(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和4年5月6日発行 第191号 通巻第407号

作品名 楽市のアパートメント
設計者 角建築研究室 角大輔
勤務先 株式会社春田建設
施工者 春田祐太朗
第33回 福岡県美しいまちづくり建築賞
優秀賞(知事表彰)【住宅の部】
福岡県HPから作品集がご覧いただけます!
第33回福岡県美しいまちづくり建築賞作品集
5
案内

令和4年度 福岡県建築士会 定時総会

 6月3日(金)公益社団法人福岡県建築士会の令和4年定時総会のご案内です。
令和2年、3年は、新型コロナ感染拡大防止対策といたしまして、総会においても、皆さまにお声かけにくい状況でしたが、今年度は下記の要領で開催いたします。
今年度は、当会創立70周年を迎えるにあたり、「建築士の日」と合同の記念事業といたしまして、総会終了後に、三分一博志氏をお招きし、記念講演会を開催いたします。
 また、総会前には、地域実践活動(福岡代表)の発表を行います。6月25日開催の九州ブロック研究集会建築士の集い「長崎大会」で福岡代表として福岡地域会中野秀孝氏に地域実践活動「春日ベース・ハウスの会」の発表をお願いいたします。
懇親会につきましては、現在のコロナ感染状況の中では、残念ながら中止せざるを得ないと判断し、中止することとさせていただきます。
 何卒ご理解とご協力をいただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

開催日時:令和4年6月3日(金) 
総会会場:KKRホテル博多
総会スケジュール   
報 告 会 14:00~14:20
   『春日ベース・ハウスの会』 地域実践活動発表者:中野 秀孝氏(福岡地域会)
    ※令和4年度九州ブロック研究集会建築士の集い「長崎大会」福岡県代表
総  会 14:30~16:00
(1)開会の辞
(2)会長挨拶
(3)決議事項
   議長選出、議事録署名人の選出
第1号議案 令和3年度 決算の承認の件
(貸借対照表、財産目録、正味財産増減計算書、付属明細書)
〔監査報告〕
第2号議案 名誉会員の件
第3号議案 役員改選(案)の件
(4)報告事項
1)令和3年度 事業報告の件
2)令和4年度 事業計画書及び収支予算書、資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類の件
3)委員会編成の件
(5)表彰式
(6)閉会の辞
70周年記念事業・「建築士の日」事業 16:15~18:00
  建築家 三分一 博志講演会 ~地球のディテール~
☆連合会会誌「建築士」5月号にご案内を同封しています!
★詳細内容、お申込みは こちら から!!

※正会員の皆様には、5月10日定時理事会終了後に総会案内及び資料をお送りしますので、
お手元に届きましたらご一読いただきまして、総会案内ハガキにてご回答いただきますようご協力よろしくお願い申し上げます。
ご出席お待ちしております。
総務・財務委員長 髙村 龍実
案内

地域会全員集会・会員集会開催案内(リスト)

事務局
挨拶

「建築と法律」(77)

 今年4月1日から成年年齢が満18歳に引き下げられました。
 未成年者が親権者の同意なく売買などの法律行為をした場合,未成年者であることを理由に法律行為を取り消すことができます(民法第5条第2項)。この取消権は,民事法の中でも最も簡便かつ強力なものです。高校を卒業して,進学,就職した場合,この強力な取消権が無くなっていますので,そのような方に対して周りが気を遣ってあげてください。

【会員のための無料法律相談のご案内】
 5月30日(月)に福岡県内で無料相談をします(コロナなどの状況により中止もあります。)。電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)
(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司
案内

令和4年度 福岡まちづくり・地域貢献活動(学生)事業助成

(公益社団法人)福岡県建築士会・福岡まちづくり活動支援センターでは、昨年度に学生2団体に対して地域貢献活動事業助成を行いました。本助成が、各団体のまちづくり活動に大きく貢献できたことと思っております。
将来、建築系の学生さんが建築士として社会で活躍し、地域のまちづくりにおいても建築士としての職能を発揮され、地域活動が業務の拡大に繋がっていくことを期待するものです。
本助成金は、まちづくりや地域貢献活動を行う建築士と住民等で組織された活動団体及び学生の活動団体への支援を行うものです。今年度も、学生団体のみの支援となります。多くの学生団体の応募をお待ちしております。
募集要領等詳細につきましては、はメッセ6月号でお知らせいたします。
お問合わせは下記事務局までご連絡下さい。

○募集期間:令和4年6月1日~6月末
○助成限度額:学生団体 10万円
○助成件数:原則3団体
〇助成期間:継続事業は、同一テーマ及び同一対象地域の場合は、3年間とする。
○助成金額の決定・通知:令和4年7月末の予定
○応募先:公益社団法人 福岡県建築士会 福岡・まちづくり支援センター事務局
         TEL 092-441-1867/FAX 092-481-2355
まちづくり委員会
(まちなか・地域貢献部会長)山田 龍雄
案内

6/25九州ブロック研究集会「建築士の集い」長崎大会

6月25日(土) 「建築士の集い(長崎大会)」が開催されます。

一昨年の鹿児島大会、昨年の大分大会とコロナの影響を受け開催ができなかったこともあり、今年の長崎大会に向けた想いはとても熱いです。九州各地の建築士と共に学び、交流し、盛り上げていきましょう!

大会趣旨
長崎県内では九州新幹線西九州ルート開業に向け長崎、諫早、大村駅周辺を中心に大規模な再開発が進んでおり、長崎市では平成30年に長崎県庁が旧長崎奉行所跡地から長崎駅横へ移転、令和5年1月の移転に向け長崎市新庁舎の建設など100年に一度と言われるまちづくりの大改革期にあります。一方、出島の復元事業や国指定重要文化財の旧英国領事館や旧グラバー住宅などの文化財建造物の耐震補強や保存修理工事なども近年行われています。今回の大会では長崎の昔、今、未来について歴史の「保存、活用」、「復元」、「再開発」について考えていきたいと思います。

令和4年建築士の集い長崎大会案内
http://www.f-shikai.org/member/mm/img2205/852_01.pdf

会場案内・駐車場案内
http://www.f-shikai.org/member/mm/img2205/852_02.pdf

地域実践活動では福岡県代表として「春日ベースハウス(米軍ハウスの保存、活用活動)」
を発表いただきます。
本番までに更なる磨きをかけ九州代表を目指して頑張っていただきたいと思います。
皆さん長崎大会へ応援にいきましょう!!多くの方のご参加をお待ちしております。

■参加申込は こちら からお願いします!

春日ベースハウスの会
http://basehouse.jp/index_pc.html
青年・女性委員会  馬渕淳司
報告

4/23オンラインセミナー
地域の価値を高める公共デザイン~長崎市景観専門監の取り組み~

 地域計画家の髙尾忠志先生を講師にお招きし、『地域の価値を高める公共デザイン ~長崎市景観専門監の取り組み~』をテーマにご講演を頂きました。
  ◇講師:髙尾 忠志 氏
       九州大学特任准教授
       地域力創造デザインセンター代表理事
       長崎市景観専門監 等
  ◇AWARD
       2021⼟⽊学会デザイン賞優秀賞「⻑崎市のまちなか夜間景観整備」
       2021都市景観大賞都市空間部門大賞「出島地区」 など

 講演会では、長崎という都市がもつ「地域の価値」を様々な視点で浮き彫りにし、関係者にとどまらず一般の方々にも共感されるパブリックデザインに展開していく活動について解説していただきました。長い時間をかけて、長崎市民や行政、公共/民間PJ関係者と議論し調整を続けてきた過程があって、今の変貌を遂げる長崎が立ち現れてくることが実感できました。

 先生は、「視野を広げ、もっとたくさん観て、もっとたくさん話を聞いて、そうやって場所の特徴を理解し、あきらめずに挑戦を続けることが重要」だと指摘します。
 輸送できないその場所に属した価値を発見し、歴史を踏まえながら景観や都市計画と繋げ、交流や体験を産業化していく。その根底には「civic pride」。
 小さな変化や価値の発見から全体に繋げていくあり方について様々な視点からマネジメントされている先生の熱量と懐の深さに圧倒されながら、建築や都市を通してパブリックデザインに関わる我々も学ぶことが多い講演会となりました。歴史や文化、自然豊かな長崎がどのような街へ変貌しようとしているのか、益々興味深い未来が待っているようです。

 6月25日には『建築士のつどい@長崎大会』が開催される予定です。長崎市ではJR西九州新幹線開通を9月に控え「100年に一度」と言われる数多くの開発が進み、街が大きく様変わりしようとしています。その長崎の今を、ぜひ皆様とご一緒に体験できればと思います。

                         オンライン講演会当日スタッフ  福岡地域会 森山


[オンライン講演会スタッフを代表して]
 今回の講演会では65名の方(会員外15名、学生2名)から申し込みをいただきました。またオンライン講演会ということもあって福岡県外からも15名の参加を頂きました。多くの方からご参加いただき、ありがとうございました。
 青年・女性委員会では様々なイベントを企画しています。コロナ禍ではありますが、新たな出会い・体験・学びの場をこういったイベントを通して少しでも提供できたのであれば嬉しく思います。
 委員会活動に参加していただけるメンバーを募集しています。お仕事の負担にならない範囲で、気軽に参加いただけます。ご興味のある方は、事務局まで。
 
 委員会一同お待ちしています。

 最後にお忙しい中、貴重なお時間を頂きました高尾先生には深く御礼を申し上げます。

 ありがとうございました。

 講演会の動画を期間限定(6月25日まで)公開してます。どうぞ、ご視聴ください。
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=_7IYCklJr6Y

>> 動画アーカイブ

青年・女性委員会 副委員長 富松

案内

建築家・伊藤憲吾オンライン講演会アーカイブの公開

青年・女性委員会では、九州ブロックで親交のある大分県建築士会の会員さんを講師として、昨年6月29日に『建築家・伊藤憲吾オンライン講演会 ~チイキノカタチ~』を開催しました。
県内会員さんをはじめ、全国の北海道から沖縄まで会員・会員外の多くの参加があり、オンラインならではの開催場所にとらわず、いろんな方に楽しんで頂けました。現在、講演会の録画をYouTubeで公開しておりますので、是非ご視聴ください。

■建築家・伊藤憲吾オンライン講演会 動画
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=OuSzB0XqAVY

青年・女性委員会では、ライブでの参加が難しい方にも、イベントを楽しんでいただきたいと思い、今後YouTubeを利用して、オンライン講演会などのイベントのアーカイブを随時UPする予定です。

>> 動画アーカイブ

青年・女性委員 委員長 樋口 はる香
案内

6/10(金)6月全員集会

拝啓 皆さまにおかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素から地域会活動ご理解、ご協力いただきましてありがとうございます。
 さて、標記の件につきまして、下記のとおり、令和4年度全員集会を開催いたします。
万障お繰り合わせの上ご出席下さいますようご案内申し上げます。
 

日  時: 令和 4年 6月10日(金曜日)
17 時30分~ 全員集会
18 時30分~ 懇親会
会  場: 小倉リーセントホテル
北九州市小倉北区大門1-1-17 ℡(093-581-5673)
※お車の方は近隣の駐車場をご利用ください。

◆全員集会 
(1)令和4年度 推進体制 (2)令和3年度 活動状況 (3)令和3年度 決算報告 
(4)令和4年度 活動計画 (5)令和4年度 予算

◆懇親会 参加費 3,000円 
※懇親会についてはコロナ禍につき、当日中止もあり得ます。 何卒ご了承ください。
☆懇親会中止もあり得るため、来賓は今年度招待なしといたします。
☆昨年度新規入会者のみ、懇親会費負担は免除いたします。ご参加をお待ちしております!

誠に恐縮ですが準備の都合上、ご出席の方は令和4年5月30日(月)までに下記事務局宛に回答をお願いいたします。

■ご案内、返信用は こちら をご覧ください!


事務局:(公社)福岡県建築士会北九州地域会事務局
(株)首藤工務店 首藤 TEL093-881-2318 FAX093-881-3096
E-mail shuto@buz.bbiq.jp
北九州ブロック 北九州地域会代表 西村敏幸
報告

4/26役員会

4月26日(火)に令和4年度第1回役員会を浅田副代表の下、戸畑生涯学習センター会議室において、11名の出席を得、下記議題にて開催したので概要含め報告します。
1.公益事業に関する件(令和4年度)
 ・関門景観事業
   実行委員会の立上げ、今回は北九州開催
 ・学生と建築を語る会
   7月9日開催予定、コロナ過対策を配慮、参加学校への参加の有無打診
2.入退会の件
 ・入会1名、福岡地域会へ転出1名、退会3名
3.地域会事業の件
 ・研修旅行について
 ・レディース委員会の活動について
 ・建築士の集い長崎大会への参加
4.全員集会の件
 ・全員集会
   6月10日(金)リーセントホテルにて開催
   配布資料の再確認
 ・県総会
   6月3日(金)開催
5.北九州市中高層専門家派遣制度の件
 ・西村氏、浅田氏、佐々木氏、岡松氏、野村氏の5名
6.北九州市建築都市局都市景観課より依頼
 ・(仮称)北九州市景観づくり推進協議会立上げについて打診あるが、説明が簡潔で内容把握出来ず
7.その他
 ・すこやか協議会役員として、西村代表が参加
 ・名誉会員推薦について
 ・建築物防災週間ポスターについて
等々の内容に関して、意見交換を行なった。

北九州地域会 池田友三
案内

令和4年度 福岡県建築士会 福岡地域会 会員集会

下記により令和4年度会員集会を開催いたしますので、万障お繰り合わせのうえご出席いただきますようご案内いたします。

■日 時
令和4年6月3日(金) 受付開始10時15分より
■会 場
アクロス福岡 1F 円形ホール(福岡市中央区天神1-1-1 )
■会員集会
10:30~11:30
報告事項1 令和3年度事業報告
報告事項2 令和3年度収入支出決算報告
報告事項3 令和4・5年度役員について
報告事項4 令和4年度事業計画について
報告事項5 令和4年度収入支出予算について
・福岡地域建築士の会 令和3年度末報告
・    〃     令和4・5年度役員について
・地域会事業 報告 
『多世代居住による空き家対策&コミュニティ再生事業』

*会員集会は、福岡地域会員のみ参加できます。
なお、同日 午後1時30分よりKKRホテル博多(中央区薬院4-21-1)にて、県本部の令和4年度定時総会、記念事業が行われますので、是非、そちらへもご参加下さい。

■申込書は こちら をご覧ください。
福岡地域会 代表 上田 眞樹
報告

福岡地域会「大学生の卒業研究発表会」受賞者感想文

福岡県建築士会福岡地域会では、福岡市内にある九州産業大学、九州大学、福岡大学の建築系学科の卒業研究・設計を行った優秀な学生に対して表彰をいたしましたので、受賞された皆様のコメントと写真をご紹介いたします。建築士資格を取得された際には、是非、建築士会の会員にもなっていただき、大いに飛躍されることを期待しております。
今後は、建築士会福岡地域会も作品選定にもかかわらせていただき、将来の会員となる学生達との交流も深めて参りたいと考えております。
受賞した学生の方々は次の通りです。

【九州産業大学】
 建築都市工学部建築学科 小林 由佳 様
 (研究題目)『集合住宅における中間領域の多様性』
 
 建築都市工学部住居・インテリア学科 石井 里奈 様
 (研究題目)『意識でつながる家族形態における住宅の提案』

【九州大学】
 工学部建築学科 三舛 正順 様
 (研究題目)『小国の操杉術』

 芸術工学部環境設計学科 森下 裕 様
 (研究題目)『p to e -eスポーツでeまちへ-』

【福岡大学】
 工学部建築学科 俵坂 晏花 様
 (研究題目)『巡る「らしさ」-素直に生きる建築-』
福岡地域会 代表 上田 眞樹
報告

(研究題目)『意識でつながる家族形態における住宅の提案』

この度は福岡県建築士会賞を受賞することができ、大変光栄に思います。
私はこれまでの住宅設計課題で「家族」を意識して取り組んできました。しかし家族というと、夫婦とその子ども、というような核家族のかたちが当たり前のように考えられています。多様化が進む現在、家族にも様々なかたちが見受けられます。住宅が家族を取り囲む箱であるならば、家族と同様に住宅のかたちも多様であるべきです。そこで今回は、家族の中でも血縁的なつながりのない、意識でつながる家族(拡張家族)における住宅のかたちを考えました。

卒業設計を進めていく過程で支えてくださったすべての方々に、この場をお借りして感謝申し上げます。誠にありがとうございました。卒業設計を通して学んだことを今後に生かしていきたいと思います。
九州産業大学 建築都市工学部住居・インテリア学科
石井 里奈
報告

(研究題目)『小国の操杉術』

この度は、このような栄誉ある賞をいただき大変光栄に思います。本プロジェクトは、九州の銘木「小国杉」の産地である熊本県阿蘇郡南小国町において、「誰でも組み立てられる」木造構法をデザインし、人々が集まればいつでも気軽に建築を作れる環境の実現を目指しました。町内には一般の方が利用できる工房があり、様々な工作機械が設置されています。本構法ではその中でも、木材切削に適した3軸CNCを使って、杉板を建築物のパーツに加工し、現場に持ち込んで人の手で組み立てていきます。
木材だけでなく、建設工程全体を地域にある物的資源や人的資源で賄うことが揺るぎなさにつながると考えています。それは国際情勢に対してでもあり、天災に対してでもあります。本構法は、令和2年7月の豪雨により被災したキャンプ場の再建を通して生まれ、3つの宿泊棟を施主、大工、ボランティアの手で建設しました。今後も、建築の在り方、木材との向き合い方を実際に作ることを通して考えていく所存でございます。
最後になりましたが、共に汗を流して下さったプロジェクト関係者の皆様、ご指導頂いた九州大学工学部建築学科の皆様に心より感謝申し上げます。

九州大学工学部建築学科
三舛 正順
報告

(研究題目)『p to e -eスポーツでeまちへ-』

私は卒業設計において、地方郊外に点在するパチンコホールの現状を鑑み、それらを新たな娯楽施設であるesport施設へと転用することを提案しました。
現在、多くの中小パチンコホールが危機的経営状況にあり、セレモニーホール(葬儀場)への転用が相次いでいます。私は、人々の生活に彩りを添える娯楽施設は地域に必要であり、娯楽施設としてあり続けることに意味があると考えました。

そこで、これからのデジタル社会を踏まえ、地域にとって今後必要となる新たな、楽しめるインフラ施設として、esport施設を提案しました。長期的にはesportをとりまく環境を整備することが、地域に活気と熱気をもたらし、そして人々が地域に矜恃を持つようになると信じています。
今回、福岡建築士会賞を受賞することができ、とても身が引き締まる思いです。このような評価をいただけたことを嬉しく思います。ありがとうございました。また、制作に携わってくださった方々、指導・支援をしていただいた方々にこの場を借りて感謝申し上げます。
今後も、様々なことに対して貪欲に学ぶ姿勢を忘れずに、建築の分野から社会に貢献できるようになりたいと考えています。
九州大学芸術工学部環境設計学科
森下 裕
報告

(研究題目)『巡る「らしさ」-素直に生きる建築-』

この度は福岡県建築士会賞を受賞することができ大変光栄に思います。
私の卒業設計は、昨年末に閉園したかしいかえん跡地を対象敷地とした、素直に生きる環境づくりの提案です。
本提案では、自殺率が高いと言われる日本の社会的問題の解決手法として、日本人に欠けている「素直さ」を表に出そうと考えました。そこで、行動心理の分析や、既存資源の活用、子どもや知的障碍者が持つ素直さを発揮できる空間を設計しました。

この作品を評価して頂いたことで、これからの励みにもなりました。また、作品を完成させるにあたり、支えて下さった方々に深く感謝申し上げます。この度は本当にありがとうございました。
福岡大学工学部建築学科
俵坂 晏花
報告

令和4年4月22日福岡地域会 幹事会

令和4年4月22日(金)天神ビル11階9号会議室に於いて福岡地域会幹事会を執り行いました。(出席者31名)
議題は、県本部情報、県各委員会からの報告・案内、地域会情報として各担当者より昨年度後半に行われた活動等の報告がありました。
つづいて審議事項については、令和3年度事業及び決算報告、令和4・5年度役員・事業計画・予算案、建築士の会の令和3年度決算報告と令和4・5年度役員についての審議が行われ、すべての事案は承認されました。
最後に各団体より情報提供もいただき会議を終了いたしました。

幹事会次回の予定は令和4年7月29日(金)です。2年越しの納涼会も開催を予定しておりますが、状況を鑑みての判断となりますので、正式に開催決定いたしましたらご案内いたします。宜しくお願いいたします。

福岡地域会 会務運営委員長 吉田 伸二
報告

4/26 福岡建築行政研究会 第20回臨時会

建築行政に関する研鑽を図ることを目的に設立された福岡建築行政研究会の第20回の臨時会が令和4年4月26日(火)に開催されました。
はじめに、福岡市より①長期優良住宅の普及の促進に関する法律の改正に伴う認定制度の概要について、②マンションの建替え等の円滑化に関する法律の改正に伴う要除却認定制度の概要について、③福岡県版気候風土適応住宅の運用基準(案)の策定について、④『まちづくりルールの周知』についての説明があり、各団体からの質問や意見も出され、情報の共有がはかられました。
また、当研究会の今後の進め方についても議題に挙がり、活発な意見交換が行われました。
福岡建築行政研究会の構成会員は建築士会福岡地域会、事務所協会福岡地域会、建築家協会九州支部福岡地域会、構造技術者協会九州支部、建築積算協会九州支部、建築学会九州支部福岡支所、建設業協会福岡支部、福岡市(住宅都市局建築指導部、消防局およびそのOB)であり、賛助会員として建築設備技術者協会九州支部、福岡県設備設計事務所協会が参加をされています。

当日の資料は建築士会HPに掲載しています。
※令和4年度 福岡市住宅都市局 組織編成案も追加で掲載しております。

→ http://www.f-shikai.org/member/chiikikai_info.html?&area=40
福岡地域会 代表 上田 眞樹
報告

宗像地域会ボーリング大会・懇親会と春の花植え

令和3年12月14日18時より宗像シティーボールにて毎年恒例のボーリング大会を開催致しました。
ちょっと下火のコロナ禍時期でしたが、ボーリング場も感染対策(ボールの消毒・マスク着用・ハイタッチ等無し)を徹底され、昨年同様静かな大会となりました。

しかし、自粛を余儀なく業務に携わり、頑張っている会員さんの顔もストライク有り、ガーター有りで次第に笑顔になりスコアは、関係なく有意義な時間を過す事が出来ました。
表彰式はボーリング場のレーンをお借りして、終始和やかに終わる事が出来ました。
また、その後の懇親会場は、お店の配慮で32人の大部屋を11名にて間隔を取り和やかに会食いたしました。久々の顔合わせで、終始皆さん笑顔でした。
参加者:会員11名

令和4年3月29日16時よりJR東郷駅日の里口及びくすの木園で花苗の植え替えを行いました。
プランターで20個、80本の苗で今回はデージー、ムルチコーレ、マリーゴールド、ノースボールです。培養土、牛フン、肥料をよくかきまぜプランターの土の入れ替えも同時に行いました。プランターが劣化により数が減っています。
来年度は、プランターを増加し地域の皆様に喜んで頂ける様勤めたいですね。
くすの木園の方から感謝の言葉を頂きました。
参加者:8名

宗像地域会代表 真田 政明
案内

第7回だざいふ景観賞の作品を募集しています

太宰府市都市整備部都市計画課よりお知らせです。

第7回だざいふ景観賞を実施いたします。
あなたが素敵だと感じる太宰府市内の景観を教えてください。自薦・他薦は問いません。応募者は市内外問いませんので、皆さんのご応募お待ちしています。
詳細は以下のチラシをご参照ください。
第7回だざいふ景観賞の募集要項等(チラシ)

募集期間
令和4年5月1日(日曜日)~令和4年6月30日(木曜日) ※当日消印有効

応募特典
優秀作品の応募者には賞状を、所有者・設計者には、賞状・記念品等を差し上げます。

 ☆応募対象、応募方法、応募の際の必要事項、選考方法等詳細につきましては、太宰府市HPからもご覧いただけます!
      ↓
 https://www.city.dazaifu.lg.jp/soshiki/20/19703.html

主催:太宰府市(事務局:都市計画課 景観・歴史のまち推進係)
後援:福岡県/一般財団法人 福岡県建築住宅センター/公益社団法人 福岡県建築士会
   公益社団法人 福岡県宅地建物取引業協会 筑紫支部/
   公益財団法人 太宰府メモリアルパーク(景観・市民遺産育成団体)

【問合せ先】
 太宰府市都市計画課 景観・歴史のまち推進係
 TEL 092-921-2121(内線:424)
 メール:urban-planning@city.dazaifu.lg.jp
太宰府市都市整備部都市計画課
案内

事務局だより

会員の皆様へ

本会では、現在8つの委員会が活動を行っております。
会員の皆さまで、委員会活動にご興味がある方はいっしょに活動されませんか。

【総務部門】
 ・総務・財務委員会(会の会計管理等)
 ・広報委員会 (PRに関する立案・実施、会誌・図書の企画・編集・発行等)
 ・会員委員会 (会員の相互理解と親睦、会員増強)

【事業部門】
 ・研修・業務委員会(定期講習、各講習会の実施、耐震診断等)

【まちづくり景観部門】
 ・まちづくり委員会(まちづくり活動支援センターに係る事項、まちづくり活動の企画・実施等)
・青年・女性委員会(若い会員、女性を中心に関心あるテーマに沿って活動) 

【建築士制度部門】
・建築士試験・登録委員会(建築士資格の受験受付から試験運営 登録申請等)
・CPD・専攻建築士委員会(CPD制度の運営、普及活動等)
  
☆各ブロック(北九州・筑豊・福岡・県南)からもご選出お願いしています。
委員会細則、活動をまとめています。 こちら をご覧ください!

★活動内容などは、毎月配信のメールマガジンにてご覧いただけます。

☆ご希望の委員会がございましたら、下記事務局にご連絡ください。
〒812-0013
福岡市博多区博多駅東3丁目14-18
福岡建設会館ビル
(公社)福岡県建築士会 事務局
TEL092-441-1867 FAX092-481-2355
報告

tonica北九州建築展2022

会場の様子

最終審査時の様子

北九州建築デザインコミュニティtonicaは北九州市立大学、九州工業大学、西日本工業大学の3大学の学生が主体となり、「北九州に建築議論の場を」というスローガンのもと、2010年に設立した学生団体です。私たちの団体の主な活動としてtonica建築展の運営であり、毎年2月末頃に、全国の学生が北九州の地に自らの作品を持ち寄り、この建築展は開催され、そこでは学生同士、また、クリティークの先生方と学生の熱い議論がなされてきました。

今年度は「伸展」というテーマのもと、学生同士が互いに刺激を与え合い、建築に対する学びや思いなど、これらを共有する連鎖反応を起こすことで我々建築学生の建築に対する関心や意欲、知識が伸び、広がる建築展を開催しました。
社会状況がコロナウイルスによって大きく変化した現在、オンライン化によって対面で行う活動も減りました。しかし私たちは対面での建築議論の場が全国の建築学生同士、さらには建築関係者とのつながりを作り出し、それによって今まで以上に建築を盛り上げていくことができるのではと考えています。
そのため今年度は対面のみで講評会を行うことで、緻密に作られた迫力ある模型や密度の濃いプレゼンボードが会場に並び、出展者の方々が互いに情熱を与え合う、すばらしい場となったと感じております。

また今年度はtonicaの歴史で初めてとなる、北九州市立美術館での講評会の開催や、入賞作品のスペースLABOでの展示といった、新たな試みができた年でした。
この経験を次の世代に引き継ぎ、北九州建築デザインコミュニティtonicaが、北九州の建築を盛り上げていけるよう、邁進して参ります。

協賛していただいた企業様、クリティークの先生方、出展者の方々、その他多くの関係者のご協力をいただき、無事に大会を終えることができました。tonica北九州建築展2022を代表しまして、深く感謝申し上げます。今後も北九州建築デザインコミュニティtonicaをどうぞ宜しくお願い致します。

※受賞作品は公式ホームページでご覧いただけます。
https://tonicakitakyushu.wixsite.com/mysite
tonica北九州建築展2022 代表 伊藤大和
挨拶

面白計算 (5)

  ×算÷算いい加減(5)

1 9 1 9 =10

この式の左辺に ÷×+-や( )を使ったり分数にしたりして、=10 にしましょう? (大人のクイズより) (答は次回に)  (「大人のクイズ」はこのほか色んなクイズが満載、とても面白いです)  (続く)
 

福岡地域会 柘植 成光

貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

[用 紙 等]
 400字程度。ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
[応募規定]
 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
[宛  先]
 福岡県建築士会事務局
 E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
 FAX : 092-481-2355
案内

連合会だより

「日本建築士会連合会 HP」トップページの下段に「連合会からのお知らせ」「新着情報」が掲載されていますのでご覧ください!(2022/4/30現在)

事務局
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

福岡県建築士会写真倶楽部

【題 名】直方チューリップ
【氏 名】堀 謙二
直方のチューリップ祭りの翌週に撮影しました。
まだまだ綺麗に咲いてましたが、来年は桜との共演を撮影してみたいです。
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

シリーズ「建物の遺影」

建物の遺影・幸袋小学校講堂(2012年撮影)
この建物は1936年(昭和11年)伊藤伝右エ門が5万円(現在の1億円くらい?)を寄付して建設されました。当時、鉄筋コンクリート造の講堂は珍しく、落成式には福岡県知事も出席しています。伝右エ門は幼少の頃貧しさのため寺子屋教育も受けず、事業で成功したのちも読書きに苦労しました。この経験から教育事業にも積極的に貢献し学校や育英会を設立しています。嘗て西日本一の講堂とよばれた建物も小中一貫校新設のため2015年にその姿を消しました。

写真倶楽部「建物の遺影」 福岡地域会 江﨑 有

お知らせ

IT導入補助金2022 

IT導入補助金2022が始まりました。

~IT導入補助金とは~
自社の課題を解決するITルールの導入費用を国が補助
業種ならではのお悩み・課題にも対応

IT導入補助金2022

今 お使いのソフト等をバージョンアップ等最新のものに入れ替えたい等ご検討ございましたら、IT導入補助金の対象になるのかの確認や申請のお手伝いをさせて頂きます。
お困りの事ございましたら、どんなことでもかまいませんので、お問い合わせください。

株式会社かがし屋 福岡本社
福岡第二支店 神代崇行
TEL:092-472-7561
携帯電話:080-2700-6884
e-mail:koushiro@kagasiya.co.jp
賛助会
挨拶

エッセイ

     ・入院を境に・・・

 令和2年1月下旬に退院した後、ガラリと変わった事

 ①疫病の流行がインフルエンザからコロナに変わった
 入院中はインフルエンザ対応で病院はピリピリしていて、面会は家族以外禁止、微熱があるとすぐ感染検査を受けた。毎回陰性だった。退院したらコロナ旋風となり、世界がコロナに覆われ、コロナワクチンが開発された。副反応が怖いといってこのワクチンを敬遠する人もいるが、感染者数の死亡者率とワクチンによる死亡者率を比較すればその差は明らかと思って1回目2回目と迷わず打ち、3回目も今年1月早々に接種した。去年はワクチン漬けだった。
❗ワクチンは 肺炎・インフル・コロナ2度 

 ②年賀状が減った
 年賀状は印刷を済ませて12月下旬に宛名書きをする予定だったが、突然の入院で退院が翌1月下旬になったので全部パーになり、R.2年の年賀状が出せなかったのが原因なのか、R.3年、郵便受けの年賀状は8割程に減った。
❗消息を 確かめあうも  年賀状

 80歳台になって何人もの方達が年賀状は今年で最後と宣言されて音信が途絶えた。そんなに親しくはなくても何か寂しい気がする。年に1度の年賀状位出せばいいのにと思っていたが歳を重ねる毎に枚数が多いと宛名書きとか、かなりの負担になるので、私も身内以外はそろそろ撤退しようかと思うのだが、退職後に知りえた人達、現役時代の人達、小学校以来や学生時代の人達、を思いおこすと、自分の人生が消えていくような気がして中々踏ん切りがつかないでいる。
❗人生も 今年めでたく 卆寿かナ?
(続く)
福岡地域会 柘植 成光