 猛教授により「キャンパス移転の経緯」や「配置計画における流れ、計画上の配慮」の説明を伺った。
 自然の多く残る丘陵地にこのような巨大な施設が出来るわけだから、水系や動植物の生態系等、自然環境に対する配慮や周辺との景観上のバランス、防塁等歴史的遺跡に対する対応、敷地内の勾配に対する対応、施設利用者のアクセスの問題、周辺を含めたこれからの街づくりの方向性、又大学(研究機関)の新しい方向性等々、多くの課題を解決していっているご苦労を感じた。
 その後、同教授の案内で歩いてセンターゾーンの見学を行った。段差解消策として考えられた「ユニバーサルレベルブリッジ」を利用し「全学教育ゾーン」からセンターゾーンのランドマーク的施設の「理学部施設」まで移動し、最上階から施設全体、及び遠く福岡の中心部までの見晴らしを堪能した。途中、学生たちの宴会等の施設「亭亭舎」に立ち寄った。コンクリートの建物群が林立する中、木造平屋の爽やかな施設だった。施設見学後、バスに乗って巨大な工学部棟建築群を見ながら建設中の農学部の施設群、グランド等の施設を見て廻ったが、自然が多く残る巨大な公園だ。維持管理の大変さを心配する。
 教授の丁寧な案内で3時間の見学時間はあっという間に終了した。
 見学会終了後は、「椎木講堂」の2階にある「ITORI・ITO」に於いて飲食しながら意見交換会を行った。炎天下の疲れもあってビールが事のほか美味しかった。飯塚より近畿大学の益田准教授も参加していただいていたし、かなり熱の入った議論が交わされていた。
 セミナー参加者は学校関係、行政関係を含め一般が10名、飯塚地域会以外の士会会員が8名、飯塚地域会員が17名の35名。意見交換会参加者はこのうちのメンバーと坂井教授を入れて28名だった。飯塚地域会に於いては景観に関する勉強会を行ってきたが、その流れに沿った有意義な見学会になったと確信した。
飯塚地域会 広報委員 荒木 正勝

特定空家等の判断に関する現地研修の開催報告(大牟田)

 雨で延期となっていた『特定空家等の判断に関する現地研修』が7月29日(金)に開催されました。
 場所は大牟田市にある特定空家。
 参加者は福岡県建築指導課、及びに大牟田市、久留米市、飯塚県士整備事務所、南筑後県士整備事務所柳川支所、京築県士整備事務所の建築指導課の皆さんと、福岡県建築士会浮羽地域会より1名、大牟田地域会より2名の参加となりました。
 最初、現地で建築物概要の説明があり、引き続き建物調査を行い、その後地区公民館にて調査内容の検証、判断基準の確認という順番にて研修が行われました。
 30度を超える猛暑の中、皆さん汗だくでの調査ご苦労様でした。
大牟田地域会 入家 雅彦

オリンピック余聞

 リオデジャネイロ五輪が閉幕した。日本のメダル獲得数は、金=12、銀=8、銅=21、計41個と、史上最多で、総数で7位、金メダル数では6位と大健闘した。選手の皆さん、おめでとう!そして感動を有り難う。今回は感動した場面が多かったように思う。中でも、テニスの錦織 圭が、シングルスで3位の銅メダルを獲得した時、大きく報道されたのは、1920年のアントワープ大会で、熊谷一弥(大牟田市)が、テニスのシングルスとダブルスで銀メダルを獲って以来、96年ぶりの事だからだ。
 因みに、1932年のロサンゼルス五輪でも、日本は金メダルを7個獲っていて、その1つが馬術大障害の、西 竹一(当時・騎兵中尉)で、各国から賞賛を受けた。しかし彼は、・・44年に、太平洋戦争の硫黄島の死闘で、その名誉を忍び名指しの投降呼びかけをされたが応じず、激戦の末、戦死したそうである。(西日本新聞)
 今回は、28競技・306種目で競技が行われたが、オリンピックの第1回は、BC776、190mの短距離競争で、優勝者名を記録するのみだったとか。そして、第18回のBC708には、これに長距離競争・レスリング・幅跳び・槍投げ・円盤投げ、の5種目が加わった。BC680に、4頭立て馬戦車の競争が加わったが、賞金や賭け事をめぐって問題化し、残虐性も帯びて堕落・退廃していき、4世紀に1度消滅したという。今回、ドーピング問題があったが、このオリンピックが、戦争などにより中止にならないように願いたい。
柘植 成光

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)

  [応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


[氏 名] 入家 雅彦(大牟田地域会)
[題 名] 清涼
ここは、大分県日田市天ケ瀬と玖珠郡玖珠町の境にある「慈恩の滝」と呼ばれる滝です。
滝が2段構えとなっていて、上段が20m、下段が10m、合わせて30mの落差があります。
滝の裏側にも入れる「裏見の滝」としても有名なところです。
夜間はライトアップされ、昼間とはまた違う一面も見せてくれます。
道の駅のすぐ隣になっていますのでお近くに行かれる際は行かれてみてはいかがでしょうか。
シネマサロンⅡ-2

「 料理 」をテーマとした最近の映画で、面白かった2本を紹介します。
 まず、1本目は『 マダムマロニーと魔法のスパイス 』(2014年)。舞台は南フランス、老舗フレンチレストランと、隣に開店したインド料理店の物語です。インド料理店の長と、ヘレン・ミレン演じるフレンチのマダムのかけあい、インド料理店の次男の天才的な料理センスや、おいしそうな料理が見ものです。
 もう一本は、『 シェフ 三ツ星フードトラック始めました 』(2014年)です。一流レストランをやめたシェフがキューバンサンドイッチをフードトラックで売るというロードムービーです。「アイアンマン」シリーズの監督だったジョン・ファヴローが、本当に自分が作りたい映画をやるんだと自ら製作・脚本・監督・主演を務め、アイアンマンよりずっと少ない製作費で作った作品です。ダスティン・ホフマンやスカーレット・ヨハンソンも出演しています。

福岡地域会 廣田 栄作

(公社)福岡県建築士会福岡地域会(旧福岡支部)賛助会 HPはこちら
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成28年9月1日発行 第123号 通巻第339号
発行:(公社)福岡県建築士会 石本元彦 編集:広報委員会 有澤廣己
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
荒木正勝(飯塚)、有澤廣己(福岡)、池田友三(北九州)、石本元彦(福岡)、入家雅彦(大牟田)、大嶌栄三(福岡)、末永美穂(事務局)、田中浩(福岡)、柘植成光(福岡)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。