(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成26年4月1日発行 第94号 通巻第310号

平成26年度 福岡県建築士会 定時総会

 6月6日(金)、公益社団法人福岡県建築士会の平成26年定時総会を下記の要領で開催いたします。詳細内容につきましては、メールマガジンメッセ5月号でご案内いたします。
 今年度は記念事業を開催いたします。是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。
【日 時】 平成26年6月6日(金)

総会スケジュール

【記念事業】 15:00~15:50
       「建築士業務の紛争・処分事例について」(仮称)
        講師:顧問弁護士 矢野間 浩司(福岡地域会会員)
【総  会】 16:00~17:30
 (1)開会の辞
 (2)会長挨拶
 (3)決議事項
    議長選出、議事録署名人の選出
    第1号議案 平成25年度事業報告及び貸借対照表及び損益計算書(正味財産増減計算書)(案)の承認
    第2号議案 名誉会員の承認
    第3号議案 役員改選(案)について
 (4)報告事項
    1.平成26年度事業計画及び収支予算書
    2.委員会編成について
 (5)表彰式
 (6)閉会の辞
【懇親会】 18:00~20:00
【総会会場】 タカクラホテル福岡(福岡市中央区渡辺通2-7-21 TEL:092-731-1661)

※なお、当日福岡地域会「会員集会」が同会場で14時から行われます。
総務・財務委員長 内野 英雄

3月臨時理事会

 3月6日(木)に、3月臨時理事会が開催されましたので、概要を報告します。
 1.日  時 : 平成26年3月6日(木)14:00~16:45
 2.議  題 
   (1)協議事項
      1)平成25年度決算見込みについて
      2)平成26年度公益目的事業予算要望書について
      3)平成26年度予算(案)について
      4)平成26年度委員会の編成について

会員増強特別委員会と事業統括特別委員会を常置委員会に編成替えし、新たに基本問題検討特別委員会を設置することの提案があり、次回の理事会で協議することになった。

      5)行橋地域会規約変更案について
      6)団体役員賠償責任保険制度について                     
      7)平成26年度定時総会について、下記の通り提案があり次回の理事会で審議することになった。
         【開催日】 平成26年6月6日(金)
         【会 場】 タカクラホテル福岡
         【記念事業】 15:00~15:50
         【定時総会】 16:00~17:30
         【懇親会】 18:00~20:00


その他詳細は、
建築士会HPの “会員の方へ”→“理事会報告” に
議事録として掲載していますので確認して下さい。
建築士会HP内“理事会報告”
専務理事 伊佐治 武

第8回福岡県景観大会 会員受賞

 平成26年3月1日(土)、九州国立博物館で、第8回福岡県景観大会の表彰式があり、建築士会会員4名が受賞されました。
 「第3回福岡県屋外広告景観賞」の最優秀屋外広告景観賞に施行者として八女地域会の中嶋悟氏、デザイン製作者として八女地域会の中島孝行氏。「第26回福岡県美しいまちづくり建築賞」の住宅の部大賞に設計者として福岡地域会の西岡梨夏氏、一般建築の部優秀賞に施工者として久留米地域会の半田利通氏が受賞されました。おめでとうございます。
 「第26回福岡県美しいまちづくり建築賞」の住宅の部大賞を受賞されました、西岡梨夏氏のことばをご紹介します。
会長 加藤 武弘
「第26回福岡県美しいまちづくり建築賞」受賞のことば
 この度、設計したObi houseが福岡県の美しいまちづくり建築賞住宅部門の大賞を頂きました。この建築は、3方向を隣家に囲まれた、住宅街の一区画に建つ核家族のための住宅です。「家族の気配がわかるワンルームのような空間が欲しい」という施主要望に対して、デザインと一体化した開口を持つ6つの帯(おび)を層状に重ねて配置することによって、用途に応じて緩やかに場が連続する空間を提案しました。これらの帯は単なる間仕切りとしての役割だけでなく、設備・収納・構造などの機能も兼ねており、開口の重なりによって奥まで視線が通ったり、帯にぶつかって視線が途切れたりと、主体の動きに合わせて空間の奥行きが変化し、建物内部に豊かな風景を生んでいます。この建築を通して、美しいまちづくりに寄与できたことを嬉しく思うとともに、これからもより一層建築と真摯に向き合って行かなければ、と身の引き締まる思いです。
福岡地域会会員 西岡 梨夏

会員作品展 2014 春・夏号

 会員作品展2014春・夏号に6点のご応募がありました。
 詳細は、建築士会ホームページから会員作品展をご覧ください。
 (会員作品展 2014 春・夏号
広報副委員長 大嶌 栄三
NO1. 博多高等学園
( 株式会社環・設計工房 )
NO2. N邸
( 風土計画一級建築士事務所 )
NO3. 飯塚の家
( 松尾強一級建築士事務所 )
NO4. (株)南陽本社ビル
( 株式会社善設計事務所 )
NO5. 家中に光が射し込む住まい
( 九州八重洲株式会社 )
NO6. Obi house
( ソルト建築設計事務所 )

公共建築設計懇談会

 2月18日(火)九州地方整備局会議室にて平成25年度第2回公共建築設計懇談会が開催されました。昨年6月に続き今年度2回目で、今回の議題は以下の通りです。
    (1)情報提供(木材利用、特定天井)
    (2)工事監理業務における総合評価落札方式について
    (3)業務の発注実績、工程管理について
    (4)提出議題
 資料を開示し、会員の皆様と共有したいと思います。以下のURLをご覧ください。
  ↓
 平成25年度 第2回公共建築設計懇談会資料
副会長 佐々木 郁夫
建築周辺コラム(39) ~建築基準法改正~
 消費税が上がりました。先月は天神なども人出が多かったような気がしますが、実際、駆け込み需要はどの程度だったのでしょうか。長い間、5%の税率と総額表示に慣れていましたので、しばらく違和感を感じそうです。この前は、転嫁対策特別措置法の研修も受けてきました。
 改正といえば、国土交通省の発表によれば、3月7日に建築基準法改正案が閣議決定され、改正案が同省のホームページに掲載されています。構造計算適合性判定制度の見直しなど、実務への影響が大きいと思われる項目も含まれているようです。またまた、情報更新と勉強が必要になりそうです。
準会員 弁護士 川口 珠青

2013年 第4回 高校生の「建築甲子園」審査結果について

 2013年 第4回 高校生の「建築甲子園」審査結果についてご報告いたします。
 今回は、福岡県内で2件の応募がありました。
 昨年11月25日(月)に福岡県建築士会事務局内において、平成25年度高校生の建築甲子園 審査委員会を開催し、そのうち1件を(公社)日本建築士会連合会 建築甲子園事務局に送付しました。
 審査結果が発表され、下記の2作品がそれぞれ受賞されました。
  (公社)日本建築士会連合会 奨励賞
        有明工業高等専門学校 [監督] 鎌田 誠史 氏  [選手] 三栗野 鈴奈 氏
  (公社)福岡県建築士会 奨励賞
        有明工業高等専門学校 [監督] 鎌田 誠史 氏  [選手] 吉川 みくる 氏
 おめでとうございます。
(公社)日本建築士会連合会 奨励賞 受賞
有明工業高等専門学校 建築学科 3年 三栗野 鈴奈
(公社)福岡県建築士会 奨励賞 受賞
有明工業高等専門学校 建築学科 3年 吉川 みくる
 今年度も 2014年 第5回 高校生の「建築甲子園」も実施いたします。
 応募対象者は、建築教育課程のある工業高校、高等学校、工業高等専門学校(ただし、3年生までとする)を対象とし、教員が監督、同校在学生を選手としたチーム編成での応募とします。
 提出期限は10月末日までです。高校生の「建築甲子園」に積極的なご参加をお待ち申し上げます。
 ※詳細は下記をご覧ください。
  ↓
 (公社)日本建築士会連合会HP内 2014年 第5回 高校生の「建築甲子園」詳細ページアドレス
青年委員長 松澤 徹

平成26年 一級、二級・木造建築士試験

 平成26年建築士試験・日程は下記のとおり予定されております。

(1)一級建築士試験
  • 受験申込書の配布については、「窓口による配布」及び「郵送による配布」を行います。
  • 受験申込書の受付については、「インターネットによる受付(平成15年以降に受験した者で、試験の申込に必要な個人情報の使用について、あらかじめ承諾をしている者に限る。)」、「郵送による受付」及び「受付場所における受付」を行います。
【申込書配布期間】 平成26年4月1日(火)~5月12日(月) (ただし、土曜日、日曜日及び祝日は除く)
 (なお、5月10日(土)、11日(日)は受験申込書の受付を行う所定の受付会場に限って配布を行う)
【インターネット申込受付】 平成26年4月11日(金)午前10時~4月21日(月)午後4時
【申込書受付期間】 受付場所における受付:平成26年5月8日(木)~5月12日(月) (土・日曜日を含む)
※詳細は下記アドレスをご覧ください。
  http://www.jaeic.jp/1k-annai.htm ((公財)建築技術教育普及センターHP内一級建築士について)
(2)二級・木造建築士試験
  • 受験申込書の配布については、「窓口による配布」及び「郵送による配布」を行います。
  • 受験申込書の受付については、「インターネットによる受付(平成16年以降に受験した者で、試験の申込に必要な個人情報の使用について、あらかじめ承諾をしている者に限る。)」、「郵送による受付(過去の二級建築士試験又は木造建築士試験の受験票(原本)又は合否の通知書(原本)を受験申込書に貼付した者に限る。)」及び「受付場所における受付」を行います。
  • 初めて受験する者(過去の二級建築士試験又は木造建築士試験の受験票(原本)又は合否の通知書(原本)を受験申込書に貼付できない者を含む。)の申込方法は、「受付場所における受付」のみとなります。誤って受験申込書を郵送された場合は返送しますのでご注意下さい。
二級建築士試験
【申込書配布期間】 平成26年3月10日(月)~4月14日(月) (ただし、土・日曜日、祝日は除く)
 (また、4月12日(土)、13日(日)は受験申込書の受付を行う所定の受付会場に限って配布を行う)
【申込書配布時間】 午前9時30分~午後5時(ただし、4月14日(月)は午前9時30分~午後4時)
【インターネット申込受付】 平成26年3月24日(木)午前10時~3月31日(月)午後4時
【申込書受付期間】 平成26年4月10日(木)~4月14日(月) (土・日曜日を含む)
木造建築士試験
【申込書配布期間】 平成26年3月10日(月)~4月14日(月)(ただし、土・日曜日、祝日は除く)
 (また、4月12日(土)、13日(日)は受験申込書の受付を行う所定の受付会場に限って配布を行う)
【申込書配布時間】 午前9時30分~午後5時(ただし、4月14日(月)は午前9時30分~午後4時)
【インターネット申込受付】 平成26年3月24日(木)午前10時~3月31日(月)午後4時
【申込書受付期間】 平成26年4月10日(木)~4月14日(月) (土・日曜日を含む)
※詳細は下記アドレスをご覧ください。
  http://www.jaeic.jp/2kmk-annai.htm
  ((公財)建築技術教育普及センターHP内、二級建築士・木造建築士試験について)
建築士試験委員長 得丸 正英

平成25年度 専攻建築士審査

 今年は更新予定者13名のうち12名の方に更新手続きをしていただきました。
 また、新規での申請も2名いらっしゃいました。1月21日の予備審査を経て2月7日に審議会を開催し、申請者全員の合格を了承いただきました。
 あわせてCPDプログラムの審議も頂き、今後の認定プログラムのあり方などご意見をいただきました。
 専攻建築士制度が福岡で始まって8年が経過し、県下では現在350名の専攻建築士の方が登録されています。また、更新受付も3年経ちましたが年々申請者の数が減ってきております。その中で、今年はほぼ100%に近い方に更新申請をいただきました。来年度は制度が改正され、手続きが少し簡易になる予定です。今後の課題は、やはり専攻建築士を持っていることでのメリットを打ち出していくことかと思います。更新手続きももちろんですが、是非新規でのお申し込みをお待ちしております。
CPD・専攻建築士委員長 上田 真樹

防災カフェ

 3月2日(日)に大丸パサージュ広場で「防災カフェ」を開催しました。
 今回の防災カフェは県全体に参加を呼びかけ、福岡・筑豊ブロックで協力し、防災啓発イベントとして実施しました。
 フルートの軽やかな癒しの音色が流れる会場で、すまいの耐震や雨水利用について、身近で役に立つ情報を紹介するとともに、長野おばあちゃんのしし汁提供、東日本大震災被災地の定点観測写真パネル展なども初めて企画するなど、人が立ち寄る工夫もしました。
 日曜日の開催で昨年より来場者は多く、アンケートに回答してくれた方約80名、防災クイズラリーに約150名の参加がありました。
 また、自宅の古いマンションの耐震性を心配しお話される方や、東日本大震災の写真パネルを見て想いを寄せる方などいらっしゃいました。
 災害による被害は、日頃の備えにより軽減できるはずです。
 これからも継続して防災に関する広報や、備えることの大切さを伝えていきたいと感じた一日でした。
 最後になりましたが、建築士会会員・賛助会員並びに福岡大学など大学生の方々の多大なご協力のお蔭で無事終了できましたこと、この場を借りてお礼申し上げます。
2014年3月の防災カフェの様子
防災まちづくり部会長 牧薗 典浩

「平成25年度 すべての建築士のための総合研修」

 建築士法第22条4第5項に基づく福岡県建築士会主催「すべての建築士のための総合研修」を3月4日(火)に福岡会場で実施し、参加者は22名でした。
 この総合研修は建築士に対しその業務に必要な知識及び技能の向上を図るための建築技術に関する研修と位置づけた基幹研修です。
 今回のテーマは、「環境・エネルギー」コース(1.建築環境総論 2.環境配慮設計の考え方 3.一般建築の環境・省エネルギー 4.住宅の環境・省エネルギー)を前半に行い。後半は、国土交通省、経済産業省等の補助金の詳しい説明をしていただきました。
 当日、参加者の皆様へアンケート用紙を配布し、たくさんの貴重なご意見をいただきました。来年度も、このご意見を参考にし、研修委員会で他のコースの実施やシリーズ化し年に数回開催することも検討していきたいと思っております。
 本講習会の主旨、内容をご理解いただき、今後も是非ご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。
研修委員 満井 輝吉

第4回 まちづくりコーディネーター養成セミナー
~肥前浜宿の町並み保存活動と賑わいづくりから学ぶ~

 さる3月8日(土曜)に「(NPO法人)肥前浜宿水と町並みの会」にお世話して頂き、「まちづくりコーディネーター養成セミナー」を開催しました。参加者は15名で、東京の建築士会からも2名の参加をいただきました。午前中は観光ガイドの中村真理さんと(NPO法人)肥前まちづくりデザイン研究所会員(有森氏、橋本氏)によるわかりやすい説明を受けながらのまち歩き。午後からは「肥前浜宿水と町並みの会」の拠点施設となっている「継場(江戸時代、ここで物資を集荷し、配送していた場所)」でセミナーを行いました。
 セミナーでは中村事務局長より「浜宿の歴史と町並み保存活動の経緯」、鹿島市都市建設課の江島氏から「町並み保存の制度の仕組み」、肥前浜宿の馬場氏から「デザイン研究会のこれまでの活動」について話していただき、これをもとに車座になり、意見交換会を行いました。
 この地区の活性化に関するまちづくりは平成元年の「21世紀はまもん会」からです。また、町並み保存が本格的に動き出したのは平成9年の「浜宿町並み保存研究会」の発足からであり、まちづくりとして25年の積み重ねが、現在の賑わいと後世に引き継ぐ町並みを残してきたと言えます。まちづくり委員会では、来年も2回のセミナーを企画する予定ですので、まちづくりや町並みにご興味のある建築士の皆さまは是非、ご参加いただければ幸いと存じます。
 また、今年度の秋には「町並みゼミ 全国大会」が当肥前浜宿で催されますので、お知らせまで。
セミナー会場となった「継場」 講師の話を熱心に聞き入る参加者
まちづくり副委員長 山田 龍雄

建築物の天井脱落防止対策講習会

 1月30日(木)と3月14日(金)、2回にわたり福岡建設会館において「建築物の天井脱落防止対策講習会」を開催しました。
 天井脱落対策に関しては、建築基準法施行令及び関連省令の改正が、平成25年8月5日公布され、平成26年4月1日に施行されます。天井脱落対策に係る一連の技術基準に関して、「建築物の天井脱落対策に係る技術基準解説書」が作成され、テキストとして当日配布されました。
 2回にわたる講習会は両日とも、JACCA日本耐震天井施工協同組合 技術委員長 塩入徹氏に講師としてお越し頂き、技術基準の解説のみにとどまらず、基準が定められた根拠の説明や、文部科学省の若干異なる関連基準の解説等、より広い視野に立ったきめ細かな解説、説明をして頂きました。
 なお、出席者は1月30日が87名、3月14日が84名でした。
研修副委員長 高田 宏明

「建築家 大高正人の仕事」発行日2014年2月8日 発行 株式会社エクスナレッジ
割引販売の案内

 建築士会連合会前会長の藤本昌也氏が編集委員として参加された上記の著作が刊行された。
 大高正人氏は1988~1998年連合会澤田会長の下で連合会副会長を務められ、建築士会の活動に貢献深い建築家である。藤本前会長は1962~1972年まで大高氏の主催する大高建築設計事務所の創立時を大高正人氏の下で仕事を共にしておられ、大高氏の代表作の一つとなる、70年代の広島基町団地計画などに従事されている。
 大高氏は1923年生れで東京大学大学院を1950年修了と同時に前川國男設計事務所に入所され、前川國男の代表作である東京文化会館や晴海高層アパートなどをチーフとして担当された。1960年の世界デザイン会議ではメタボリズムグループの一員として、槙文彦、菊竹清訓、黒川紀章などの錚々たるメンバーと戦後日本の建築界の動きを牽引した経歴を持つ建築家といえるだろう。
 福島県三春町生れであることから後期は三春町や福島県の仕事に関わることも多い。
 藤本前会長は2010年86歳で逝去された大高正人氏をふり返り大高氏の言葉として「建築のあり様は都市のあり様と切り離して考えることはできない」という言葉を生涯忘れることはできない薫陶として、あとがきに記している。
 まさに建築が単体で存在するだけではなく、社会の中に集団としてまちなみの中に存在することの建築の責任に触れる本質的な言葉であろう。
 今回、この著作を福岡県建築士会に申込みいただけば定価2,800円を2,500円で販売することができますので、どうぞこの機会をのがさず座右の書としてお求めいただくことをお勧め致します。
 締め切りは4月30日(水)までです。

(公社)福岡県建築士会事務局  TEL 092-441-1867 / FAX 092-481-2355
会長 加藤 武弘

福岡地域会 第12回賛助会主催CPD講習会

 第12回賛助会主催CPD講習会を開催いたします。
 今回の講習は「木造建築物へのALCの採用と断熱材」、「木材ハイブリッド工法」「木質無垢建材の新しい可能性」、「塗材によるコンクリートの中性化抑制」、「防汚タイルの進化論」と建築士会の皆様にお役の立つ情報をお話しさせていただきます。
 木造建築に関わる内容が3項目と斬新な塗材、画期的な防汚タイルの講演をさせていただきますので、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。
【日時】
  平成26年4月24日(木) 13:30~17:00 (受付 13:00~)
【会場】
  福岡建設会館7階701会議室 (福岡市博多区博多駅東3-14-18)
※申込書等詳細につきましては、改めてご案内をいたします。
福岡地域会賛助会員 三葉電機工業(株) 営業部 構井 基陽

樋井川流域の保育園の砂場利用 雨水貯留タンク設置

 樋井川に合流する少し手前の七隈川の横にある西新保育園の増改築に伴い、園庭を整備するので、砂場の下に8トンのコンクリート製雨水タンクを制作しました。夏季園庭の散水・緑のカーテン用の水やりに利用します。
 5月の朝顔の種まき時にいろはかるたをして子供たちに環境教育をやりたいと思っています。その時はまた報告しますね。
福岡地域会 角銅 久美子

防災どんたく いろはかるた大会

 防災どんたく あんぜん・あんしんフェア ~親子で楽しく防災体験~ が3月9日(日)香椎浜 イオンモールで行われました。これに九州大学・九州産業大学・福岡大学・福岡教育大学の学生・NPO関係者ら25名のスタッフで参加しました。
 特に、福岡教育大学の参加者は、子供扱いがうまく大にぎわいのコーナーでした。各大学間の交流もでき、いろはかるたの効用は大きなものを生みそうです。
福岡地域会 角銅 久美子

釜山市民公園に日本庭園作庭 参加

 4月末オープン予定の釜山市民公園内の姉妹都市庭園に、日本・福岡市市民代表団として庭園作庭に参加しました。西日本短期大学緑地環境学科の学生10名と緑関係の市民計25名が現地入りし、2月26日(水)釜山東亜大学の造園科の学生とともに協働作業を雨の中、飛び石づくり・竹垣づくりをおこないました。木村洋子さん・角銅が同伴しました。
 この公園は57万坪あり、過去日本が競馬場として開設した場所を戦後、米軍が基地として使用していた場所が返還され、そっくり市民公園として生まれ変わるもので、日本庭園のほか、上海・ウラジオストック庭園もできるようです。たぶん永久定なものでしょうか。歴史的 場面に立ち合え、若い学生たちが交流しながら作業している姿は感無量のものがありました。 
 27日(木)は、東亜大学の金教授の案内で、市民エコポケットパークや洛東江など見学し、釜山で一番おいしい冷麺もいただきました。
福岡地域会 角銅 久美子

いろはかるた「お・は・な・み」

 今月号のいろはかるたは「お・は・な・み」です。
 福岡教育大学美術教育講座の笹原浩仁先生の指導のもと、将来先生を目指す学生さんたちの作品です。

       お・・・・・ 大雨も 耐えて安心 地下タンク
       は・・・・・ 花開く 雨で育った 植物たち
       な・・・・・ 夏休み 川で遊ぼう みんなでね
       み・・・・・ 見るよりも 貯めてみようよ 雨水を

次回はどんな作品か、お楽しみに!
福岡地域会 角銅 久美子

飯塚地域会 まちづくり委員会防災どんたく2014「防災カフェ】参加結果

【日時】平成26年3月2日(日)12:00~18:00まで
【会場】福岡市天神エルガーラ・パサージュ広場(大丸福岡天神店1階広場)

 寒い中、建築士会主催の事業に参加のスタッフの皆様ご苦労様でした。
 かしわ入りおにぎり又サンマや鶏の煮付け等をアンケートに回答した方に提供したところ、大変好評で数分の内に事前に準備していた100人分が終了しました。
 食事後、多数の皆様に防災クイズに回答(防災グッズを提供)と同時に洪水と雨水利用タンクのパンフレットと角銅さんが出演しているビデオを見ていただくと自宅にて実行したいと言って帰る方が数多くいて、防災に関しての効果は良好でした。
 また、フルート奏者の方は寒い中、手をこすりながら演奏を行い、足止め役として多いに努力していただきました。
 更に、出店者の皆様方も通行者の足止めを行い、自社製品の紹介に専念しておりました。
飯塚地域会 広報委員 佐々木 辰美
シネマサロン
4月号は休刊です。次回をお楽しみに。

無料法律相談のご案内

 正会員のみなさまの法律相談を無料でお受けしております。お気軽にご相談ください。秘密は厳守いたします。
 電話0948-43-8139(飯塚法律事務所・飯塚市新立岩4-4クレイン3ビル703)

福岡地域会・弁護士(福岡県弁護士会)矢野間 浩司

(公社)福岡県建築士会福岡地域会(旧福岡支部)賛助会 HPはこちら
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております
   

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成26年4月1日発行 第94号 通巻第310号
発行:(公社)福岡県建築士会 加藤武弘 編集:広報委員会 有澤廣己
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
有澤廣己(福岡)、池田友三(北九州)、生野孝(浮羽)、伊佐治武(福岡)、大嶌栄三(福岡)
加藤武弘(福岡)、佐々木郁夫(福岡)、佐々木辰美(飯塚)、松澤徹(福岡)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。