建築士及び建築士を目指す方へ

講習会・講演会情報

HOME > 建築士及び建築士を目指す方へ > 講習会・講演会情報 > 11/3(金・祝)「どこで、だれと、どう働くかを考えるフォーラム vol.1」のご案内

11/3(金・祝)「どこで、だれと、どう働くかを考えるフォーラム vol.1」のご案内

2017.10.19(木)

九州産業大学建築都市工学部 住居・インテリア学科からのお知らせです。

家具デザインや住宅設計の多様性を感じながら、未来の働き方を考える。
ものづくり、家づくりを極める、地域に根ざした“しごと”
「どこで、だれと、どう働くかを考えるフォーラム vol.1」

日本のデザイン・設計教育のレベルは世界的にも質の高いものですが、「身につけたスキルをどのように未来に生かしていけばいいのか?」、学生にとっては大きな悩みでもあるでしょう。デザインや設計など家やものづくりに関わる職は、一生のものとなり得、かつ自分らしさを表現できる“しごと”です。このフォーラムでは、地域性を生かした小さな企業が日本各地のものづくり仲間と繋がり、世界へも発信している事例を通して、ものづくりというしごとの可能性とその人に合った働き方を考えます。

フォーラム 開催予定
日  時:2017年11月3日(金・祝) 13時~17時
会  場:九州産業大学8号館3階 建築都市工学部 プレゼンテーションルーム
募集人員:30名程度
募集対象:デザインを学ぶ大学生・大学院生・短大生・専門学校生、35歳以下の社会人
参加費 :無料
申込締切:10月30日(月)

申込方法:専用サイトに必要事項記入の上、お申込みください。

 → http://www.sekkei-ryokou.jp/plan/detail/355


プログラム予定
Lecture1 地域文化を海外へ発信、ものづくり工務店の可能性
(話し手 八幡秀樹・ベガハウス代表)

Lecture2:デザインが生み出す、新しいものづくりの
ネットワーク。
(話し手 村澤一晃・ムラサワデザイン代表)

Lecture3:地方で夢を創る。
(話し手:谷征紀・ベガハウスプランナー/聞き手:内田みえ・編集者)
《WORKSHOP》
3名の方々のレクチャーを踏まえ、未来の働き方を考える
学生、若手社会人同士のグループワークを通して、自分ら
しさを生かせる仕事を探ります。

「どこで、だれと、どう働くかを考えるフォーラム vol.1」こちらもご覧ください!→2017-11forum福岡3

■お問い合わせ先■
monowa 中嶋(E-mail:info@sekkei-ryokou.jp)
(tel.090-9314-5246)

講習会・講演会情報一覧に戻る