(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和元年9月2日発行 第159号 通巻第375号

作品名 鞘ヶ谷の家
建築主 個人
設計者 柳瀬真澄建築設計工房 代表 柳瀬 真澄
施工者 山下建設株式会社 代表取締役 山下 辰信
第31回福岡県美しいまちづくり建築賞
優秀賞(知事表彰)【住宅の部】
9
案内

会員作品展の募集は、常時募集となります

福岡県建築士会ホームページにて掲載しております会員作品展は、従来、春夏号(4月~9月)と秋冬号(10月~3月)の年2回、3月と9月の1か月間で募集をしておりましたが、募集期間1か月ではなかなか作品が集まらず、広報委員会としても四苦八苦しておりました。また、会員の皆様も作品の完成時だと出品し易いのではと思います。
そのため、年2回(春夏号、秋冬号)の発表の場は変わりませんが、作品の募集期間を常時募集とさせていただきます。なお応募された作品は、直近(春夏号または秋冬号)にて発表させていただきます。
また、作品の募集要項はこれまでと変わりませんので、福岡県建築士会ホームページの会員作品展作品募集要項をご覧ください。
作品は、用途や規模にとらわれず、過去5年以内で会員が担当した作品をPRしてください。

会員作品展募集中 いつでもご応募できるようになりました。
こちらからご応募できます

会員作品展募集フォーム
広報委員会副委員長 大嶌栄三
報告

7/31地域会会計担当者会議

7月31日(水)建設会館702会議室において15時より各地域会会計担当者による会議を行いました。
一昨年も開催しましたが、地域会毎に仕訳明細や内訳が異なったり、又は会計担当者が変わったりしたので
本年度は開催しました。参加者は、事務局を含め19名、議題としては、県本部事務局との業務分担について、会員推移状況、会費入金状況、
又、2019年版地域会会計運営マニュアルに基づき説明が行われました。
その後、意見交換が行われ、各地域会活動費の運用状況や次年度を見据えた活動資金の運営などの意見がありました。
単年度決済だけではなく次年度も含めた運営が出来ないか検討して行きたいと思います。

総務・財務委員長 髙村龍実
挨拶

「建築と法律」(45)

 株主が不祥事をした取締役の解任をするにはどのような手続きとなるでしょうか。
 取締役は,株主総会で解任できます。株主総会は,取締役が招集するのが通常ですが,議決権の100分の3以上を有する株主は取締役に対し株主総会の招集を請求することができます。そして,株主総会を開かない場合,裁判所の許可を得て(他にも要件があります。),その株主が株主総会を招集することができます。このように,取締役,あるいは,株主(議決権の100分の3以上)が株主総会を招集し,その総会にて解任の議決をすることとなります。

【会員のための無料法律相談のご案内】
9月17日(火)に福岡市内で無料相談を開催いたします。電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。
電話0985-65-8800
(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)
(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司
案内

定期講習(北九州会場)・DVD講習会のお知らせ

令和元年度第三期一級/二級/木造建築士定期講習(有料)のご案内 

平成20年11月28日に改正された建築士法の規定により、建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士又は木造建築士は、3年毎に国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う、一級建築士定期講習、二級建築士定期講習又は木造建築士定期講習(以下「建築士定期講習」という。)を受講することが義務付けられています。
このたび、令和元年度第三期建築士定期講習の詳細が下記のとおり決定し、受付を行いますのでご案内いたします。
 今年度は、平成28年度に受講された方が、受講の対象にあたる年になりますのでご確認をお願いいたします。
     
◆講習日◆ 令和元年12月18日(水)
◆会場◆ リファレンス小倉魚町貸会議室
◆定員◆ 35名(DVD講習)
◆受付場所◆
(公社)福岡県建築士会
福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
電話番号 092-441-1867
◆受講受付期間・時間◆
  令和元年8月19日(月)~令和元年12月6日(月)
  9:30~16:30(ただし、土曜日、日曜日、祝祭日は除く。)
※講習の受付は申込受付順とし、受講申込者数が定員に達した場合、または極端に受講申込者が少ない場合は、
 希望する講習地及び講習日が受講できない場合があります。

◆受講申込書関係書類の配布時間◆
 9:30~16:30(ただし、土曜日、日曜日、祝祭日は除く。)
◆受講申込書配布場所◆
  (公社)福岡県建築士会事務局
  (一社)福岡県建築士事務所協会 事務局
◆配布価格◆無料(受講を希望する方1人に1部)
◆会場コード◆ 8A-02
◆受講料◆ 12,960円(消費税込)


「次世代住宅ポイント制度とリフォーム工事に関する講習会」のご案内

次世代住宅ポイント制度は、10月の消費税率引き上げに備え良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、税率引き上げ前後の需要変動の平準化を図るための制度です。住宅のリフォームにおいても要件によりポイントが付与され、そのポイントを用いて特定の商品と交換することが可能な制度です。住宅リフォーム工事に関する講習は、既存住宅状況調査技術者に向けたスキルアップ講習であり、調査に役立つ実務的な部分について学習できる講習会となっています。ご参加をお待ちしています。
(CPD2単位予定)
◆講習日:令和元年11月28日(木)14:00~16:20(受付13:45~)
◆場所:福岡建設会館 7階701会議室 (福岡市博多区博多駅東3-14-18)
◆定員:60名(先着順、定員になり次第締め切ります。)
◆受講料:建築士会会員3,000円
     連合会の既存住宅状況調査技術者登録者3,000円
一般5,000円
◆講習形態 DVDによる講習(テキストは、連合会編集のパワーポイント資料集)
◆締め切り 令和元年11月15日(木)
                           
                         
 研修・業務委員長 伊藤裕一
案内

グリッピーキャンペーン

福岡市花と緑の一人一花サミット 
『グリッピキャンペーン2019』に参加します。
日程 10月26日(土)27日(日)9:00~17:00  
場所 福岡市植物園

活動内容は「ミニ上棟式」と「工事体験ワークショップ」です。
1.5間×1.5間程度の木造軸組みの組み立て作業を行い、棟上げ完了後には「餅まき」を予定。
工事体験ワークショップでは、建て方後に外壁板張りや塗装、壁面緑化などを計画しています。
身近である木造の特徴や伝統の文化を一般の方や子供たちに知って頂くと共に、建築士や建築士会の活動を多くの人に伝えたいと考えています。
このような活動は小さな取り組みかもしれませんが、少しの体験を通して建築物や自然環境などへ興味を持つ子が現れ、将来の建築士へとつながるかもしれないと思っています。

ミニ上棟式のイメージです。在来軸組工法で計画。

2018年の活動風景。木製デッキをつくり様々なイベントに活用いただきました。

イベント会場の植物園全景

木製プランターつくり

九州北部豪雨での流木や被災木がまだまだ多く残っていますので、それらを再利用した『木製プランターづくり』なども予定しています。
楽しいイベントとなるよう準備や当日の作業を一緒に活動いただける人を募集しています。
興味のある方は事務局までご連絡をお願いします。
多くの皆様の参加協力ならびに、ご来場をお待ちしております。
青年・女性委員会
副委員長 馬渕淳司
報告

スキルアップ講習会

 去る、7月27日にヘリテージマネージャースキルアップ講習会の本年度4回目が、宗像大社にて行われた。まず、清明殿にて「文化財建造物の防災対策」と題して、県文化財課の田上課長補佐に火災対策を中心に講義いただいた。保存活用計画のおさらい、火災発生時の各種防災設備の解説、実例紹介のお話をお伺いした後、「重要文化財の防災防犯設備に学ぶ」と題して演習を行った。演習内容としては、宗像大社神門内にて実際の巧妙に設置された各種設備を探し出し、プロットする作業を行った。答え合わせの前に、株式会社近代文化設備設計の甲斐社長、梶原部長に報知板、放水銃、ポンプ等の設備を現物を前に解説いただいた。再び清明殿に戻り、図面の照らし合わせを行い、すべて探し出せたか確認した。全て正解したものは、ほとんどいなかった。
 実際に現物を前にして、設計者の話を伺え、大変興味深かった。

清明殿での講習の様子

屋外演習作業

防災設備見学1

防災設備見学2

まちづくり委員会HM 花吉朝陽
報告

7/6学生と建築を語る会(学生感想)

●今回の学生と建築を語る会を振り返って、まずリアルな建築の話を聞くことができたのが、今回この会に参加して一番良かったと思えた点です。またこの会では、行政・施工・設計の3つの分野に分かれて話を聞くことができる機会が与えられ、行政の方の話を聞くことは大学で普通に建築について学んでいてもなかなか知ることがないため、「“建築”という言葉一つでもこんなに幅広く様々な職種に行き渡っているのか。」と驚く場面もありました。また、他大学の学生の方々の話も聞くことができ、「建築」に対する学生が掲げる様々な疑問というものも知ることができ、様々な観点から建築を見ることができました。

私は、構造について深く学びたいなと思っていたのですが、構造の勉強について「是非これから頑張ってください」という応援の言葉も頂けたので、この会を通じて更に勉強に対するやる気も高まりました。本日はありがとうございました。

【北九州市立大学 建築デザイン学科  奥薗尚人】



●今回の「学生と建築を語る会」で、普段とは違う本物の現場の声を聞くことが出来てとても為になりました。私は将来、設計の道を目指していますが、現在行っている大学校の施工実習も楽しく、施工分野に進んだらどんな人生になるのかも気になっていました。そんな中で今回設計・施工・行政の3分野の視点から、お仕事をするにあたっての気をつけなければならないことや自他の考えにはギャップが生じること、他分野に引き継ぎする際の捉え方の違いなどを教えていただき、自分の視野を広げることが出来て良かったです。去年に引き続き2度目の参加でしたが、何も分からずただただお話を聞くしか出来なかった前回と比べ、自ら疑問を投げかけて自分の成長も感じることが出来ました。来年度も3度目の参加を検討しています。有難う御座いました。

【九州職業能力開発大学校 横山奈央】



●私は去年の語る会に続き2回目の参加となります。去年は初参加ということもあり、うまく会話にはいれなかったり、自分の考えをうまく話せなかったのを覚えています。しかし今回は就職先から内定を頂いてたこともあり、その報告やこれから社会人になるにあたっての心構えなどを相談させていただきました。また去年は大まかにしか希望職種が決まっておらず、設計・施工・行政全てのブースに足を運びお話を聞きました。元々は設計に興味がありましたので、就職活動では主に設計方面で進めていきました。ありがたいことに6月末に住宅メーカーから内定を頂き、設計のお仕事をさせて頂くことになりました。そして今年の語る会に参加し、改めて設計のお仕事の極意を学ぶことが出来ました。並びに将来独立するのかどうかまで考えることができ、大変良い機会になりました。今回4年生1人の参加と少し寂しい部分はありましたが、それをも忘れるくらい夢中で話を聞けました。このようなイベントに2年連続で参加できましたこと嬉しく思っています。ありがとうございました。

【西日本工業大学 デザイン学部建築学科 友松賢太】



●私は自分の進路を考える中で、建築士をはじめとする建築業界の方々の話を伺い、建築業の理解を深めるために参加しました。高校生では知識不足で話についていけないのではないかという不安がありましたが、建築士会の方に分からないことを直ぐに質問することができ、とても話しやすかったです。第一部では、設計・施工・行政の三つのジャンルの話を聞いていると、知らないことや勉強になることばかりで、とても良い刺激を受けました。私は建築行政の仕事に興味があり、第二部のフリートーキングでは、行政の話を選択しました。確認審査や市役所の建築技術職の仕事内容について具体的に知ることができ、建築物を建てることばかりに目が行きがちな建築業ですが、こういった裏方の仕事はとても肝要で興味深いと再確認しました。今回は、大変有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

【戸畑工業高等学校 建築科 増田優】



●学生の人数と同じくらいの講師の方がいたので、1対1で親密に話すことが出来て良かったです。グループ討議の際は一つの質問に対して、その答えとプラスアルファで知識を教えていただいたので勉強になりました。個人的な意見としては不動産関係のお話も聞けたらと思いました。この度はありがとうございました。

【九州女子大学 家政学部人間生活学科 元山莉捺】



●行かなければ聞けない体験談などが聞けたことや自分が不安なことや疑問点を聞きやすい環境で質問することができました。参加できて良かったと思います。

【九州女子大学 家政学部人間生活学科 入江文那】

報告

7/23 北九州地域会役員会及び暑気払い

7月23日(火)に令和元年度 建築士会北九州地域会役員会を西村代表のもと、鍛冶町の俵屋において暑気払いも兼ねて開催しましたので報告いたします。出席者は13名でした。
1.全員集会の報告
2.学生と建築を語る会の報告
3.計画事業進捗
・CLT建築現場見学会
・研修旅行(八女方面)
・関門景観ウォッチング
4.その他
・今後の親睦のためにゴルフコンペをしよう

この後、士会の会員さん数名も一緒に暑気払いが開催されおおいに盛り上がりました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

北九州地域会 根本かおり
案内

10月19日(土)見学会~ 宮地嶽神社・奥之宮八社・宗像大社~

“光の道”や映画のロケ地となった事で話題になった「宮地嶽神社」と、その奥にある“巨石古墳”を社殿とする「奥之宮八社」、世界遺産の「宗像大社」の見学会を福岡地域会と青年・女性委員会共催で企画中です。先行して見学概要をご案内致します。詳細が決まり次第、メールにて案内予定ですので、ご興味のある方は、是非ご参加下さい。
【開催予定日】2019年10月19日(土)10時~17時
【見学予定箇所】
①宮地嶽神社及び奥之宮八社
②宗像大社
※昼食をはさみ、①と②を見学
福岡地域会 地域事業委員長 樋口 はる香
案内

福岡地域会らしい活動の募集

令和元年の会員集会において、事業計画の基本方針の中で新しく「福岡地域会独自の地域会活動の活性化を図る」という方針を掲げ、今年度は、「福岡地域会独自の活動の掘り起しと活動支援・協力」を地域会活動の重点活動の目玉の一つとして掲げております。
従って、今年度は、会員の皆様の中から、「福岡地域会らしい活動」の提案を募集します。
福岡地域会らしい活動とは何かと聞かれると戸惑いますが、福岡地域会の会員数約1000人の知恵を絞ってもらって、福岡県建築士会福岡地域会の会員にとって魅力のある活動を提案して頂ければとおもいます。
今年度の福岡地域会の事業活動としては、全建女見学会、グリッピキャンペーン、春日ベース、書道倶楽部、三味教室、建築防災まちづくりなど活動を行う予定です。また、親睦会としては、会員集会後の懇親会、納涼会、観月会、福岡建築倶楽部の新年会を予定しています。この中の活動でも、さらに福岡らしさ、福岡の独自性を発揮して活動を期待しますし、まったく新しい発想でも構いません。
まず、福岡地域会らしさとは何かを考えていただき、(たとえば、福岡市の特徴、現在の福岡地域会のいいところ、よくないところ、不足しているところ、福岡地域会会員同士でやれる活動、会員としてやりたい活動はあるのだが一人ではやれない、などをキーワード)、できるできないは次の段階として、アイデアを募集します。
応募のなかから、次年度に活動予算を計画します。
応募は、令和2年3月末までで福岡県建築士会福岡地域会事務局まで気軽にメール(f-shikai@poppy.ocn.ne.jp)またはファクス(092-481-2355)までお願いします。
福岡地域会代表 大嶌栄三
案内

福岡地域会募集記事(三味線教室)

三味線教室 生徒募集!
江戸時代のカラオケ「小唄」を唄ってみませんか? 日本の楽器「三味線」を弾いてみたい人、1対1の個人塾=只今、若干名募集中!=授業料は出席の日だけ!30分2千円~忙しい貴方にピッタリの《三味線教室》~お申込みは建築士会事務局へ。(杵屋 佐和成)
福岡地域会 柘植成光
案内

福岡地域会募集記事(建築士会書道倶楽部)

 書道倶楽部では、古典の臨書をしながら作品作りをしています。自分の家や会社・事務所に飾れるものが中心です。
 好きな言葉を筆で書いてみたい、墨の香りを楽しみながらゆっくりとした時間を過ごしたい、書道に興味がある方、一緒に筆を持ちましょう。
 今年は「家」をテーマに11月、書道倶楽部の作品展を予定しています。またあらためて、お知らせします。

福岡地域会 渡邉佳代(書道倶楽部 主宰)
報告

8/20 福岡建築行政研究会 第14回定例会

 建築行政に関する研鑽を図ることを目的に設立された福岡建築行政研究会の第14回定例会が令和元年8月20日(火)に開催されました。
 福岡建築行政研究会の構成会員は建築士会福岡地域会、事務所協会福岡地域会、建築家協会九州支部福岡地域会、構造技術者協会九州支部、建築積算協会九州支部、建築学会九州支部福岡支所、建設業協会福岡支部、福岡市(住宅都市局建築指導部、都心創生部、消防局およびそのOB)であり、賛助会員として建築設備技術者協会九州支部、福岡県設備設計事務所協会が参加をされています。今回は、福岡市より、①事前完了検査制度について(建築審査課)、②「博多コネクティッド」について(都心創生課)の情報提供がありました。その後、各団体より行政に関する意見交換が行われ、情報の共有がはかられました。
福岡地域会 副代表 上田 眞樹
お知らせ

皆さんの声を聞かせて下さい。~令和元年度公益事業~県南ブロック協議会で取り組む建築士を目指す若者との交流

 建築士を目指す学生が少なくなってきている。母校の建築学科教授の話である。
今の学生は、建築学科で学びながらどの様な生涯設計を描いているのだろうか?
自らが学ぶ学部学科を選択する段階で将来のことを考えていないのだろうか?
私自身は、家業である建設業を引継ぎ、建築士として、建築士事務所として、総合建設業として、…。
 今回、母校である有明工業高等専門学校へ出向き、学生の皆さんとの交流企画を持ち込んだところ、インターンシップ教育授業の1時間を提供していただきました。有明高専卒のOB・OGを中心に学生の皆さんに『建築士』・『建築士事務所』・『施工監理』等々…。ストレートに投げかけてみたいと考えています。
 我々が、どんなことをやっているのかを知ってもらい、その魅力なり、いろんなことを考えてくれる機会になればと考えています。県南ブロックエリアだけでも、建築関連の学科のある高校・専門学校等々存在しているのですから、そこで建築を学ぶ若者が何を考え、将来を考えているのか、そこを知るところから始められればと考えています。
 建築士会会員の皆さんのご意見やこんなことを聞いてみたいとか、これだけは伝えてほしいとか、何でも構いませんので、皆さんのお声をお聞かせください。
11月中旬の火曜日の1時間という事で、現在授業の組み立てを検討している段階です。
皆さんのご意見をお待ちしております。
県南ブロック副会長 岡秀昭(柳川地域会代表)
報告

事務局だより~ 8/23九州ブロック会事務局職員会議

 九州ブロック会事務局長・事務局職員会議が8年振りに福岡会場で開催されました。「福岡会場」=博多or福岡市内でしたが、ここ数年のホテル事情でなかなか予約も難しく、また今年度(公社)福岡県建築士会福岡地域会講演会で『リノベーションまちづくり』について講演いただいた田村晟一朗 北九州地域会会員に、職員会議当日の『リノベーション・ツアー』をお願いし、小倉での開催といたしました。当日は、九州ブロック会長松竹宮崎県会長、本会鮎川会長をはじめ九州各県の建築士士会事務局長、職員のみなさま、また高知建築士会会員のかたを含め17名で見学させていただきました。暑い中、1時間以上歩きましたが、大変興味深かった等のお言葉をいただきました。『リノベーション・ツアー』最終地点は室町シュトラッセ=会議会場。シュトラッセでは、建築技術教育普及センターの方もご出席いただき、「改正建築士法及び建築士免許登録等について」会議をし、その後の懇親会は観山荘に場所を変え、北九州ブロック開田副会長、西村北九州地域会代表もご出席いただき、参加者の皆様との会話も弾み、交流も深まりました。

小倉魚町商店街

旦過市場裏側

タンガテーブル(ゲストハウス&ダイニング)

常盤橋

室町シュトラッセ

懇親会

事務局 末永美穂
お知らせ

連合会だより

日本建築士連合会からのお知らせです。
「日本建築士会連合会 HP」トップページの下段に「連合会からのお知らせ」「新着情報」が掲載されていますのでご覧ください!(2019/08/31現在)

事務局
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

福岡県建築士会写真倶楽部

【氏名】入家雅彦
【題名】 夕照の晩餐
久しぶりに投稿します。
いつになく暑かった夏も少しずつ離れていき、早朝は何か掛けないと肌寒いくらいになってきました。
私の好きな秋がもう近くまで来ているようです。
この写真、熊本県を流れる菊池川からの堰での画像です。
この堰はいろんな種類のサギが集まり魚を捕食する有名な場所。
夕方サギ達が魚を捕食するため凝視しているところを撮影しました。川の流れとサギ達の美しい姿が印象的でした。
挨拶

ヨーロッパの思い出(12)報告書に書けなかった事

凱旋門の角に佇んでいると、真っ赤なパッカードが来て、乗れば…

                      パリ

 中心部の人口は300万人だがパリ圏は800万人、これが2000年には1,500 万人と見込まれていた。歴史的保存地区を指定する一方で、郊外に巨大な人工地盤がある副都心デファンスの建設を行なっていた。中心部154ha、人口300万人、事業費1,600億円。そこは、凱旋門、シャンゼリゼ通り、コンコルド広場を見通す線上にある。

 モンマルトルの丘には画家の卵がいっぱい居てイーゼルを前に絵を描いていた。近くに、それらの人逹が描いた絵を売る店があり、将来有名になるかもとサイン入りのデッサンなど3枚買ったが、今その絵はどこにあるのか分からず、有名になっているのだろうか?
  夜の観光にシャンゼリゼ通りの赤い風車(ムーランルージュ)に皆で行った。広いキャバレーのような感じで、多くの客でごった返していた。華やかなダンスや様々なショーがあり、食べながら飲みながら観賞するのだが、お目当てのメインは本場のフレンチカンカンで、脚の長い美人が揃っていて一糸乱れぬ見事な動きの盛観さに圧倒された。断っておくが研修費用は旅費と宿泊の滞在費だけで、こういう観光費用や小遣いは全て個人の支払いである。
 夜の報告&飲み会で誰ともなく持ってきた話だが、夜、凱旋門の角に佇んでいると、真っ赤なパッカードに乗った金髪の美人が声をかけてくる? 黙って乗ればいい事が…。帰りも元の所に降ろしてくれるとか? と言う都市伝説のような話だった。どこの凱旋門なのか? パリには凱旋門が幾つもあった。
 エッフェル塔は高さ324m、建設当時は世界一の高さだったが辺りは公園のようになっていて、この下を戦闘機が潜り抜けたのか?と思った。観光客も多かったが、ここにも居た怪しげな男が。私は、そっとカメラを隠した。
 セーヌ川の畔のルーブル美術館は見逃せない所だ。ミロのヴィーナスやモナリザ、ナポレオン1世の戴冠式の絵画等々、凄い美術品が壁いっぱいに所狭しと飾られていた。モナリザは現在のようなカバーもロープの区切りも無く、間近かで見られた。ヴィーナスは離れた部屋にあり集合の時間が迫って、たどり着くのに焦った。
 夜の食事のメニューにエスカルゴがあった。これこれ、フランスに来たからには食べなきゃならない一品だが、料理の皿の端にコロンと3~4 cm位のが1つ乗っていた。もっと大きいものを想像していたのだが食べてみると、あまりおいしいものではなかった。 (100円=1.54フラン、1フラン(100センチーム)=65円) (続く)

パリ市役所で説明を受けて、質疑応答。

デファンス地区の模型、右下はセーヌ川。

デファンス地区のビルの模型。

デファンス地区のアパート。

エッフェル塔。1887年の万博で建設された。

凱旋門(出発・凱旋・抵抗・平和)。30年かけて完成。ナポレオンは遺体で潜った。

福岡地域会 柘植 成光

貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

[用 紙 等]
 400字程度。ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
[応募規定]
 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
[宛  先]
 福岡県建築士会事務局
 E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
 FAX : 092-481-2355