(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成27年10月1日発行 第112号 通巻第328号

第15回会員作品展 2015 秋・冬号

会員作品展2015秋・冬号に4点のご応募がありました。
詳細は、建築士会ホームページから会員作品展をご覧ください。

会員作品展 2015 秋・冬号

広報副委員長 大嶌 栄三
NO1. 増田整形外科内科医院
( シコウ+デ+サイン一級建築時事務所. )
NO2. 飯倉の家
( 松尾 強 一級建築士事務所 )
NO3. 愛香園茶寮 西新店
( 株式会社 広田工務店 )
NO4. さこ歯科医院
( 有澤建設 株式会社 )
建築周辺コラム(57) ~予算超過~
 新国立競技場の計画が白紙撤回されてから、メディアでもこの話題が良く取り上げられました。結局、撤回のきっかけが工事費だったことには、個人的には色々と思うところはありますが、多くの人に建築に興味を持っていただくのはマイナスではないと思っています。
 さて、ステージは違いますが、予算超過の設計に関する裁判例としては、東京高裁平成21年4月23日判決などがあり、設計料の返還の要否についても結論が異なります。その違いの理由は、建築主の予算超過の予見可能性にあるとも分析されています。結局は、設計者自身がきちんと予算超過の程度を把握・説明し、都度、建築主の了解を得ながら進めることが有用であると考えられます。
準会員 弁護士 川口 珠青

福岡県ヘリテージマネージャー第3期養成講習会開講!!

 8月22日(土)に福岡建設会館において、福岡県ヘリテージマネージャー第3期養成講習会を開講しました。受講生35名、聴講生7名が参加して、2月までの15回の講習会に臨まれています。
 初回は開講式と自己紹介、オリエンテーション、九州大学教授 藤原惠洋先生より「文化遺産保存・活用の現在」と題して文化遺産の世界的な保存の考え方や現状についての講義がありました。
 第2回は(株)河上建築事務所 所長 河上信行先生より文化財建造物の修復概論、兵庫の沢田 伸先生より、先進地である「ひょうごヘリテージ機構」の活動を紹介され、第3回は県文化財保護課 田上 稔先生より文化財保護法及び福岡県内の文化財建造物の状況を、(公財)文化財建造物保存技術協会 今岡武久先生より現在、修復中の重文 門司港駅の工法等、詳しく講義されました。
 第4回からは演習が始まり、第5回では現場に出て八女の町家(歴史的建造物)の実測調査を行い、作図の演習を行います。多くの受講生の方が2月20日の終了式で受講終了証を手にされることを希望しております。
まちづくり委員会 委員長 中島 孝行

春日ベース・ハウスの会(2)

 福岡地域会 中野 秀孝氏が、2013年度第1期ヘリテージマネージャー養成講習を修了後、有志の方々で「春日ベース・ハウスの会」を立ち上げ、「米軍ハウス」を保存・活用するため活動されていることは2015年メールマガジンメッセ3月号の中で掲載されました。
 今回、「春日ベース・ハウスの会」の活動が平成27年9月7日付読売新聞に掲載されましたのでご紹介いたします。
 旧米軍板付飛行場付属基地周辺地区(春日、大野城市)は、春日、大野城市史などによると学校や病院、ボウリング場、野球場などが併設されていたそうです。
 基地の記憶「米軍ハウス」新聞記事を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

街角探訪 基地の記憶「米軍ハウス」~平成27年9月7日付読売新聞より抜粋
まちづくり委員長 中島 孝行

美しいまちづくり協議会 第1回学習部会に参加して

 上記部会が吉塚合同庁舎で行われ、参加してきました。
 今回は九州大学工学研究院環境社会部門教授の島谷幸宏氏が「風景デザイン~水辺の景観」というテーマで講演されました。
 出席者は約45名で建築士会からは角銅さんと私の2名が参加しました。
 水に対して、環境に対しての情熱が強く伝わってくる魅力的な講演でした。

私が強く感じた言葉
 1、 「環境の結果としての姿が景観。 いじることが出来るものはそのわずかな部分」
 2、 「技術者は風景をどのように扱うか」
 3、 「景観の質が下がると客単価が下がる」

往々にして街のデザインは建築家が、と思いがちですが土木の関係者の中にもデザインセンスを持った人が多く居られるらしい。只、土木の場合閉鎖的な組織からの発注に限られるため、建築デザイナーみたいに公にもまれる機会が少ないのではとも感じたし、デザイナー名が公に認知されないのではとも感じた。
 土木関係者も建築関係者も美しいまちづくりに関与する重要な役割を担っている事を改めて感じさせられたよい講演でした。
まちづくり委員会 景観部会 荒木 正勝

二級建築士「設計製図の試験」

 9月13日(日)福岡商工会議所と九州ビルの2会場にて、二級建築士試験「設計製図の試験」が行われました。

[二級建築士試験「設計製図の試験」実施結果表]
  受験予定者数 実受験者 欠席者
福岡 442 411 31
他県より 7 6 1
449 417 32
 また当日、試験業務をご協力いただきました関係者の皆様、ありがとうございました。
 10月11日(日)九州産業大学にて、一級・木造建築士試験「設計製図の試験」が行われます。
 ご協力よろしくお願いいたします。
建築士試験委員長 田中 浩

「建築関連法規の改正等」について講習会のお知らせ

  (主催)、公益社団法人 福岡県建築士会 福岡地域会 一般社団法人 福岡県建築士事務所協会 福岡支部

平成27年度の最新内容ですので是非ご参加ください。
【講習会内容】
  ●福岡市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例について
  ●福岡市マンション建替型総合設計制度について
  ●市街化調整区域での許可要件に係わる都市計画法第34条12号の区域指定型の制度について
  ●平成26年度の法改正の概要とその後の法改正等について
  ●仮使用制度の変更について
  ●今後の消防の動向について
開催日時 会  場 定  員
平成27年10月29日(木)
13:30~16:25
福岡建設会館7F 701~702会議室
福岡市博多区博多駅東3-14-18
TEL 092-473-5506
100名
【受講料】
 (1) 3,000円(建築士会会員、事務所協会会員)  (2) 6,000円(会員外)

※詳細は下記をご覧ください。
  ↓
 詳細内容・申込書はこちらから
福岡地域会 地域事業委員長 南 陽一郎

10/23(金)賛助会研修会ツアー

 初秋の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、下記の日程で賛助会合同主催による日帰り研修バスツアーを計画致しました。
 正会員様と賛助会員が一緒に学び、また親睦を深める企画を考えています。多数のご参加を お待ちいたしております。
【日時】 平成27年10月23日(金) 8:00~18:00
【集合場所】 博多駅筑紫口 ローソン前(集合8:00 出発8:30 解散18:00(予定))
【コース】 8:00 受付開始
       8:30 博多駅(筑紫口)出発
       10:00 LIXIL有明工場着 (メガソーラー見学・製造工場見学)
            【2班に分けて見学】
       12:00 LIXIL有明工場出発
       12:30 グリーンランド内ホテル着
       13:00~15:00 昼食懇親会
       15:15 ホテル出発
       15:30 三池炭鉱着
       16:20 三池炭鉱出発
       18:00 博多駅(筑紫口)着
【定員】 80名程度(定員になり次第締切りさせていただきます。)
【申込締切】 10月5日(月)までに建築士事務所協会福岡支部事務局へお申込みください。
【CPD単位】 3単位
■正会員用参加申込書はこちらから
「賛助会研修会ツアー」正会員用参加申込書

■賛助会員用参加申込書はこちらから
「賛助会研修会ツアー」賛助会員用参加申込書
一社)福岡県建築士事務所協会福岡支部賛助会長 吉元 和也
公社)福岡県建築士会福岡地域会賛助会長 佐々木 直人

福岡地域会 第52回 観月会

 9月25日(金)に毎年恒例の「観月会」を(一社)日本建築士事務所協会福岡支部と(公社)日本建築家協会九州支部福岡地域会との3社共催で行いました。去年からはリニューアルされた三四郎新館にて、61名の参加があり、観月会前の新人のオリエーテーション参加者も一緒に参加され士会の活動にも理解も深められたのではないでしょうか。
 観月会開会前の恒例の柘植様、岩崎様による小唄が演奏され福岡地域会ならではの観月会がはじまりました。今年も天候が少々怪しかったのですが、会が始まると間もなく、雲も消えくっきりとしたお月を綺麗に観ることが出来ました。
 今年も多数の方々にご参加いただきありがとうございました。また来年も開催いたしますので多数のご参加をお待ちしております。
福岡地域会 副代表 古賀 裕次郎

第14回 福岡地域会賛助会主催CPD講習会(事務所協会賛助会共催)

 9月11日(金)福岡建設会館において、賛助会主催による講習会を開催いたしました。
 「手摺りに求められる安全性と最新技術」ビニフレーム工業(株)、「地盤補強の重要性と技術・工法」(株)サムシング、「表面保護によるコンクリートの補修・保守方法」(株)広田建創・(株)ピオテック、3項目についての現状や最新情報、新技術を組み込んだ講習をおこない、40名と多数のご参加をいただきました。
 ご質問やご意見も沢山頂戴し、盛況のもと終了する事ができました。賛助会は、今後もお役にたてるパートナーを目指し、講習会を含めさまざまな取り組みに努めて参ります。
福岡地域会賛助会幹事 栃原 伸一郎

第9回三味線演奏会

 10月10日(土)13時半から15時半まで、福岡市中央区天神2丁目警固神社内・神徳殿で「三味線演奏会」を行ないます。長唄・小唄・民謡を同時に聞く事ができます。
 邦楽のひと時を三味線の生演奏でお楽しみ下さい。★入場無料★
杵屋 佐和成

宗像地域会 秋の花植え

 平成27年9月25日16時よりJR東郷駅東側、西側及びくすの木園で花苗の植え替えを行いました。プランターで37個、120本の苗で今回はナデシコとキンギョソウです。培養土、牛フン、肥料をよくかきまぜプランターの土の入れ替えも同時に行いました。
 年に2回の花植えも早10年以上を経過しております。今後も宗像地域会としてこの事業を続けていければと思っています。
JR東郷駅にて くすのき園にて
宗像地域会代表 井上 聡

第11回関門地区(下関市・北九州市)景観ウォッチング&セミナーについて

 山口県建築士会下関支部と合同で開催する景観ウォッチング&セミナーの概要が決まりましたのでお知らせします。
今回は「関門地区の屋外広告物・サインについて」をテーマに、下関景観地区(下関市)を対象に実施いたします。参加募集等については次号でお知らせいたします。
【日時】 平成27年11月23日(月・祝) 10:30~17:00
【参加者】 70名程度(大学生、一般(公募)、士会など)
【会場】 唐戸市場会議室 (下関市唐戸町5−50)
【集合場所】
 下関側:唐戸市場集合 受付開始(10:30~)
 門司側:マリンゲート門司集合(10:20)→渡船で唐戸へ
 (10:30発→10:35着)
【参加費】 無料
【スケジュール】
 受付・全体説明 10:30~11:00
 セミナー(講演) 11:00~12:30
    ・「景観と屋外広告物について(予定)」
     講師:中牟田 麻弥 氏
         ((公社)日本サインデザイン協会 常任理事)
    ・「屋外広告物の実例についての考察(予定)」 
     講師:岡村 和典 氏 (Yau 一級建築士事務所 )
 昼食・休憩   12:30~13:20  ※お弁当を配布予定
 ウォッチング  13:20~14:40
    ・各グループ゚に分かれ、唐戸周辺の屋外広告物やサインをウォッチング
 ワークショップ  15:00~17:00
北九州地域会 研修委員長 野村 明男

ラジオ生番組に出演!

 さる9月3日(木)19:00~20:00、当地域会の事務局に所属する中村氏が担当している、FM KITAQの「ラジオ自叙伝グラフィティ」という生番組への出演を依頼され、いろいろな質問に答える形で対応してきました。
 内容は(1)私の博士論文取得の経緯とそれに伴う裏話、及びそれが今回の八幡製鐵所関連施設の世界遺産登録に向けて及ぼした影響 (2)福岡県建築士会の中の特に北九州地域会の活動状況と今後の展望 (3)私の公私にわたる今後の思いなどでした。
 場所は小倉駅に近い繁華街の一角にあり、サテライト的な雰囲気のスタジオで、気楽な感じの音楽を交えながらの番組でしたので、私には初めての体験でしたが、特に緊張することもなく、楽しみながら指定時間を終えることができました。
 振り返って、少しは建築士会のPRになったかなと思い、ここに投稿した次第です。
私の外に写っているのはパーソナリティーのKeyさん
北九州地域会 代表 開田 一博

第2回筑豊の建築セミナー(第1回景観勉強会)

 飯塚地域会の第2回筑豊の建築セミナーとして「第1回景観勉強会」が9月18日、飯塚市立岩公民館に於いて行われました。
 今回は景観を学ぶ第一歩として「景観について」というテーマで1部を九州大学の佐藤優教授に「景観づくり―景観計画の対象・主体・手法・課題-」、2部を福岡県建築都市部都市計画課の松尾光氏、内田和也氏に「景観行政について」、3部を久留米市都市建設部都市計画課の原田覚氏、真武容里氏に景観に取組む事例報告として「久留米市の景観計画」の講義をしていただきました。
 講演後は講義の先生方を交え、かなり自由な雰囲気の中で意見交換会を行いました。
 出席者は他地域会を含め士会会員が24人、美しいまちづくり協議会メンバーや行政関係者等一般の方が11名、講師の方々が5名総計40名の盛大な会となりました。
 講師の方々からもよい企画だったとお褒めの言葉を頂いたし、参加者からも有意義な会だったと感謝の言葉がありました。
 今後2回の景観勉強会を予定していますが、さらに有意義な会になるよう努力していきたいと思っています。
次回は11月21日(土)を予定していますが多くの方が参加され、景観に対する意識が向上していくことを期待しています。
飯塚地域会 広報委員 荒木 正勝

飯塚建築士ゴルフ会

 飯塚地域会のゴルフ会を9月10日に北九州カントリー倶楽部で行いました。
 秋の気配を感じながらの楽しいゴルフ会でした。
参加者は11人と少なめでしたが内容は充実?したものでした。
 優勝者は72.6の素晴らしい成績で(モチロン新ダブルペリア方式ですけど) 表彰式後のミーティングで、こんなに会員同士(賛助会員共)が和気あいあいと 一日過ごせるならば次回もやろうと言う事で次回の話も盛り上がり散会としました。
 次回はもっと若い会員の方も参加を募り、建築士の方なら誰でも参加でき、 それが建築士会の増員の増強につながればと思います。

【参加者】 正会員10名、賛助会員1名
       優勝:加藤氏  準優勝:大力氏
飯塚地域会 大力 康弘

「豊の国風景街道シンポジウム~中津街道で町おこしを~」に参加して

 9月13日の日曜日、福岡県及び大分県の郷土史家らでつくる「豊前の街道をゆく会」が主催する「豊の国風景街道シンポジウム~中津街道で町おこしを~」に参加しました。田中孝秀代表がパネリストとしてステージにあがり、後援として会員6名がステージ準備や照明、映像を担当しました。
 中津街道は、江戸時代に整備された中津(大分県中津市)と小倉(北九州市)を結ぶ約52 kmの旧街道です。昨年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公である黒田官兵衛が、九州平定のために中津に城を築いたことにより、以後、中津は城下町として整備され、その中津と九州の玄関である小倉をつないだ道が中津街道です。全体の9割が生活道路として残っているのは奇跡的であり、全国的にも珍しいことだと思います。シンポジウムは、古い町並みや史跡が残る旧街道の存在を今一度認識し、その素晴らしさを再発見して、各自治体や地域活動団体等が一緒に取り組んで、町おこしにつなげていこうという趣旨で開かれました。初のシンポジウムが豊前市で開催されたことは、誠に喜ばしいことです。
 さて、豊前地域会では、この中津街道を活かしたまちづくりができないかという取り組みを 平成25年度に開始し、勉強会や町歩き、建物の調査を行っているところです。当日のシンポジウム、パネルディスカッションの詳細内容は、添付資料をご覧ください。
 今後、ヘリテージマネージャーを増やしていく必要があります。また、同時に、古い建築物を残していく意義を明確に示す活動が必要です。地域の方に自分たちの住んでいる町並みの素晴らしさを知っていただくことが大切です。そういった点で、郷土史家や地域活動グループとの連携が不可欠です。今回のシンポジウムはその第一歩であり、たいへん有意義でした。この体験が、各地域でまちづくり活動をしている建築士会の皆さまに、何らかの参考になればと思い、報告しました。

9/13「豊の国風景街道シンポジウム~中津街道で町おこしを~」詳細資料をご覧ください!
豊前地域会 椛田 晋一

「書の作品を創る」

 誰しも好きな言葉、座右の銘を持っているでしょう。また、書物を読んだとき、映画を見ていたとき心に残る言葉や歌もあるでしょう。筆文字で書いてみたい、と思っても、まず筆や墨や硯や紙(文房四寶)の道具が必要です。そして、どんな書体で書くのかなど戸惑ってしまうことがあるかもしれません。書体を学ぶために、先人たちの書跡(古典)をまねて書く練習方法(臨書)があります。臨書を重ねることにより、自分らしい書作(創作)ができていきます。
 時々、「自分のくせ字を直したい。」と言われる方がいます。くせもある意味「個性」です。自分らしい美しい文字を書きたいと思うことも、書道をするきっかけになるのではないでしょうか。そこで、何回かに分けて、文房四寶や古典と書体について私的書道観をお話したいと思います。
上村専務 吉田松陰 辞世の句 Y.Oさん 与謝野晶子の歌
書道倶楽部 主宰 渡邉 佳代

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)

  [応募方法] メールでご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           写真データ/JPG3メガ以下
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


[氏 名] 入家 雅彦
[題 名] 初秋の花舞台
暑い夏から長雨や台風、残暑があるかと思いきや、一気に涼しくなってしまいました。
いたる所の山々も噴火したりして、地球の何かが動いているのかもしれませんね。
季節はもうとっくに秋の様相です。 今回の画像は彼岸花、少しだけ咲いているときは 何となく寂しい感じがするこの花ですが、これだけ一気咲きしているのを見ると、 舞台の上で踊っているような印象を受けます。
  「さあ~みんな笑顔でね~~!」
[氏 名] 江崎 有
[題 名] チャンポン
息を吹きこむと「チャン」・「ポン」とビードロのやさしい音色が響き ます。
博多三大祭りのひとつ、放生会の名物「チャンポン」です。
そして、放生会が終わると博多の町に秋がやってきます。
ウォーキングの会開催
 ウォーキングの会を立ち上げました。
 福岡市内近郊の方、毎週土曜日、大濠公園内を一緒に歩いて健康的な体作りをしませんか。
 ご興味のある方は建築士会事務局までご連絡ください。
 この会はできれば地域会毎に、さらには地域毎にやっていただきたいと思います。
 ウォーキングは一番簡単な健康管理のツールと考えます。何時、何処でもやれるスポーツです。 1分間100mを目途に楽しく、いろんな景色を見て歩いて下さい。

【ウォーキング季節別注意点】
ウォーキングは一年中いつでも出来る運動ですが、夏や冬は春・秋と違って少し注意しなければいけないことがあります。

<夏の注意点・服装>
夏のウォーキングで一番注意しなければいけないことは熱中症です。ウォーキングコースは出来るだけ日陰を選んで歩くようにしましょう。

■熱中症予防
ポイントは通気性・吸湿性の良いウエアと熱中症対策です。
※水分補給・帽子をかぶる 夏のウォーキングの服装は以下の様な簡単なもので構いません。
Tシャツ・短パン・帽子

<冬の注意点・服装>
身体が冷え切った冬ではウォーミングアップとして、まずはゆっくり歩くことからスタートして徐々に身体を温めていきます。 冬のウォーキングの服装の例としては以下の様な感じです。
長袖シャツ・ウインドブレーカー上下・ニット帽・手袋・ネックウォーマー

<春・秋の服装>
春・秋はその時によって寒かったり暑かったりしますので半袖+長袖の組み合わせが良いでしょう。
半袖シャツ・長袖パーカ・長ズボン
福岡地域会 田中 浩

        ウォーキングの会(事務所協会・建築士会)
    [集合場所] 大濠公園内
             アメリカ領事館前の1,000メートルポスト付近
    [場  所] 大濠公園
    [日  時] 毎週土曜日(雨の日は除く)
            3~11月 朝6時30分スタート
            12~2月 朝8時00分スタート
    [応募方法] 電話、FAX、メールでご応募ください。
    [連絡事項] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
    [申 込 先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
            電話 : 092-441-1867 / FAX : 092-481-2355
シネマサロン
今月は休刊です。次回をお楽しみに。

おすすめな映画・書籍の紹介を募集いたします。
映画好きな方、読書好きな方、是非ご投稿ください。
福岡県建築士会事務局 shikaifu@crocus.ocn.ne.jp  までお願いします。

会員のための無料法律相談のご案内

 10月9日(金)に福岡市内で無料相談を開催いたします。
 電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。
 電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司

(公社)福岡県建築士会福岡地域会(旧福岡支部)賛助会 HPはこちら
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成27年10月1日発行 第112号 通巻第328号
発行:(公社)福岡県建築士会 石本元彦 編集:広報委員会 有澤廣己
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
荒木正勝(飯塚)、有澤廣己(福岡)、生野孝(浮羽)、池田友三(北九州)、入家雅彦(大牟田)、角銅久美子(福岡)、善敏治(福岡)、柘植成光(福岡)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。