(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成27年11月2日発行 第113号 通巻第329号

第18回「日・韓・中建築士協議会」(福岡会議)

 (公社)日本建築士会連合会では、1997年より、韓国、中国の登録建築士団体が一堂に会して「日・韓・中建築士協議会」を年1回の開催を行ってきました。
 1997年に北京市で第1回の同協議会をスタートし、同協議会の国内開催は、第3回大阪(1999年)、第6回沖縄(2002年)、第9回札幌(2005年)、第12回伊勢(2008年)、第15回横浜(2011年)、と3年に一度、ホスト国としての開催を続けています。
 第18回目を迎える本年は、平成27年11月30日(月〉~12月3日(木)の期間に福岡で開催することとなり、本会も開催へ向けて協力・支援しています。
 建築士の国際間の問題は、APECエンジニア/アーキテクトをはじめ、年々重要性を増し、「日・韓・中建築士協議会」も、そういった認識から隣国である中国、韓国との相互理解、情報交換、技術交流、友好等の目的で、建築に関する様々な問題に関して共通のテーマをあげてきました。
 特に今回は、新たな試みで会議場から外へ飛び出し「まちの再生と創生」をメインテーマとした「ワークショップin八女」(人材交流プログラム体験ワークショップ)を12月1日(火)に八女市福島地区にて開催をします。
 これは、「まちあるき」を通して町並みや保存建築物を見て、各国の建築士、地域の方々、及び町や建築に興味のある学生などがひとつになって見識を深め、日本人、外国人、学生といった異なる立場から新たな発見から、より一層の国際感覚と交流という一体感が生まれることを希望しています。
 参加いただいた皆様にとって実り多いものとなることを期待しています。

■期間 : 2015年11月 30日(月)~12月3日(木) 3泊4日
■日程 :
日時 内容 場所
2015年11月30日(月) 13:00~ 到着  福岡国際空港
15:00~ サミット会議 ホテルモントレ ラ・スール福岡
18:00~ 歓迎会 ホテルモントレ ラ・スール福岡
2015年12月1日(火) 08:00~ ワークショップ(終日) 福岡県八女市
2015年12月2日(水) 08:00~ 協議会/テーマA ホテルモントレ ラ・スール福岡
09:00~ 協議会/テーマB ホテルモントレ ラ・スール福岡
09:15~ 協議会/調印式 ホテルモントレ ラ・スール福岡
13:30~ テクニカル・ツアーA 長崎ハウステンボス施設見学
2015年12月3日(木) 08:00~ テクニカル・ツアーB 佐賀県有田町
  13:00~ 帰国 福岡国際空港
昨年の「日・韓・中建築士協議会」仁川大会(韓国)

第18回 日・韓・中建築士協議会(福岡会議)プログラム概要はこちらをご覧ください!
副会長(国際委員) 柴田 成文
建築周辺コラム(58) ~債権法改正案~
 ごくまれに、「和議」という言葉が出てくる契約書を見ますが、既に「和議」という制度はありません。
 以前にも民法の債権関係規定に関する改正が予定されていることについて触れましたが、この改正案では、請負について、身近であった「瑕疵」という言葉は使われなくなり、代わって、「種類又は品質に関して契約の内容に適合しない」という表現になる予定です。したがって、しばらく先のことではありますが、改正後は「契約不適合」等と呼ばれるようになるでしょうか。
 但し、品確法等では、「瑕疵」の文言は残し、その定義を置くことが検討されているようです。そうなれば、瑕疵という文言は法文からも完全にはなくならないようです。
準会員 弁護士 川口 珠青

小中一貫、中高一貫の教育施設を見る

 福岡市立舞鶴小学校・舞鶴中学校と西南学院小学校・西南学院中学校・高等学校を見学します!
 学校は、そのまちの佇まいや風景をつくる、いわばまちのシンボルともいうべき施設です。
 小中一貫、中高一貫という教育システムの変化に伴って、また、わたしたちの社会活動の変化に伴って、その姿も変化していきます。少しずつ変わっていく、福岡市内の学校を2校見学します。
■福岡市立舞鶴小・中学校
 ・11月21日(土)午後14:00より2時間程度
 ・説明:(株)日建設計 吉生氏、リ氏、阿納氏
 ※詳細は、こちらをご覧ください。
■西南学院小学校 西南学院中学校・高等学校
 ・12月5日(土)午後14:00より2時間程度
 ・説明:鹿島建設(株) 渕上氏、井上氏、大須賀氏
 ※詳細は、こちらをご覧ください。
研修委員 高田 宏明

福岡県ヘリテージマネージャー第3期養成講習会だより

 第4回以降の報告をいたします。第4回は、登録有形文化財の調査及び報告書の作成の仕方を学習しました。県文化財保護課の田上稔先生より登録有形文化財の手続きについて(株)河上建築事務所の河上信行先生より調査の仕方、報告書のまとめ方についての講義をしていただき、田上先生とスタッフで建物所有者へのヒアリング(聞き取り)調査を想定した寸劇を交え注意点等を紹介しました。
 第5回は、これまでの講義から初めて外での演習となりました。実測調査の演習で八女福島の伝建地区内の市指定文化財の旧木下家住宅離れ座敷、ゲストハウス川のじ主屋、北島家主屋の3棟の町家を対象にしました。講師の建築士会 花吉朝陽先生より調査や写真撮影の仕方の説明を受け、3名のチームを編成し、指導を受けながら実測しました。野帳と平面図作成が次回までの課題となりました。
 第6回は、九州大学の岸泰子先生より博多の中世から現代までの変遷を中心とした都市形成史を、(公財)文化財建造物保存技術協会の東坂和弘先生より重要文化財修復の技術の具体的な内容を中心に伝統建築物(木造)の工法について講義をしていただきました。
第5回 講師 花吉先生 第5回実測調査の様子
第6回 講師 岸先生 第6回 講師 東坂先生
まちづくり委員会 委員長 中島 孝行

第8回まちづくりコーディネーター養成セミナー in 香陵

 秋晴れの10/3日、イオンモール香椎浜内の研修室(イオンモール)に、11名が集合しました。
 本セミナーは、これまで歴史的な街並みの保存・活用で頑張っている地域を主に取り上げてきましたが、今回は、一昨年に施行された「福岡市地域まちづくり推進要綱」に則り、新たなまちづくりルールづくりに取り組んでいる香陵校区を視察し、参加者でルール(案)について意見交換をしました。
 香陵校区は、もともと昭和48年に福岡市の人口増に対応するための受け皿として埋めたてられた地区であり、道路・公園等のインフラが整備された地区です。さらに昭和60年代初頭には福岡地所の企画、磯崎新氏の総合コーディネートによって「ネクサスワールド」が建設され、個性ある建物が建っているものの、セットバックによる歩道状空地、壁面線の統一等が図られ、非常に住環境が整った街並みが存在しています。しかしながら、将来、国際交流会館(留学生会館)や西鉄香椎浜営業所などの移転に伴い、土地利用が転換する恐れがあります。このため、香陵校区まちづくり協議会は、校区の良好な住環境・街並み等を守り,育っていくため、平成25年からまちづくりルールに取り組んでいます。ルールの基本的な方向は、「守るべき数値基準」「守るべき定性的基準」「計画に取り入れて欲しい配慮事項」の3本柱であり、事業者との粘り強い事前協議によってまちづくりへの協力をお願いするものとなっています。
 このまちづくりルールは、法的拘束力はありませんが、事業者に事前にルールを知らせ、基本構想の段階で事前協議ができることが重要な点です。
 香陵校区が、この要綱に沿ってのルールづくり第1号となっています。この要綱は、良好な住環境等を守り、育っていくための手段としては、非常に使い勝手のある制度ですので、多くの市民がこの制度を知り、活用されることを期待したいものです。
香陵校区を約1時間かけてまち歩き まちづくりルールについて気になること、
提案等の意見を出し合う
山田 龍雄

(株)安川電機 旧本社棟保存・活用工事見学会に参加して

 北九州市黒崎の安川電機は今年創業100年を迎え、新社屋へ移転しました。それに伴い昭和29年完成、アントニン・レーモン設計の旧社屋は特徴的な講堂シェルと玄関キャノピーを保存活用し、他は解体されることになりました。
 まさに解体と保存修復工事のさなかを清水建設OBの丸田氏のお世話で見学することが出来ました。 概要説明と案内を施主である安川電機の小手川氏、三菱地所設計の野嶋氏、清水建設の濱口氏にしていただきましたが、丁寧な案内で当時の緻密な設計と施工に見学のみんなは感心しきりでした。
 今回の保存方法はレーモンド設計の本社屋のほんの一部を用途替えして保存するのですが、図面や写真、その他いろんな資料とともに貴重な建築の部位が保管展示されるし、3Dスキャンで当時の建物の様子が再現できる方法をとられるらしく、一つの建築記憶の方法として有りだなという印象を受けました。
 出席は、ヘリテージマネージャー受講経験者の13名でしたが。好天に恵まれ非常に有意義な体験をすることが出来ました。
まちづくり委員会 景観部会 荒木 正勝

福岡市グリッピ キャンペーン(都市緑化月間行事)
「今回は竹のトンネルとパオ作りに挑戦しました!」

 昨年は天神中央公園で行われましたが、今年は福岡城内の舞鶴西公園で行われました。将来は大濠公園と合体して福岡セントラルパーク公園になるところです。 とにかく広い! 空も広く、緑もいっぱいのところです。
 従来通りテントのなかでのイベント計画をしている団体もたくさんありましたが、こんな広い場所、広場を活用しない手はないと、私たちは今回、テントから脱出してパオづくりをすることになりました。
 早速、竹の調達を福岡市に相談に行きました。今津の山林へ竹の伐採。
 10m以上ある真竹を250本切り出しました。それから加工~組み立て。材料がそろいました。施工の難関は建込み。この広場は福岡城跡で埋蔵文化財指定地区であり地面を掘ることができません。木製の下駄ばき基礎を倒れないように、鉄筋で地面打ち込み、取り付けることで何とか成功!学生さんや地域の方々とみんなで作ることはとても楽しいものでした。イベントのたった2日間で壊すのはもったいない気がしましたが、家族で訪れてくれた子供たちの笑顔は最高でした。 私たちも一緒に十分遊んでもらいました。手伝ってくれた学生さん達もこの喜びを感じたはずです。来年はまたグレードアップしてまた挑戦したいものです。みなさんお疲れ様でした。
まちづくり委員会(景観部会) 角銅 久美子

全国女性建築士協議会

 9/25、26の二日間、全国女性建築士協議会に参加いたしました。テーマは、「未来へつなぐ居住環境づくり」~次世代へ伝えたい、こと・もの・くらし~でした。
 一日目は初代連合会会長の村上美奈子氏による基調講演から、多様な年代、職業で活躍されている女性のパネルディスカッションで、福岡県建築士会の籠田淳子さんがパネリストとして登壇されました。お話をお聞きし、女性建築士だからこそできること、気づくことが様々にあり、地域社会に貢献できるのだと感じました。そして、全国にこれだけの仲間がいてよりよい居住環境づくりへのパワーを感じ、大変励まされました。
 二日目は、E分科会に参加させていただきました。テーマは「景観まちづくり」でコメンテーターは山口県の方でしたが、北九州地域会が長年共同で企画を行っている「関門景観ウォッチング&セミナー」の事例紹介でしたので、私も参加経験がありましたので、他県の方にいろいろとご説明しました。
 特に驚かれていたのは、行政との協力体制でした。また、一般市民も巻き込み、今年10年目でかなり専門的な内容を行っているということにも他県の皆さんが感心されており、どのようにして今の状態になったのか、積極的に質問が飛び交いました。
 改めて、福岡県や、北九州地域会の活動のクオリティの高さを認識し、とてもうれしく感じましたし、ますます活動を頑張っていきたいと思いました。大変貴重な機会をありがとうございました。
青年委員 鴛海 奈緒子

平成27年度一級・木造建築士試験「設計製図の試験」

 10月11日(日)九州産業大学にて、一級・木造建築士試験「設計製図の試験」が行われました。

  [一級・木造建築士試験「設計製図の試験」実施結果表]
  受験予定者数 実受験者 欠席者
一級 福岡 367 365 2
一級 他県より 6 6 0
木造 福岡 5 5 0
木造 他県より 0 0 0
378 376 2
 試験業務関係者の皆様、ご協力いただきましてありがとうございました。
建築士試験委員長 田中 浩

二級建築士「設計製図の試験」試験監理補助員 感想文

 この度、試験管理補助員をさせて頂きとても良い経験になりました。試験会場では、受験者の皆さまの意気込みが感じられ、非常に良い刺激を受けました。将来的に自分も乗り越えなければいけない試験ですので、実際の空気を感じることができ、これからより励んでいく良いきっかけとなりました。とても緊張はしましたが、滞りなく終えることができ良かったです。休憩もこまめに取らせていただいたり、気さくに話し掛けていただき非常に働きやすい環境でした。今回お世話になりました皆さまには、親切に指導して頂き非常に感謝しています。ありがとうございました。
九州産業大学 工学部 住居・インテリア設計学科 田部 堅大

第9回三味線演奏会

 10月10日、福岡市中央区の警固神社・神徳殿で、第9回三味線演奏会を催しました。
 三味線だけの演奏や長唄・小唄・博多古謡と色々な邦楽を楽しんでいただけた秋のひと時でした。皆様のご来場ありがとうございました。
杵屋 佐和成

第11回関門地区(下関市・北九州市)景観ウォッチング&セミナー

 北九州地域会では山口県建築士会下関支部と合同で、平成16年度から関門地区の景観を守り育てる活動を行っています。11回目となる今回は、下関市を対象にして屋外広告物をテーマにウォッチング&ワークショップを開催いたします。屋外広告物と景観について、参加者の皆様と、和気あいあいながら語り合える意義ある機会にしたいと思いますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。
【日時・場所】
  平成27年11月23日(月・祝)
  10:30~17:00 唐戸市場2階会議室
  集合時間・場所 10:10 関門連絡船 門司港桟橋
  ※門司港で集合し、渡船で唐戸へ行きます。
【募集人員】 先着70名
【参加費】 無料
【概要】 ちらしをご参照ください。
【申込期限】 平成27年11月13日(金)
【申込先】 北九州地域会事務局
       Tel:093-922-9060 Fax:093-951-1000
       E-mail:shikaikita@seagreen.ocn.ne.jp
【申し込み方法】
北九州地域会事務局まで電話、ファックス又はEメールでお願いします。
※ファックス又はEメールには、「関門地区景観ウォッチング&セミナー」と記載し、(1)参加者 氏名、(2)フリガナ、(3)性別、(4)年齢、(5)住所、(6)当日の連絡先(携帯電話番号)、(7)CPD番号(必要な方のみ)を明記してください。※傷害保険加入のため、必ずフリガナ、年齢、住所をご記入下さい。
北九州地域会 野村 明男

児童絵画展表彰式

 さる10月24日(土)に(一社)福岡県建築士事務所協会北九州支部主催の児童絵画展表彰式に出席して、(公社)福岡県建築士会北九州地域会賞を授賞してきました。
 受賞者は小学校6年生の女子で、受賞に際してのその素直な言動に、とても好感と将来への期待感が持てました。
 同時に我々年配者も昔を思い出し、少しでも素直な気持ちを取り戻し、これからの日々の暮らしに役立ててはと思ったところです。
 尚、会場は北九州市の関係者や父兄も含めて、数百人の出席者で溢れ、盛況の中で行われました。
 思うに、建築士事務所協会もきっちり社会貢献を行っているなという印象と、当士会も負けていられないなという感想を持った次第です。
北九州地域会 代表 開田 一博

第2回景観勉強会

 飯塚地域会第3回セミナーとして「第2回景観勉強会」を次の内容で行います。
第1回勉強会は40人の参加を頂き、大変有意義な内容だったと、好評をいただきました。今回はさらに有意義なものとすべきプログラムを用意しました。
地域会員の人はもとより、他の地域の方、又一般の方も参加して頂きます様ご案内いたします。
 尚この勉強会はシリーズとして3回行う予定で、最終回は来年2月を予定しています。
【開催日時】 平成27年11月21日(土)
        17:00~19:00(受付16:30~)
【会   場】 飯塚市立岩公民館  研修室
        (飯塚市新飯塚20-30 TEL:0948-23-6000)
【定   員】 40名程度(申込順)
【参 加 費】 建築士会会員:無料
        会員外:1,000円
※参加費は当日現金を持参してください
【内   容】 (1)(仮)世界及び日本の都市景観  約90分
           九州大学工学部建築学科 坂井 猛教授
         (2)(仮)飯塚市のまちづくりと景観 約30分
           飯塚市都市計画課及びまちづくり推進課
        ※意見交換会 19:30~(場所検討中)
【担 当 者】 事業部 曽根康幸 、広報部 荒木正勝
         TEL 0948-22-6597
飯塚地域会代表 松尾 年勝

ブリヂストンの創業者、石橋正二郎氏を通して見る「まちづくり」とは

 現在の久留米の街並みは、業界トップレベルのブリヂストンの創業者である、石橋正二郎氏が一翼を担ったと言っても過言ではありません。今や市民の憩いの場となっている石橋文化センター正門に刻まれた、「世の人々の楽しみと幸福の為に」という言葉。
 今回、石橋正二郎氏にまつわる、普段はなかなか見ることが出来ない建物や街並みを見学することにより、まちに住み生活し、又は働く者としてあるいは「建築士」として、<「まちづくり」 「社会貢献」へどのように関わっていくか>のヒントを探り、意見交換をしていきたいと思います。是非ともご参加下さいますようよろしくお願い致します。
【日   時】 平成27年11月27日(金)
        9時30分集合 ※(9時40分 バスにて出発)
【集合場所】 西鉄久留米駅 日本生命ビル前 
【参 加 費】 建築士会会員/2,000 円
        一般(大人)/3,000 円
        一般(学生)/1,000 円
        ※昼食代については、各自ご負担下さい。(¥1,000前後)
【募集人数】 20名 (定員になり次第締め切らせて頂きます。)
※ 当日のキャンセルは、後日実費請求させて頂きます。(前日 PM5:00までキャンセル可)
※ 参加費は当日徴収致します。(領収書が必要な方は、下記に宛名を明記下さい。)
※スケジュールはこちらをご覧ください。
※地図はこちら をご覧ください。
※申込書はこちらをご覧ください。
専用デッキからの工場見学 石橋迎賓館 千栄禅寺
久留米地域会代表 藤木 博文

九州芸文館と天然自然素材の建築材料見学会

 このたび筑後市にある九州芸文館と天然自然素材の建築材料の『見学会』を下記の通り企画しましたので、ご案内いたします。
 どうぞご参加ください。お待ちしております。
【日   時】 平成27年12月6日(日) 13:30より
【場   所】 (1)九州芸文館…
          本館棟・アネックス1・「第一回福岡県木造・木質化建築賞」受賞建築物 アネックス2
        (2)NPO法人矢部川流域プロジェクト 古民家ビレッジ…
          地場の天然自然素材を使用した建築材料の展示(内容の一例を添付しています)
【集   合】 JR筑後船小屋駅 新幹線側 (九州芸文館前) 13:00
【参 加 費】 無料
        ※九州芸文館の駐車料(2時間無料、以降1時間ごとに100円)のみ自己負担
        ※古民家ビレッジの駐車料は無料
【定   員】 20名
【申込期限】 平成27年11月30日 ※CPD単位申請中です。
※ちくご古民家ヴィレッジはこちらをご覧ください。
※申込書はこちらをご覧ください。
久留米地域会 丸山 紀子

県南ブロックレクリエーション

 10月4日(日)に県南ブロックレクリェーションを八女地域会が幹事で開催しました。
 すがすがしい秋空のもと、全面天然芝の筑後広域公園を片道20分程の散歩をしていただき、新幹線船小屋駅傍の県立九州芸文館を館長さんの説明を聞きながら見学、来年オープン予定のソフトバンクホークス2・3軍のホームグランドの建設中の建物を遠目に見ていただきました。
 その後、船小屋温泉「恋ぼたる」で会食・温泉三昧、ゆっくりとした時間を過ごしていただき、筑後の魅力をご堪能いただきました。
八女地域会代表 井本 政弘

文房四寶

 

筆者のアトリエの机上。 左から、端渓硯、歙州硯、若田硯。
羊毛筆、兼毫筆、馬毛筆、鼬毛筆等。 松煙墨、油煙墨、青墨等。
書道倶楽部 主宰 渡邉 佳代

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)

  [応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


[氏 名] 入家 雅彦
[題 名] 彩り
この写真は、昨年のものとなりますが、太宰府天満宮の南に位置しています光明禅寺というお寺の画像です。
紅葉のピークは、11月半ば過ぎから月末にかけてですが、毎年大勢の方達が、こちらの紅葉を見に来られます。
もし、お時間が取れるようでしたら感動のひと時を味わいに行かれてみてはいかがですか。
シネマサロン
今月は休刊です。次回をお楽しみに。

おすすめな映画・書籍の紹介を募集いたします。
映画好きな方、読書好きな方、是非ご投稿ください。
福岡県建築士会事務局 shikaifu@crocus.ocn.ne.jp  までお願いします。

会員のための無料法律相談のご案内

 11月8日(金)に福岡市内で無料相談を開催いたします。
 電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。
 電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司

(公社)福岡県建築士会福岡地域会(旧福岡支部)賛助会 HPはこちら
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成27年11月2日発行 第113号 通巻第329号
発行:(公社)福岡県建築士会 石本元彦 編集:広報委員会 有澤廣己
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
荒木正勝(飯塚)、有澤廣己(福岡)、池田友三(北九州)、石本元彦(福岡)、上村公仁隆(福岡)、大嶌栄三(福岡)、善敏治(福岡)、柘植成光(福岡)、末永美穂(事務局)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。