(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成28年7月1日発行 第121号 通巻第337号

新役員紹介

新副会長 挨拶
 本年度より副会長の任命をうけさせていただくことになりました県南ブロックから選出されました大牟田地域会代表の荒木正美です。
 県南ブロックは久留米、柳川、浮羽、八女、大牟田の5地域会で構成され、会員数は約500名です。
 微力ではありますが、皆様とともにがんばっていきたいと思います。
 2年間どうぞよろしくお願いいたします。


新専務理事 挨拶
 本年度より専務理事を拝命した田中です。しばらくの間執行部から遠ざかっていましたが、石本会長の補佐役の一人として会員の方々と執行部と事務局の橋渡しになれる様にできればと思っています。
 多岐にわたる事業が山積し、事務局の対応も以前から比べると大変になっています。会員の皆様におかれましても地域会活動、県委員会活動の他、応急危険度判定、住まいるダイヤル住宅相談、ヘリテージマネージャー会議活動と熊本大震災後の活動、大変ご苦労されたと思います。
 これからも建築士会に対するご意見など宜しくお願いいたします。出来る事から対応し、より良い福岡県建築士会になる様頑張ります。
新常務理事 挨拶
 前期の専務理事に続き、今期は常務理事を仰せ付かりました。28、29年度の福岡県建築士会は九州ブロックの事務局の担当であり、大分での全国大会や来年度の「建築士の集い」久留米大会などのイベントがあり、大忙しだと思います。また最近は空家対策や耐震診断などの行政協力が増えてきました。いろいろな業務が増える中でも県本部が問題なく運営されるように微力ながら頑張りたいと思います。



建築士会全国大会「大分大会」

 今年の全国大会は、平成28年10月22日に隣県の大分で開催されます。
地震の影響でどうなるかと思いましたが、予定通り開催されます。
記念講演は「どうしたらもっと幸せになれるか、それを考えるのがデザイン」という演題で、いいちこのアートディレクターの河北氏、いいちこの製造元の名誉会長の西氏の講演です。会場は磯崎氏設計のビーコンプラザです。
隣県ということもあり、皆様多くの参加を宜しくお願い致します。全国大会の詳しい内容につきましては、会報誌建築士の5月号をご参照下さい。
 詳しいスケジュールや旅費については、後日メールにてご案内差し上げます。
 地震被災の影響で、大分県も観光客が激減しております。一つの支援として是非ご参加いただければと思います。
■テーマ:「おんせん県大分で湧き上がる多様な知恵」
■会 場:別府国際コンベンションセンタービーコンプラザ
 詳細内容につきましては、会報誌建築士の5月号をご参照下さい。
■申込締切日:平成28年7月29日(土)
■大会登録費(5,000円)は県士会が負担いたします。(正会員)
「大分」で開催されますので、より多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 なお、全国大会に参加予定の方は先にこちらの申込書を必ずご提出ください。

※ツアーにつきましては、検討されております地域会ごとに後日改めてお知らせいたします。

 飯塚地域会会員の方は筑豊・県南ブロックコーナーでお知らせいたします。

■お問合せ・お申し込み先:(公社)福岡県建築士会 事務局
TEL 092-441-1867  FAX 092-481-2355
E-mail shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

全国大会「大分大会」の詳細につきましては(公社)日本建築士会連合会ホームページをご覧ください!
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/zenkokutaikai/59th_oita/index.html
副会長 上田眞樹

第29回 福岡県美しいまちづくり建築賞

■募集期間
※募集期間が変更になりました。
 平成28年7月10(日)~8月22日(月) ※当日消印有効
 ※早めの応募・推薦をお願いいたします。
■応募部門
 《住宅の部》
  ・一戸建ての専用住宅。ただし、併用住宅で住宅部分の延べ面積が過半を占めるものを含みます。
  ・長屋建住宅及び共同住宅等の集合住宅、街区を形成する住宅群。
   ただし、複合用途で住宅の部分の延べ面積が過半を占めるものを含みます。
 《一般建築の部》
  ・原則として住宅の部以外の建築物を対象とします。
■表  彰
 大賞、優秀賞については平成29年5月(予定)に、所有者、設計者、施工者の代表者などの方に対して、福岡県知事等が表彰を行います。
 なお、協賛団体により(一財)福岡県建築住宅センター理事長賞を設けております。
■作品の送り先
 福岡県 建築都市部 住宅計画課内
 「福岡県美しいまちづくり建築賞事務局」
 TEL 092-643-3733
■インターネットでの応募
・「福岡県美しいまちづくり建築賞」で検索し、本賞のホームページにアクセスしてください。本賞のホームページ中の「インターネットでの応募」の欄に記載されている「インターネットでの応募はこちらからです。」をクリックし、応募画面にアクセスした上で、表示される手順に従い応募してください。
■郵送での応募
・所定の応募用紙2枚に必要事項を記入し、次の書類等を貼付して応募してください。
 ○図面B4サイズ1枚
 (設計趣旨、配置図、平面図(以上必須)、必要に応じて立面図、断面図等を表現したもの。)
 ○写真L版4枚以内

 ■選考の対象、応募方法等詳細は下記(福岡県ホームページ 第29回福岡県美しいまちづくり建築賞)をご覧ください。
 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kenchikusyo.html

平成28年度第二期 一級/二級/建築士定期講習(有料)

平成28年度第二期 一級/二級/木造建築士定期講習(有料)受講のご案内をいたします。

【受講申込書関係書類の配布時間】
  9:30~16:30(ただし、土曜日、日曜日、祝祭日は除く。)
【受講申込書配布場所】
  (公社)福岡県建築士会事務局
  (一社)福岡県建築士事務所協会事務局

※インターネットからダウンロードもできます。
  (公財)建築技術教育普及センターHP:
  http://www.jaeic.or.jp/koshuannai/teikikoshu/kteiki/kteiki_koshu28.html
【配布価格】 無料(受講を希望する方1人に1部)

☆8月分☆(公社)福岡県建築士会担当
【会場コード】 8A-01
【講習日】 平成28年8月3日(水)
【会 場】 福岡建設会館7階会議室
      福岡市博多区博多駅東3-14-18
【定 員】 200名
【受講料】 12,960円(消費税込み)[テキスト代含む]
【受付場所】 (公社)福岡県建築士会
         福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
         電話番号 092-441-1867
【受付時間・場所】 6月1日(水)~ 7月15日(金)
            9:30~16:30(ただし、土曜日、日曜日、祝祭日は除く。)
※講習の受付は申込受付順とし、受講申込者数が定員に達した場合、または極端に受講申込者が少ない場合は、希望する講習地及び講習日で受講ができない場合があります。

☆9月分☆(一社)福岡県建築士事務所協会担当
【会場コード】 8A-52
【講習日】 平成28年9月15日(木)  ※DVD講義の予定です
【会 場】 久留米ビジネスプラザ会議室C
      久留米市宮の陣4-29-1・TEL0942-31-3104
【定 員】 50名
【受講料】 12,960円(消費税込み)[テキスト代含む]
【受付場所】 (一社)福岡県建築士事務所協会
        福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館5階
        電話番号 092-473-7673
【受付期間・時間】 5月23日(月)~ 8月31日(水)
            9:30~16:30(ただし、土曜日、日曜日、祝祭日は除く。)
※講習の受付は申込受付順とし、受講申込者数が定員に達した場合、または極端に受講申込者が少ない場合は、希望する講習地及び講習日で受講ができない場合があります。
研修委員長 西村 敏幸

(公社)日本建築士会連合会平成28年度通常総会

 平成28年度通常総会が6月21日(火)建築会館で開催された。
議事としては、第1号議案、平成27年度事業報告及び平成27年度決算承認の件。第2号議案、平成28年度事業計画及び平成28年度予算報告の件。第3号議案任期満了による役員改選の件があり原案通り承認された。役員改選では、三井所会長が再任され、福岡県建築士会長も九州ブロック推薦による理事に就任した。
 なお、本年度の諸事業は、一級建築士の登録・閲覧事務を担う「中央指定登録機関」として、47建築士会協力のもとその遂行に引き続き万全を期すとともに、建築士の資質の維持・向上及び業務環境の改善を図り、以って公益法人として広く国民の福祉増進と自律的監督体制強化に一層寄与することを基本施策に掲げ実施することとなった。
会長 石本 元彦

(公社)日本建築士会連合会九州ブロック会 平成28年度総会

 去る、6月16日金曜日の午後3時より福岡市中央区大名のホテルモントレラスールで日本建築士会連合会九州ブロック会の平成28年度総会が開催されました。出席者は九州ブロック各県の会長他1名、開催地福岡県からは石本会長他6名、連合会からは山中副会長が出席されました。

議  題
 (1)前回会長会議議事録の報告(H28.3.4那覇市)
 (2)平成27年度事業報告、決算報告及び監査報告
 (3)平成28年度事業計画(案)及び収支予算(案)について
 (4)建築士の集い「宮崎大会」(6/25)について
 (5)第59回建築士会全国大会【大分大会】について
 (6)各県士会提出議案に対する質疑応答
 (7)熊本地震について
    ・熊本地震被災建築士会への義援金について
    ・熊本地震の今後の対応について

各議案承認の後に山中副会長より連合会報告及び連絡事項の説明がありました。熊本地震については、応急危険度判定、歴史的建築物被災調査、住宅相談、仮設住宅などについて活発な討議がなされました。総会終了後に懇親会が開催され、盛会裏に終了しました。
常務理事 上村 公仁隆

6/25 九州ブロック研究集会「建築士の集い」宮崎大会(総括)

 6月25日(土)に九州各地の建築士が集まり、建築士の集いが開催されました。
 九州各県による、地域実践活動報告の発表会は大分県の「まちに飛び出せ公務員建築士」が一位を獲得し、地元大分県で行われる全国大会に出場することになりました。福岡県は残念ながら入賞することはできませんでしたが、「楽しみながら防災を見につける」と題し、防災どんたくの10年の歩みをわかりやすい発表で大変好評でした。
 また、大会終了後の意見交換会ではフラダンス等のおもてなしから始まり、ステージ上で各県士会の紹介がされ、福岡士会は参加者全員が久留米絣のストールを身に着け来年度の建築士の集い『福岡大会』のPRをしました。美味しい料理等を通して、県や地域会をまたいでの活発な意見交換や懇親を深めることができました。
 来年の「福岡大会」を有意義な大会にするために力をあわせて頑張っていきたいと思いますので、皆様のご協力よろしくお願いいたします。
青年・女性委員長 柴田 誠

平成28年度九州ブロック研究集会「建築士の集い」 宮崎大会

 「建築士の集い」宮崎大会に初めて参加してきました。来年度の福岡大会の実行委員になった事もあり、前日の前夜祭から参加し、本大会・分科会(もうひとつの分科会)・意見交換会と翌日の見学会(こどもの国・ツリーハウス+青島ビーチ+油津商店街)までフルに大会を満喫する事が出来ました。今回の宮崎大会の開催に当たっては、約2ヶ月前に熊本地震が起き、熊本・大分に多大な被害が出て混乱した状況となったため、開催自体をどうするか?各県の代表が悩んだ中での開催でした。開催にあたり、分科会の内容を一部見直し“もうひとつの分科会(熊本地震を考える)”が設けられ、熊本の今の状況や阪神大震災経験者からの話などを共有する事が出来ました。大会を通して、各県の方と交流し、色々な活動や情報を知る事が出来て大変有意義な大会でした。
 来年は、いよいよ福岡大会が久留米シティプラザで開催されます!宮崎大会での熱気を引き継いで大会を盛り上げていきたいと思います。皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
福岡地域会 樋口 はる香

熊本地震に対する活動報告

熊本地震 被災建物応急危険度判定をおこなって
 4月23日、24日 福岡県の要請を受けて 急遽 熊本県の被災建物の応急危険度判定に向かいました。高速道路も寸断されていた状況の中で、一般道を大きく迂回して、現地対策の本部が置かれていた熊本県立盲学校にたどり着きました。そこには、すでに、全国から招集された行政職員の応急危険度判定士が数十人集まっており、担当地域の振り分けがなされ、判定調査の拠点となっていました。
 そこで、先行して活動されている福岡県の職員の方の指示のもと、我々、福岡の民間人の建築士は西原村を担当することになり、車で西原村の公民館まで車で向かいました。そこから先は2人1組になり、徒歩で、建物の応急危険度判定に向かいました。我々の最初に担当したエリアは、断層の近くということもあり、地震の被害は甚大で、倒壊した建物も多く、集落に残っている住民も疎らで、洗濯物や食事の跡がそのままのなっている家もあり、慌てて避難されたことが想像できる地域でした。道も瓦礫が散乱しており、調査する建物に近づくのにも瓦礫を乗り越えないと行けないといった状況で、一軒一軒、調査を始めました。調査を進めると一層、建物被害が甚大であることがわかり、自然の力に対して建物が如何に無力であるかを考えさせられ、心が締め付けられました。
 一方で、建築の専門家の建築士として、微力ながらも、この地震被害の応急危険度判定をとおして、役にたてたことは、とても良かったと思っております。
副会長 柴田 成文

「住宅補修専用・住まいるダイヤル」現場相談員の協力
 被災住宅の補修、再建に関する相談窓口として設置された住まいるダイヤルの相談員として、熊本県建築士会からの依頼で福岡県建築士会会員がお手伝いをさせていただきました。私が最初に出向いたのは益城町でしたが、非常に被害が大きく、倒壊した建物や崩れた擁壁、ガタガタになった道路に言葉もありませんでした。
 相談窓口へお電話される方の住宅は比較的被害が小さな方ですが、応急度判定にて危険と判定されているため、不安に思っていらっしゃるようでした。応急度判定の意義や、危険という判定の理由などを丁寧に説明する必要があると感じました。
 1時間程度の相談時間で、外観を目視で調査し、およその工事金額の提示と、九州のリフォーム業者さんの紹介が主な業務です。修理にお金をかけて意味があるのだろうか、今後も済み続ける事ができるのだろうか、という不安をお持ちの方が多かったようです。話を聞いてもらえるだけで、本当に嬉しかった、と喜んでいただけました。
 たくさんの相談が殺到し、建築士の数は足りません。福岡からの移動時間も含めると一人の相談員で1日3件が限度です。一人一人では小さな支援でも、建築士会という技術者の組織でお手伝いする事には、社会的にも大きな意義があると思いました。
副会長 上田 眞樹

-ヘリテージマネージャーの活動と社会的役割-
 時代は今やスクラップアンドビルドからストックの活用へと移行しつつあり、循環型社会において既存の価値ある地域の歴史的建造物を活用し、地域づくりに活かしていくことが求められています。地域に眠る歴史的文化遺産を発見し、価値を見いだし、保存し、活用し、地域づくりに活かす能力を持った人材を「ヘリテージマネージャー」と呼びます。
 (公社)福岡県建築士会では、平成25年より「福岡県ヘリテージマネージャー養成講習会」を開催し、歴史的建造物(民家、町家、社寺 等)について専門家を講師に招き、多くのカリキュラムを組み、座学、見学会などの講義を行っています。現在、福岡県では73名のヘリテージマネージャーが(公社)福岡県建築士会に登録されています。(公社)福岡県建築士会 まちづくり委員会の中にヘリテージマネージャー会議を組織し、地域に眠る歴史的建造物の掘り起こし、歴史的建造物の調査、地震等の自然災害による歴史的建造物の被害状況調査の模擬訓練などの活動に取り組んでいます。
 今般の平成28年熊本地震では一般の建築物はもとより、熊本城をはじめ、国重要文化財及び県市町村指定文化財建造物に甚大な被害が出ております。(公社)日本建築士会連合会 九州ブロック会では地震などの災害を想定し、平成24年から模擬訓練を熊本、大分、鹿児島で行っています。また、被災県の歴史的建造物の被害状況調査を支援する協定を結んでいましたので、福岡県建築士会が主管となって、5月20日~22日の3日間、熊本県内全域の313棟の歴史的建造物の被害調査を行いました。九州の各建築士会ヘリテージマネージャー延べ117名が参加し、福岡県建築士会からは12名のヘリテージマネージャーが参加しております。
 また、6月より文化庁主管の文化財ドクター派遣事業も始まり、建築学会、九州の各県建築士会及び建築家協会と連携した組織体制で熊本県内の震度5強以上の市町村の約1300棟の文化財建造物及び歴史的建造物の被害状況調査を行うことになっています。福岡県建築士会からは現在30名のヘリテージマネージャーが調査派遣員登録し、7月から調査に入ることになっています。
 今後、増々、ヘリテージマネージャーの社会的役割が大きくなり、社会的ニーズも増していくものと実感しております。
講習会 実測調査の調査の仕方の講義 講習会 実測調査の様子
熊本地震 九州ブロック会被害状況調査
調査前の打合せの様子(熊本士会事務局)
熊本地震 九州ブロック会被害状況調査
通潤橋 御小屋の調査の様子
まちづくり委員会 委員長 中島 孝行
「建築と法律」(7)
 今回は、製図の想い出話です。今年度の二級及び木造建築士試験「設計製図の試験」の課題が発表されました。受験される方は、今から十分な下調べをしていることと思います。
 私が受験した一級建築士の製図の課題は「緑豊かな吹抜け空間のある地域図書館」でした。何をもって「緑豊かな」というのか、温室のような吹抜空間にすることか、あるいは屋外の緑を借景にするのか、よくわからなかったような記憶があります。吹抜空間のこと、地域図書館のことについては、よく調べたと思います。
試験本番では、ジャングルのような吹抜空間を作り、終了間際に歩行距離で違法となっていることに気がつき、やむなく意匠的にはあり得ない場所に直通階段を慌てて書き足すなど、およそありえないプランとなりましたが、幸運にもこの年に合格できました(汗)。
福岡地域会 会員・弁護士 矢野間 浩司

会員のための無料法律相談のご案内

7月14日(木)に福岡市内で無料相談を開催いたします。
電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。
電話 : 0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司

福岡県ヘリテージマネージャー第4期養成講習会

 (公社)福岡県建築士会では、地域固有の歴史的風致を形成する歴史的建造物の価値を見いだし、保全、活用して良好な地域づくりに貢献できる能力をもつ専門家である「ヘリテージマネージャー(地域歴史文化遺産保全活用推進員)」の第4期養成講習会を建築士対象に開催いたします。
 講習会は60時間(15日間)かけて、歴史的建造物の保存・活用とそれを生かしたまちづくりについて、講義と演習で総合的かつ実践的に学びます。
 講師は大学教授、文化財建造物保存技術協会技術者、関連行政担当者、修復技術専門家等を予定しております。 全ての講習項目を受講された方は申請すれば「福岡県ヘリテージマネージャー」として登録されます。やむを得ず受講できなかった項目については次年度以降受講できます。

応募期間は平成28年6月20日(月)~7月29日(金)です。
所定の受講申込書にて応募下さい。

是非、この機会に受講されますようご案内申し上げます。詳しくは別紙をご覧下さい。
皆様のご参加をお待ちしております。

※詳細は下記をご覧ください。

ヘリテージマネージャー第4期養成講習会実施要項
ヘリテージマネージャー第4期養成講習会日程表
ヘリテージマネージャー第4期養成講習会カリキュラム
HMチラシ
まちづくり委員長 中島 孝行

平成28年二級建築士試験「設計製図の試験」受験直前準備講習会と
作図の練習(トレース)準備講習会

 学科試験の難関を突破すれば次のハードル ― 設計製図試験 ― 待望の建築士!!
このハードル「設計製図」は将来建築界で活躍する為の実力を問うものです。
 建築士会では、平成28年「設計製図」試験の課題を試験実務に精通した講師の先生方が、内容を十分検討し、あなたに個別指導をするスタイルで講習会を開催します。
 短期間での徹底した個別指導ですから、お忙しい方に最適です!本講習会は例年、参加者から好評をいただいており、合格率も高いので、ぜひ受講をおすすめします。
 初めて図面を描く方や作図に自信のない方のために、受験直前準備講習会の前に、作図の練習(トレース)を開催します。一級建築士を目指している方もご参加いただけます。

 尚、合格の暁には、免許登録後、建築士会にご入会されますようにお待ちいたしております。本講習会は例年、好評をいただいております。
 (特により懇切丁寧な指導と好評の4日間コースをおすすめします。)
 
受験直前準備講習会案内・申込書(二級・木造)  こちらをご覧ください!
受験直前準備講習会案内・申込書(一級)  こちらをご覧ください!
◎二級建築士試験「設計製図の試験」の課題
  景勝地に建つ土間スペースのある週末住宅 〔木造2階建て〕
    (公財)建築技術教育普及センターホームページ
    ↓
    http://www.jaeic.or.jp/shiken/2k/2k-seizu.html

◎木造建築士試験「設計製図の試験」の課題
  『専用住宅 〔木造2階建〕』
    (公財)建築技術教育普及センターホームページ
    ↓
    http://www.jaeic.or.jp/shiken/mk/mk-seizu.html
研修委員長 西村 敏幸

第10回福岡県景観大会に参加して

 5月21日、上記大会がアクロス福岡で開催され、福岡県まちづくり協議会の一員として参加してきました。ご存知のように、このイベントは福岡県各地の美しいまちづくりを多様な催しで紹介するもので、美しい風景と音楽のコラボレーションコンサート、子供から学生を含め各地の街づくり活動紹介、福岡の風景を味わう水上クルーズやオープントップバス、スケッチ教室、写真の撮り方教室、美しいまちづくり風景の絵や写真の展示が行われました。
 また同時に美しい景観選(絵画、写真)の表彰、屋外広告景観賞の表彰、美しいまちづくり建築賞の表彰が行われました。
http://www.b-machi.net/report/index.htmlで紹介されています)
 昨今、全世界的に街の美しさを競う傾向を特に強く感じます。
 美しいまちはそこで生活する人々にとっても、訪ねてくる人にとっても心地よさを感じさせてくれるものです。
我々建築を設計するものはその重要性を強く意識する必要があるように思います。
このような大会がさらに盛り上がり、市民の景観に対する意識が高まっていけばと感じています。
同時に隣接する中央公園でイベントが行われていたのでここにも参加してきました。
まちづくり委員会 景観部会 荒木 正勝

福岡地域会 賛助会総会

 去る、6月10日に大博多ビルの頤和園にて平成28年度の(公社)福岡県建築士会福岡地域会賛助会総会が開催されました。23社が参加し、昨年度と今年度の活動報告、会計報告等を行いました。委任状26社分も含め、報告は可決されました。
 思い返すと、昨年度はサルバトーレやキリン・ソウソウで行われた懇親会、大きな工場に感動したトステム有明工場や歴史を感じた万田坑の見学、まほろばの里大蔵で盛大に開かれた立春の会など、皆様と親睦を深める交流の場が多かったかと思います。
 総会後は、懇親会を行いました。今回親会から、石本会長、柴田地域会代表、上田副代表、古賀副代表にもご出席頂き、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
 話題は、やはり熊本地震についてです。少しずつ復興に向け、進んでいるようですが、まだまだ支援が足りていない状況とのこと。建築士会でも「住宅補修専用・住まいるダイヤル」の派遣依頼を行っている等、引き続き協力体制を整えているとのことでした。
 私も震災後、熊本のお客様のお手伝いをすることがありましたが、今私達にできること、それを実行に移すことが大事かと思います。建築士会のHPでは、日々お知らせを更新しております。是非「できること」がないか、HPチェック頂けたらと思います。
福岡地域会 賛助会 幹事 宅万 未夏

北九州地域会 6/7全員集会

 平成28年度北九州地域会全員集会を6月7日(火)ホテルアルモニーサンクにおいて、北九州地域会会員総数316名の内、33名の参加を得、柴田青年委員長の司会で、全員集会を開催しました。
 西村代表のあいさつの後、下記の報告事項を説明しました。
  (1) 推進体制(西村代表)
  (2) 27年度活動報告(開田前代表)
  (3) 27年度決算報告(平山幹事)
  (4) 28年度活動計画(西村代表)
  (5) 28年度予算計画(平山幹事)
 各項目報告後、数件の質問意見がありましたが、滞りなく報告が終了しました。
全員集会開式 西村代表挨拶 全員集会
 その後、事務局 鴛海レディース委員長の司会で懇親会が始まり、西村代表のあいさつの後、来賓(建築都市局指導部長 川口磯雄様、審査課長 國田久様)を代表し、川口指導部長様のご祝辞をいただき、その後、首藤副代表より、賛助会会員会社(日本ERI(株)様、(株)亜細亜土質エンジニアリング様)の紹介及び自己PRの後、國田審査課長様の乾杯のご発声で懇親が始まり、籠田副代表の中締め時間まで、地域会会員の親睦を深める時間を有意義に過ごし、盛会の内に、終了いたしました。
懇親会 来賓挨拶 賛助会紹介
乾杯のご発声 懇親会
北九州地域会 池田 友三

平成28年度第1回「筑豊の建築」セミナー案内
< 九州大学伊都キャンパス見学会 >

 飯塚地域会平成28年度第1回セミナーを本部研修委員会と共同で開催致します。
 昨年の景観勉強会で講師をして頂きました九州大学の坂井教授の案内で、九州大学伊都キャンパスの見学会を行いますので、飯塚地域会員はもとより、他の地域会の方、一般の方もお誘いの上ご参加して頂きます様ご案内致します。
(1) 【セミナー開催日】 平成28年8月19日(金曜日)
   【集合場所・時間】 ◆飯塚集合  飯塚市役所第3駐車場横(貸切りバス運行)
                         12時00分集合  12時10分出発
                ◆福岡集合  博多駅筑紫口
                         13時00分集合  13時05分出発
   【見学場所】     九州大学伊都キャンパス 14時から17時まで(CPD:申請中)
                (集合場所:ビッグオレンジ内)
                新キャンパス計画推進室 坂井 猛 教授による講演、案内
   【参加費】       会員:500円  一般者共:1,000円
   【募集人数】      50名 (申込順)
(2) 【意見交換会】    場所   九州大学椎木講堂2階「ITORI・ITO」 17:15~19:15
   【参加費】       会員、一般者共   4,000円
(3) 【帰 宅】       博多駅筑紫口:20時15分着、飯塚市役所横:21時20分着
上記内容で、参加者(会員以外も可)を募集致します、メール又はFAXで申込み下さい。
参加申し込みは7月20日(水曜日)までに必着、定員になり次第締め切ります。
担当者 事業部 曽根 康幸
飯塚地域会 iizukakenchikushikai@gmail.com
TEL:0948-22-6597    FAX:0948-22-9457

申込書はこちらをご覧ください。
飯塚地域会 代表 松尾 年勝
研修委員会 委員長 西村 敏幸

飯塚地域会平成28年度研修旅行
< 第59回建築士会全国大会 大分大会 >

 飯塚地域会平成28年度研修旅行を下記の日程で行います。
 大分県別府市で行われます「第59回全国大会 大分大会」に出席を計画しておりますので、是非ご参加して頂きます様ご案内致します。
【研修旅行開催日】  平成28年10月22日(土曜日)大会、23日(日曜日)
【集合場所・時間】   飯塚市役所第3駐車場横(貸切りバス運行)
              9時50分集合  10時00分出発
              大会会場に12時30分着予定、会場で昼食
【全国大会場所】   大分県別府市:別府コンベンションセンタービーコンプラザ
              参加費    18,000円
【募集人数】      25名   (申込順)
【大会参加内容】   昼食後、各自、展示物を観覧、記念講演等に参加
             15時から17時までの大会式典に全員参加
【宿泊ホテル】      別府 花菱ホテル(1室4名、夕朝食)
【23日見学予定】   大分県立美術館、JRおおいたシティー大分駅ビル
              安心院葡萄酒工房(昼食)、福澤諭吉記念館
上記内容で、会員の参加者を募集致します、メール又はFAXで申込み下さい。
参加申し込みは7月20日(水曜日)までに必着、定員になり次第締め切ります。
担当者 事業部 曽根 康幸
飯塚地域会 iizukakenchikushikai@gmail.com
TEL:0948-22-6597    FAX:0948-22-9457

申込書はこちらをご覧ください。
飯塚地域会 代表 松尾 年勝

飯塚地域会 平成28年度第2回幹事会

 飯塚地域会の平成28年度第2回幹事会が6月10日、賛助会員を含め立岩公民館に於いて行われ。
次の議題が討議されました。

 (1)平成28年度第1回セミナー
    (九大伊都キャンパス見学)について
 (2)平成28年度賛助会員合同事業について
 (3)その他、1.筑豊ゼミ参加について
         2.全国大会(大分)出席案内について

参加幹事は13名、賛助会員2名でした。
飯塚地域会 広報委員 荒木 正勝

久留米地域会 平成28年度全員集会及び懇親会

 6月10日に平成28年度久留米地域会「全員集会」及び懇親会をBSクラブにて開催しました。
 活動報告、収支報告等の後、役員改選により新体制が発足しました。平成29年度には、「建築士の集い」福岡大会が開催され、会場となる久留米としましては充実した研修とおもてなしの心をもって九州ブロックの会員の皆様をお迎えすることを目標とし、加えて熊本・大分の震災、最近の豪雨等でお疲れの皆さんが一時でもほっと出来るような時間を作れるよ頑張ろうと改めて確認しました。
 福岡県全体で一体となって有意義な大会になるよう頑張りましょう。
全員集会 懇親会
久留米地域会 直前代表 藤木 博文

呪文(2) 旗手に立て掛け・衣食住

 日頃の仕事の中で、営業や訪問、来客などの場面、自己紹介や挨拶のあと、話が途切れて空白の時間はつくりたくないもの。用件を切り出す前に雑談や世間話をしたいのだがさっぱり話題が浮かばない時、四方山話が苦手な人もいる。営業マンはそつなく話を繋いで用件へと盛り上げるが、技術畑の人間は得てして話が上手でない人が多い。営業マンは先ず自分を知って貰えと言われるが、いきなり身の上話をするわけにいかない。
 そんな時は「キシュニタテカケ衣食住」と呪文を唱えよう。キ=気候、シュ=趣味、ニ=ニュース、タ=旅(旅行)、テ=テレビ(人気番組・流行話題)、カ=家族・家庭(ペットなども)、ケ=健康・病気、衣=着衣・ファッション、食=食べ物・グルメ、住=住まい・建築。この中から一つや二つは頭に浮かぶ筈。先ず気候の挨拶なら誰でもできるだろう。今日の日和やここ数日の天候、暑い寒い、大雨、異常気象、地球温暖化など。趣味は無くとも好きな食べ物嫌いな食べ物、まして住宅など建築の専門分野はお手のもの。注意すべき点は、野球やサッカーの話で贔屓がライバル球団の時はあまり触れないで切り上げる事、政治の話はしない事、だんだん厄介な事になる恐れがある。又、調子に乗って長々と喋らないように、そして、「所で」と、用件に繋げよう。
柘植 成光

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)

  [応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


[氏 名] 渡邉 佳代
[題 名] 巨木杉の力
宮崎県椎葉村十根川神社内、平家追討の将、那須大八郎宗久の手植えと伝えられる八村杉。
樹齢800年、幹回り19m、樹高54m。今まで見た巨木たちにはない、苔を蓄えた幹の美しさ、力強く生命力溢れる姿に魅かれシャッターを押した。

[氏 名] 入家 雅彦
[題 名] 水彩
今回は睡蓮の画像を選んでみました。
6月から咲き始める睡蓮の花…7月が最盛期で8月いっぱいは見頃のようです。
花言葉は『清純な心』『信頼』
早朝にキレイな花を咲かせるので、皆さんも少し早起きして見に行かれてみてはいかがですか。
お知らせ

川柳コーナー・シネマサロンは、投稿が集まり次第、不定期で掲載します。

(公社)福岡県建築士会福岡地域会(旧福岡支部)賛助会 HPはこちら
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成28年7月1日発行 第121号 通巻第337号
発行:(公社)福岡県建築士会 石本元彦 編集:広報委員会 有澤廣己
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
有澤廣己(福岡)、池田友三(北九州)、石本元彦(福岡)、入家雅彦(大牟田)、上村公仁隆(福岡)、大嶌栄三(福岡)、善敏治(福岡)、田中浩(福岡)、末永美穂(事務局)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。