(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和2年8月3日発行 第170号 通巻第386号

作品名 恵比寿の家
設計者 山路哲生(東京建築士会)
勤務先 山路哲生建築設計事務所
施工者 (株)巧匠建設
平成31年 日本建築士会連合会賞
奨励賞
8
挨拶

豪雨被害のお見舞い

「令和2年7月豪雨」により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
熊本県はもとより被害に見舞われた多くの地域におかれては、家屋の片づけを始め未だ生活インフラの復旧も追いつかない地域もあるとお聞きします。福岡県においても大牟田市や久留米市にその爪痕を残しました。これから盛暑の中、復旧に向けた様々な活動や作業が続くことになりますが、被災された皆様方にはご健康に留意されますようご祈念いたします。私どもも可能な限りのご支援をさせていただく所存でありますし、一日も早い日常の回復をお祈りいたします。
会長 鮎川 透
案内

令和2年7月豪雨災害 ~身近になる「災害」に遭ったときに~

毎年のように全国各地で天災が起き、今年は九州や岐阜・長野などの東日本で発生し、福岡県内では久留米地区や大牟田地区で広く浸水が起きました。また、今回の災害で会員の中にも被災された方もいらっしゃいます。
【災害】が遠くでの出来事ではなく、身近な問題となってきています。
『水害』というと復旧等については、土木的要素の印象が強く、建築士として関わりが感じられないため、
水害で被災した家屋が “どのように被災し”、“どのような過程を経て復旧していくか” “復旧するための支援の仕組み”など、一般的に知られていないのが実状です。
今回九州各地で発生している災害について、九州ブロック青年女性連絡協議会の中で災害に関する情報共有するfacebookページが開設されました。
一昨年の佐賀豪雨災害を機に武雄市で水害復旧支援を建築士として活動している方をメイン講師に迎え、水害で被災した建物についてや支援の仕組み、関わり方等の勉強会を行っています。
『水害』と言っても、その発生状況により被災の状況が異なったり、復旧の仕方も今まで常識とされていた事が変わりつつある事を知りました。支援についても制度が刻々と変化している状況です。
勉強会の中で紹介のあった資料を皆様にも広く知って頂きたいので、ご紹介致します。
また、情報共有ページでのセミナーを経て、佐賀県建築士会版の『建物浸水被害復旧のポイント』に 一部新しい情報等を付け加えた「福岡建築士会版」を作成致しました。
この内容については、HPにも掲載をしております。

(資料)
 ・『水害にあったときに』 災害がつなぐ全国ネットワーク https://blog.canpan.info/shintsuna/
 ・『建物浸水被害復旧のポイント』(公社)福岡県建築士会版
 ★福岡版「建物浸水復旧のポイント」は こちら をご覧ください。
 ※会誌 建築士「8月号」にも同封しています!

災害がつなぐ全国ネットワーク作成による冊子

九州ブロック青年女性建築士連絡協議メンバーで開設された災害情報共有のfacebookページ

青年・女性委員会 委員長 樋口 はる香
まちづくり委員会 防災部会 中原 明子
挨拶

【建築士会 新理事挨拶】

今回新理事になりました成田(田川地域会代表)と申します。
我が地域会では会員の高齢化に問題があるようですが、何か魅力ある会に育っていければと思っております。
最近は各地区で大きな災害が起こっています。建築士の皆様で何か知恵を出し合い防災のお手伝いができればと思っております。
鮎川会長及び役員会員の皆様のご指導ご協力をよろしくお願い申し上げます。

理事、田川地域会代表 成田 忠憲
挨拶

【建築士会 新理事挨拶】

この度、福岡地域会の推薦で新任の理事を拝命いたしました碇好生と申します。あわせて建築士試験・登録委員長としても務めることになりました。
7月に入りまして、二級建築士、一級・木造建築士の学科試験が2週続けて実施されました。制度の改正と併せコロナウィルス対策で例年にない対応が必要となりましたが、会長、副会長のご指導、並びに試験監理員としてご協力していただいた皆様のご支援、そして事務局の奮闘で何とか無事に終えることができました。本当にありがとうござました。心よりお礼申し上げます。
社会の変革に対応して、今後も、建築士試験・登録の事務を含む建築士会の様々な事業についても改善が迫られるものと思います。情報収集等を重ね、微力ではございますが、精いっぱい取り組んでまいりますので、皆様のご協力・ご指導をよろしくお願いいたします。

理事 碇 好生
挨拶

【建築士会 新理事挨拶】

会員の皆様初めまして、今年度、理事を努めさせて頂くとこになりました、糸島市地域会の坂井です。
さて、今年度は、新型コロナウイルスをはじめ、いろいろな災害等を考えなければいけない年となっています。
地域の安全性、建築物の安全性、エネルギ-の問題等々、私たち建築士がこれから真剣に考えなければならない課題が沢山あります。
そんなことを思いながらこれからの士会の活動に、人と人との絆を大切にして携わっていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

理事、糸島地域会代表
坂井 恵亮
挨拶

【建築士会 新理事挨拶】

初めまして、筑紫地域会の中西孝昌と申します。
前代表の永田昌人様には建築士会が『公益社団法人』に変更になる前から筑紫支部長また、変更後の筑紫地域会代表と長年務めて頂いてありがとうございました。その永田様に代わり今年から筑紫地域会の代表をさせて頂く事になりました。今まで筑紫地域会の中だけで楽しんでいましたが、理事としての責任を感じています。
 
私達の筑紫地域会も他の地域会と同様に会員の高齢化・減少が問題となっていますが、楽しく地域会の活動が行われれば会内が活性し、若い方々が入って頂けると思いますので、『楽しい筑紫地域会』を目指し頑張って活動していきたいと考えていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
また、理事として分からない事ばかりですので、鮎川会長様はじめ役員の方々ご指導・ご鞭撻宜しくお願い致します。

理事、筑紫地域会代表 中西 孝昌
挨拶

【建築士会 新理事挨拶】

この度、県南ブロックの推薦で理事を拝命いたしました 八女地域会代表 中嶋です。
全国でコロナ禍に対応する努力がなされ、大雨災害に因る痛ましい事象が続いている最中、当士会の役割を今一度認識し、十二分に責務を全うできるよう努力していかなければならないと考えております。
役員、会員の皆様、何卒ご指導、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

理事、八女地域会代表 中嶋 悟
案内

募集中!第33回福岡県美しいまちづくり建築賞

第33回福岡県美しいまちづくり建築賞

■募集期間 
令和2年7月8日(水)~8月19日(水)
              ※ 当 日 消 印 有 効
※早めの応募・推薦をお願いいたします。

■応募部門
《住宅の部》
・一戸建ての専用住宅。ただし、併用住宅で住宅部分の延べ面積が過半を占めるものを含みます。
・長屋建住宅及び共同住宅等の集合住宅、街区を形成する住宅群。
ただし、複合用途で住宅の部分の延べ面積が過半を占めるものを含みます。

《一般建築の部》
・原則として住宅の部以外の建築物を対象とします。

■表彰
令和3年5月(予定)に、所有者、設計者、施工者の代表者などの方に対して、福岡県知事等が表彰を行います。
なお、協賛団体により(一財)福岡県建築住宅センター理事長賞を設けております。
 
■作品の送り先
福岡県建築都市部住宅計画課内
「福岡県美しいまちづくり建築賞事務局」         
お問合わせ電話番号 092-643-3733 
 
■インターネットでの応募     
福岡県庁ホームページ 福岡県美しいまちづくり建築賞
http:// www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kenchikusyo.html
*「福岡県美しいまちづくり建築賞」で検索 
 
■郵送での応募
応募用紙に必要事項を記入し、次の図面を併せて応募してください。
・A3横使いの用紙に設計趣旨、配置図、平面図(以上必須)、および立面図等その他必要な図面をまとめたもの。
図面は2枚まで可能(応募用紙と合わせて3枚限度)です。

★選考の対象、応募方法等詳細は下記(福岡県ホームページ 第33回福岡県美しいまちづくり建築賞)をご覧ください。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kenchikusyo.html
福岡県建築士会事務局
報告

6/30(火)臨時理事会、第1回運営協議会合同会議

6月30日火曜日に令和2年度6月臨時理事会と第1回運営協議会が開催されましたので概要を報告します。

○日 時:令和2年6月30日火曜日 14:00 ~ 15:30
○場 所:ARKビル2階大会議室
○出席者:42名 (欠席 2名)
○議 題
(1)6/5定時総会報告について
◆令和2年度定時総会議事録抜粋 
今年度は、書面決議による定時総会となり、書面決議の回答の中で、会員の方から意見をいただいた。まず、【収支予算】について、①会員・事業収入で約250万円減にもかかわらず、どのような将来を見据えて職員1名、約300万円を増員したのか不明。本当に増員が必要なのか疑問が残る。会員一人当たりの正味財産が年会費程度の今、事務局員の採用は適当か?②書面決議の際は、意見欄を設けてほしい。との意見があり、ご意見につきましては、①今後の定年退職予定者2名、また建築士法改正の建築士登録事務作業増加や各地域会のサポートを見越し、職員を増員いたしました。アルバイト1名が4月に退職しており、事務局職員で事務等業務を遂行していく。②書面決議の際の意見欄につきましては、今後意見欄を設ける。また、【役員の選任】について、理事18名のうち、半数の9名が福岡地域会となるため、非常にバランスが悪いと思う。(理事候補について)会長指名枠を外してはいかが?については、本会定款第21条、第22条及び規則第24条、25条、役員選考細則に沿って運営している。と議事録を作成し、ホームページにアップいたします。
◆令和2年度6月臨時理事会議事録(定時総会終了後)
定時総会にて、役員(理事・監事)候補者全て承認されたので、理事の中から、会長、専務理事、常務理事、副会長の役割等を含め提案があがったので、理事会で承認した。
(2)久留米地域会、浮羽地域会合併について
・5月定時理事会で、合併が承認され、正会員皆様にお知らせしたところであるが、新しい組織図を提出。(当会HPにも掲載済み)
(3)県全体の活動と地域会活動のあり方について
・令和2年度公益目的事業活動について 
(4)令和2年度予算執行について 
・令和2年度収支の現状について
◆今後の見通しについて
コロナ禍の中で、新しい生活様式を見直そうとの動きがあるなかなか思うように活動できない状況であるが、内容を見直し再考していただきたい。
(5)全国女性建築士連絡協議会「福岡大会」等について 
・令和3年度9月頃開催予定であるが、日程等未定である。
(6)会員増強について 
◆正会員入会キャンペーンについて→入会キャンペーンを今年度いっぱい延長(令和2年3月)
(7)事務局報告等 
1)連合会新会長決定について 近角真一会長(前東京建築士会長)
2)令和2年建築士試験について
7月 5日(日)二級建築士試験「学科の試験」 福岡工業大学A棟
7月12日(日)一級・木造建築士「学科の試験」西南学院大学→マリンメッセ福岡
3)会員数推移及び会員資格喪失者、会員権利停止者リストについて
期首会員数 正会員 2,032名/準会員  199名 
正会員 6/15までの入会者  49名/退会者 28名     2,053名
準会員 6/15までの入会者   5名/退会者  7名      197名
4)令和2・3年度県委員会委員について
5)地域会でのDVD講習開催の推進について
6)会計担当者会議開催について 
日時:令和2年7月29日(水)15:00~17:00、場所:建設会館3階会議室
7)研修会等支援制度のお知らせ~福岡県建築住宅センターより
8)「空き家活用サポートセンター(仮称)」について~福岡県建築住宅センターより
9)令和2年建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰推薦 福岡地域会 田中 浩会員
10)令和2年度日本建築士会連合会会長表彰推薦 4名
田川 荒木祐徳会員、宗像 井上 聡会員、久留米 藤木博文会員、浮羽 矢冨英明会員
(8)その他
★今年度の建築士定期講習について
・昨年度3月~6月開催予定の定期講習が新型コロナ感染拡大防止対策のため中止。
また、今年度開催分すべて定員が通常の50%での設定となったため、すでに、11月開催予定の定期講習が満席のため受付終了。追加開催予定している。当会HPをご覧ください。
   
会 員 表 彰  
本来であれば、6月定時総会で、会員表彰を行う予定であったが、今年度は議決権行使による総会となったため、この合同会議で表彰をおこなった。
ご出席者: 飯塚地域会 松尾年勝会員、宗像地域会 井上 聡会員、真田政明会員、
      福岡地域会 伊藤裕一会員、筑紫地域会 永田昌人会員、八女地域会 井本政弘会員、
      浮羽地域会 矢冨英明会員

※令和2年度初めての対面での理事会、運営協議会合同会議で、消毒、マスク等コロナ対策のもと開催した。今回は、審議事項の議案はなかったが、役員改選年で役員交代もあり、あたらしい理事、監事の紹介をした。

専務理事 有澤 廣己
挨拶

「建築と法律」(56)

 設計契約の依頼者Aが大事件事故に巻き込まれ生死不明の場合,その契約はどうなるでしょう?
 もしAが死亡していた場合,設計契約は終了となります(民法653条)が,それがわからないので,1年間様子を見ることになります。そして,1年経っても生死不明であれば,家庭裁判所に失踪宣告をしてもらいます(30条)。それにより死亡したものとみなされますので(31条),契約は終了し,Aの相続人に対し精算を求めたり,今後の協議をしていくことになります。

【会員のための無料法律相談のご案内】
 8月再開予定でしたが,今月も福岡市内での無料相談は休止いたします。電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)
(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司
報告

令和2年度建築士定期講習開催について~現況報告~

昨年度3月開催から6月開催予定の定期講習が新型コロナ感染拡大防止対策のため中止になり、今年中開催分すべて、定員が通常の50%での設定となったため、すでに、11月、12月開催の定期講習が満席のため受付終了している状態です。追加開催予定していますが、今年受講予定の方は、早めにお申込みをお願いいたします。
詳細は本会ホームページをご覧ください!http://f-shikai.org/

◎令和3年1月27日(水)福岡県自治会館(8A-03)〔定員:100名〕
受付期間:7月20日(月)~1月15日(金)

◎令和3年3月3日(水)福岡県自治会館(8A-04)〔定員:100名〕
受付期間:8月17日(月)~2月19日(金)

◎令和3年3月23日(火)福岡県自治会館(8A-05)〔定員:100名〕開催予定です

研修・業務委員長 伊藤 裕一
報告

7/5二級建築士試験、7/12一級・木造建築士試験「学科の試験」

7月5日(日)福岡工業大学にて二級建築士試験「学科の試験」が、7月12日(日)マリンメッセ福岡にて 一級・木造建築士試験「学科の試験」が行われました。

【二級建築士「学科の試験」実施結果表】
           (受験予定者数)(実受験者数) (欠席者数)
福岡工業大学会場       962名     778名    184名
  
【一級建築士「学科の試験」実施結果表】
           (受験予定者数) (実受験者数) (欠席者数)
マリンメッセ福岡会場    1,706名     1,276名      430名

【木造建築士「学科の試験」実施結果表】
             (受験予定者数)   (実受験者数)  (欠席者数)
マリンメッセ福岡会場         5名       2名      3名 

早朝より試験業務にご協力いただきました関係者の皆様、誠にありがとうございました。
9月13日(日)二級建築士「設計製図の試験」、10月11日(日)一級・木造建築士「設計製図の試験」が福岡女子大学・九州ビルにて行われる予定です。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。
建築士試験・登録委員会
委員長 碇 好生
報告

コロナ禍での新しい活動を目指して ~オンライン活用~

新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より『ソーシャルディスタンス』を意識し、三密を避けた活動が求められるようになり、青年・女性委員会の会議自体もオンラインでの開催が多くなりました。
オンラインでのやり取りにまだ慣れない部分もありますが、移動時間が掛からず、距離を気にせず参加出来るメリットも感じ始めているところです。
今年度予定していた公益事業も、新型コロナの影響で一部見直しが必要となりました。
(例年開催している“グリッピキャンペーン”も中止となり、代替イベントとして各団体の活動動画をYouTubeで紹介する事となりました。)
青年・女性委員会では、「習うより慣れろ」の姿勢で “まずは、やってみよう!”と 新たな試みとして『オンライン』を活用したセミナーなどの事業を計画する事にしました。

「オンラインへ慣れる事」「オンラインを通じたコミュニケーションづくり」「オンラインのスキルアップ」「オンラインを通じた情報共有」を目的に、今後皆さんにセミナーの案内をお送りいたします。

不慣れな部分もありますが、皆様と一緒にオンライン活用術のスキルアップを目指したいと思いますので、お気軽にご参加下さい。

九州ブロック青年女性建築士連絡協議会オンライン会議の様子

青年・女性委員会 女性部会長 近藤 富美
報告

令和元年度の地域貢献活動助成~学生4団体の取組み~

 福岡・まちづくり活動支援センターによる地域貢献活動助成は、地域住民と共に実践するまちづくり活動を支援し、地域環境及び建築文化の向上に貢献することを目的に、平成14年に福岡県建築士会内に設立され、これまで17年間にわたって多くの団体活動を支援してきました。
 平成26年度からは将来の建築士会会員予備軍である建築系の学生団体のみを対象としました。昨年度は、下記の4件の学生団体に助成し、本年度4月に報告を受けましたので、その活動内容を報告させていただきます。各団体とも学生さんの創意工夫が感じられ、今後の継続した活動を期待するものです。

令和元年度学生団体の活動概要
■各団体の活動報告は下記団体名をクリックするとご覧いただけます。
西日本工業大学 岡田研究室
九州産業大学都市デザインゼミナール
麻生建築&デザイン専門学校建築サークル
九州産業大学 松野尾研究室

まちづくり委員会副委員長(まちなか・地域貢献部会会長) 山田 龍雄
報告

6/27(土) 北九州地域会役員会

6月27日(土)に令和2年度北九州地域会役員会を西村代表の下、西小倉市民センターに於いて9名の出席を得て、下記議題にて開催致しましたので概要報告致します。
1.開会
2.議事
1)県本部からの報告
・県本部会議開催について
・建築士定期講習について近況報告
2)各委員会からの報告
・『学生と建築と語る会』中止報告
・『関門景観ウォッチング』開催は未定
3)全員集会開催中止について
・全員集会冊子を8月号会誌に同封
4)地域会事務局について
・業務内容・引継ぎ先について協議
5)会計について
・業務内容・引継ぎ先について協議
6)建築六団体引継ぎ会議について
3.閉会
以上の内容に関して意見交換を行った。

北九州地域会広報 冨田慎一郎
お知らせ

令和2年度 北九州地域会全員集会中止のお知らせ

令和2年度北九州地域会全員集会は、新型コロナウィルス感染症感染拡大防止の為、
開催を中止とさせて頂くことを決定しました。
北九州地域会会員の皆様には、8月号会誌に全員集会冊子を同封致します。

【令和2年度 全員集会冊子】
① 令和2年度  推進体制
② 令和元年度  活動状況
③ 令和元年度  決算報告
④ 令和2年度  活動計画
⑤ 令和2年度  予算

以上。
何卒御了承の程、御願い申し上げます。


北九州地域会代表 西村敏幸
お知らせ

7/31福岡地域会幹事会 書面会議開催報告と
10月観月会中止のお知らせ

令和2年7月31日に予定しておりました福岡地域会幹事会を通常開催できるか検討いたしましたが、新型コロナウイルスの再流行も気になる中、当地域会幹事・相談役総勢57名中、出席者が40名を超える大会議になることを考慮し、今回も書面会議にて開催いたしました。議題として、県本部情報、県各委員会からの報告・案内、福岡地域会の活動内容や今後の予定について挙がりました。
また、例年、同日に開催している納涼会は、賛助会と合わせて50名以上のご参加となるため、残念ながら今年は中止といたしました。

なお、毎年恒例の「観月会」も、今年は開催中止となりましたので、併せてお知らせいたします。

以前のような活動を行うことが難しい状況ではございますが、しばらくは小会議や小現地調査などを続けながら、さらに、「新しい生活様式」を各自で実践し、このコロナ禍を乗り越えていくとともに、福岡地域会の着実な活動を頑張りましょう。
福岡地域会 代表 大嶌 栄三
挨拶

ウソ?ホント?(4)

   残った!残った!
 楽しみな大相撲、コロナをコロリとやっつけて欲しかったがとうとう中止になって残念。この相撲の土俵の東西南北に土俵が1個づつ外にずれている箇所があり、これを得(又は徳)俵というが、何故こうなっているのだろうか? これは相撲を面白くする為で、押された時、ここに足がかかると俵の幅だけ土俵の外に出ないので得をするから。本当だろうか?
(前回の答=ホント。右折オンリーの時の交差点内)
車は歩行者に気をつけましょう。 (続く)
福岡地域会 柘植 成光

貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

[用 紙 等]
 400字程度。ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
[応募規定]
 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
[宛  先]
 福岡県建築士会事務局
 E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
 FAX : 092-481-2355
お知らせ

新入会員キャンペーン続行!!

3月理事会で決定し、まずは新規会員勧誘のキャンペーンを実施しておりましたが、キャンペーン続行が決まりました!
今年度3月末日延長しましたので、是非この機会に周りの方へ建築士会のPRや入会をお誘いください。
 新入会員の方も、紹介者の方もインセンティブがあります!!

◎新入会員の特典
キャンペンーン期間中、入会金1,000円を免除します。
◎紹介者の方の特典
入会者1人につき1,000円のQUOカードを差し上げます。
◎会員増強に貢献した会員の表彰
3名以上の新入会員の紹介者には来年度の6月開催予定の定時総会で表彰します!

※紹介者=入会申込書[2]入会理由書欄の[紹介者]に記入された方に限ります。
事務局
お知らせ

連合会だより

「日本建築士会連合会 HP」トップページの下段に「連合会からのお知らせ」「新着情報」が掲載されていますのでご覧ください!(2020/7/31現在)

事務局
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

福岡県建築士会写真倶楽部

【題 名】熊本健軍神社
【氏 名】堀 謙二
健軍神社の鳥居と楼門です。このバランスはなかなか珍しいと思います。