会員の方へ

地域会だよりtest

HOME > 会員の方へ > 地域会だより

福岡 /   まちかど川柳

[今月の作品]

モーグルを 愛して有終の 美を飾り                  (夢追人)


ジャンプ銀 厄年払って レジェンドに                 (夢追人)

水を売る 時代は過ぎて 空気売る                  (電々無視)

温暖化 地球が湯ぶくれ 沈む島                   (電々無視)


4月1日 クマモン・フナッシー 婚約し                (生半可)


 応募件数

今月は5句のご応募をいただきました。

                 ・・・・・◇お知らせ◇・・・・・

建築に関連していなくても、社会全般の事 身近な事など何でも五七五の川柳にしてみて下さい。字足らず字余りも気にしないで・・・・皆さんのご応募をお待ちしています。

 応募規定

 [用紙等] ハガキ、FAX、メール等(ペンネームも可)

     *応募は1人5句以内

[住所・氏名等] 氏名(実名)/住所又は勤務先/連絡電話番号

[宛先] 福岡県建築士会事務局

      福岡地域会 柘植 成光


2014-05-07 10:04:28


飯塚 / 報告  飯塚地域会 平成25年度第4回幹事会

【日時】 平成26年3月25日(火)  18:00~19:00まで
【会場】 立岩公民館第2研修室    出席者:13名(17名中)
【次第】 (1).代表挨拶
(2).議事
1.平成25年度事業及び決算について
2.平成26年度事業及び予算案について
3.その他  会議終了後懇親会19:30より 久里屋
(3月24日現在の会員数)
正会員:91名   賛助会員:14社   計:105

松尾代表の挨拶の中で予算が少ない為に会としての事業を十分に行う事が出来ません。事業を行う度に会員の皆様に出費をお願いすることが多だありますが皆様のご協力により会としての事業を行って行きたいと思っておりますので、今後共に宜しく協力のほど、お願い致しますとの挨拶ありその後、議事を開始。
会議中会員よりの質疑に本部の補助金の出る事業とは何か?との発言(問い)有り、その内容に基づき、事業計画を行う、事業を行う事により、地域会全会員との親睦がはかられ会員の増にも繋がるのではないかと思います。
以上の様な内容の発言が多数有りました。

201405_5-1_1201405_5-1_2

 

 

 


           会議                        懇親会


飯塚地域会  佐々木 辰美


 


2014-05-07 10:03:11


北九州 / 報告  北九州地域会 幹事会

4月4日(金)に平成26年度第1回の地域会幹事会を開田北九州地域会代表の下、西小倉市民センターにおいて16名の出席を得、下記の議題にて開催しましたので概要も含め報告いたします。

1.今年度決算について
・内容を精査し、代表・会計・事務局にて取りまとめる。
2.役員について
・委員会組織を早急に提出(技術・まちづくり委員会)
・県への委員――代表が対応を確認する。
3.来年度予算について
4.その他
・6月13日地域会全体集会
・総会での資料は製本でなく、簡易的に。
・地域会事務局と県の事務局の運営の仕方で約束事、ルールが必要。
・県の事業に関して、対外的な基地(拠点)となるべく所はどこ?
・県と地域会の事務局の役割分担を明確に
・事務所協会より、防火戸調査員の依頼あり。
・次回幹事会を5月16日(金)に予定。
[議題]地域会全体集会の準備
等々の内容に関しての意見交換を行った。

201405_4-2_1 201405_4-2_2

 

 

 

 

北九州地域会 池田 友三


2014-05-07 09:57:28


北九州 / 報告  門司ゴルフ倶楽部クラブハウス

北九州市門司区にある門司ゴルフ倶楽部クラブハウス(延約2,800m²)がこの3月に国の登録有形文化財に指定されました。これはアントニン・レーモンド設計、昭和35年(1959)竣工、主要構造はRC、上部は独特の木造小屋組みと中央に大きな暖炉を持つ特徴ある建物で、当建築士会研修委員会でも昨年11月に見学会を開催したものです。素晴らしい建築と思いますので、まだ見学されていない方は機会を見つけて一度見られることをお勧めします。

201405_4-1_1201405_4-1_2

 

 

 

北九州地域会代表 開田 一博


 

 

 

 

 

 


2014-05-07 09:55:39


福岡 /   いろはかるた「こ・い・の・ぼ(ほ)・り」

今月号のいろはかるたは「こ・い・の・ぼ(ほ)・り」です。
福岡教育大学美術教育講座の笹原浩仁先生の指導のもと、将来先生を目指す学生さんたちの作品です。

こ・・・・・・・・・ 小鳥さん お池の水浴び 楽しそう
い・・・・・・・・・ 家の下 雨水貯めて いいお風呂
の・・・・・・・・・ のきしたで 降る雨を 眺めてる
ぼ(ほ)・・・・・ ホッとして 一息つこう 雨水コーヒー
り・・・・・・・・・  料理にも 使っておいしい 雨の水

次回はどんな作品か、お楽しみに!

福岡地域会 角銅 久美子


201405_3-1_1 201405_3-1_2 201405_3-1_3 201405_3-1_4 201405_3-1_5


2014-05-07 09:52:05


福岡 / 報告  花タンクと野菜タンクと法律

無粋な雨水タンクもお化粧すれば、ほらこのように楽しくなります。
福岡市天神の警固公園で行われた「春の福博花の導しるべ」は、福岡市の主催で4月5日(土)から13日(火)まで開催されました。市民団体の花壇制作、ハンキング、バスケット展などあり、ここに雨水タンクを展示しました。


201405_3-2_1 201405_3-2_2

 

 

 

おりしも平成26年4月2日「水循環基本法」と「雨水の利用の促進に関する法律」が公布されました。水循環基本法によると水の日が設けられました。「水の日」は8月1日です。第7条には(国民の責務) 国民は水の利用に当たっては、健全な水循環への配慮に努めるととともに、国は又は地方公共団体が実施する水循環に関する施策に協力するよう努めなければならない。とゆうような法文もみられます。
これから雨水に陽が当たり始め、動き始めます。上水・下水・に仲間入りです。

福岡地域会 角銅 久美子


2014-05-07 09:45:50


福岡 / 報告  福岡地域会 公益目的事業『大学生の卒業研究発表会』助成について

福岡地域会では、平成25年度より公益目的事業として『大学生の卒業研究発表会』助成を行いました。福岡市内の大学で建築課程のある学科に卒業研究発表会で優秀な学生に「福岡県建築士会賞」を贈呈しました。九州大学工学部建築学科、九州大学芸術工学部環境設計学科、九州産業大学工学部建築学科、九州産業大学工学部住居・インテリア設計学科、福岡大学工学部建築学科の5学科です。
今後とも、未来の建築士のために貢献活動を行っていきたいと思います。
受賞者の喜びのことばをご紹介します。

福岡地域会代表 田中 浩


____________________________________________


福岡県建築士会賞を受賞して


この度は福岡県建築士会様よりこのような賞を頂き、誠に光栄に存じます。卒業設計は学部時代の集大成です。敷地の選定、敷地や社会に対する問題意識、それをどのように解決し、形態を決めるか等、今までの設計課題と異なり、与えられた条件が無く全てが自由なだけに難易度が高いものでした。

201405_3-0_1  構想段階では、話を聞かせて下さった住民の方々、資料を下さった区役所職員様、議論を重ねた先輩方、同輩達からヒントを得て、提案の設定ができました。制作段階では、嫌な顔をせず模型を作り続けてくれた後輩達、つらい時も支え合った同輩達がいつも傍にいてくれました。私一人の力では達成し得なかっただけに、最後まで諦めない気持ちを持ち続けることができました。
密度の濃い時間を過ごすことができた卒業設計は、これからの私の研究に対する姿勢、内容に深く影響を与えると感じています。得たことを糧に残された学生生活を充実したものにしていきたいです。

九州大学工学部建築学科卒業 土井 彰人


____________________________________________


この度、「福岡県建築士会賞」を授与して頂き、誠にありがとうございます。私は卒業制作において、精神障害という建築の視点からあまり取り扱われることのない問題に取り組みました。
201405_3-0_2またその中で生じた、サスティナビリティ等の良の常識に対する疑問、それを諦めること打ち破ることの可能性を提示することを目標としていました。即時性、実現性を求められることも多いなか、特異ともいえる私の作品を評価してくださったことは、私にとって大変貴重な体験であり、大きな財産となりました。賞に選定してくださった皆様に、心よりお礼申し上げます。


九州大学芸術工学部環境設計学科卒業 白石 レイ



____________________________________________


今回、卒業研究により福岡県建築士会賞を頂くことができ、大変嬉しく思います。
卒業研究(設計)では、サードプレイスとしてのシェアハウス『シェアプレイス』の提案を行いました。シェアプレイスを利用してもらうことで、そこでの時間や趣味など利用者同士が多くのことをシェアし、多くの出会いや発見が生まれ、それにより利用者の生活がより豊かなものになることを期待した提案となっています。


201405_3-0_3九州産業大学工学部建築学科卒業 藤吉 友里





____________________________________________


私は平成22年に開設された新しい学科「住居・インテリア設計学科」ならではの卒業設計に取り組みたいと考え、「建築という分野からの家具の提案」を課題に掲げて作品制作を行いました。日本において代表的な建築素材である杉材を、家具として使用できるよう集成材にして強度を高め、和室での使用を想定して、畳ずりや胡座椅子、格子をモチーフにした3種類の椅子を制作しました。設計の際には、杉材の特徴でもある軽さを活かせるようなデザインを意識しました。今後、杉材が家具として使用されるきっかけに、この取り組みがなればよいと考えています。この度はこのような賞をいただき、誠にありがとうございました。


九州産業大学工学部住居・インテリア設計学科卒業 田中 瑞希


____________________________________________


卒業設計の課題は、「自分のやりたいことをやりたいようにすればいい」と言われ、自分が最も興味のあった”建物再生”と”都市再生”をテーマにすることにしました。今回は街区レベルでのコンバージョンと建物のコンバージョンに挑戦し、複数の建物をどう一体的にまとめるかということをスペースブロックを用いて考えました。このブロックによって結果的に心理的にも物理的にもつなぐことができました。


201405_3-0_4 私は3年生の時に設計・計画コースに進んだものの、なかなか自信がもてずにいましたが、結果的にこのような賞をいただくことができて本当に嬉しいです。
将来は、まちづくりや都市再生に貢献できるような建築家として活躍できるようこれからも頑張りたいと思います。


福岡大学工学部建築学科卒業 多久 美聡


2014-05-07 09:40:21